Today's PICK UP

ソニーPCL、東宝スタジオにバーチャルプロダクション手法の研究開発拠点を開設

ソニーPCL株式会社は、2021年4月から国内最大規模の撮影スタジオである「東宝スタジオ」内のステージ4に、8K/440インチのソニー製Crystal LEDディスプレイシステムを期間限定で設置し、大型LEDディスプレイを活用したバーチャルプロダクション手法及び制作ソリューションの研究開発を行うと発表した。
これにより、撮影スタジオを使用した、よりスケール感のある多角的なバーチャルプロダクション手法の研究開発はもちろん、同手法を活用したCM・ドラマ・映画などの映像制作が可能となるという。さらに多様なクリエイターと連携することで、新たな映像表現へのニーズやその可能性を共に探求し、積極的な情報発信も行う。

また、今回の研究開発は、ソニーPCLが株式会社スタジオブロス、株式会社モデリングブロスとの3社で進めてきた「LAB.」活動の一環で、2020年8月からソニーPCL本社で展開してきた”VIRTUAL PRODUCTION LAB”におけるゲームエンジンを活用した映像表現の追求や映像ソリューション開発の加速を目的としているとのことだ。

【ソニーPCL本社(品川区上大崎)での研究開発の様子】
出典元:プレスリリース

人気記事