Today's PICK UP

厚生労働省と講談社、新型コロナウイルス感染予防を目指し、体内細胞を擬人化したコミック「はたらく細胞」を世界無料配信へ

講談社は厚生労働省の協力のもと体内細胞を擬人化したコミック『はたらく細胞』の「新型コロナウイルス編」と「感染予防編」(描き下ろし)を制作。この2つの作品をJICA(国際協力機構)の支援を得て英語やヒンディー語に翻訳しムービングコミック(音声や効果音入り)で世界に無料配信すると発表した。2021年4月28日より、まずは日本語版の配信を開始する(2022年3月末までの期間限定)。

■「はたらく細胞」とは

ウイルスや細菌が体内に侵入した時、アレルギー反応が起こった時、ケガをした時など白血球と赤血球を中心とした体内細胞の人知れぬ活躍を描いた「細胞擬人化漫画」(月刊少年シリウス連載)の作品。現在、コミックは欧米やアジアなど世界16の国や地域で出版され、アニメは約130の国や地域で配信されている。また「はたらく細胞BLACK」などのスピンオフ作品も多数出版されている。

■最終第6巻に「新型コロナウイルス編」が収録

今年2月、「新型コロナウイルス編」を収録した最終第6巻が発売されたが、今回、この「新型コロナウイルス編」に加えて新たに描き下ろした「感染予防編」(漫画:かいれめく)を“ムービングコミック“にて、YouTubeで無料配信するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■ムービングコミックの作品概要

タイトル:「新型コロナウイルス編」(著:清水茜)
クレジット:(C)清水茜/講談社
ストーリー:(約14分)
新型コロナウイルスに感染したとき、体内では何が起こっているのか。白血球、赤血球など細胞たちの攻防を描いており感染症のメカニズムの正しい理解につながる内容となっているという。
出典元:プレスリリース
タイトル/「感染予防編」(漫画:かいれめく 監修:清水茜)
クレジット: (C)清水茜・かいれめく/講談社
ストーリー:(約6分)
なぜ、感染予防にマスクの着用や手洗い、三密の回避が必要なのか。細胞たちの視点から感染予防の大切さを伝えるストーリー。
出典元:プレスリリース

人気記事