Today's PICK UP

成功報酬無料のSaaS型複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」 複業マッチングデータを分析したAIで、採用活動のDXを推進

株式会社Another worksは、2021年5月7日、成功報酬無料のSaaS型 複業マッチングプラットフォーム「Another works」を「複業クラウド」としてリブランディングした。これを機に、AI技術を活用した4つの新機能を追加し、採用活動のDXを推進する。今後はテックカンパニーとして更なる成長を目指しているという。
出典元:リリース情報より引用

従来の採用業務における課題

出典元:リリース情報より引用
従来の採用業務では、採用担当者や人材エージェントが、登用したいポジションに求めるスキルや人材像などを経営者や担当部署へヒアリングし、求人票に可視化するところからがスタートだった。最終的な人材登用までには母集団形成や候補者とのスケジュール調整、人材推薦などの業務も発生する。これは採用担当者の負荷が高いだけでなく、属人的でミスマッチが起こりやすい構造だ。

そこで、採用活動におけるDX推進をサポートすべく、Another worksがこれまで培ったデータや知見と、求人作成時のプロのヒアリング内容や人材推薦ロジックなどを学習したAI技術を活用する「複業クラウド」の提供を開始する。なお、従来搭載していた全てのマッチング機能も引き続き利用可能とのこと。

「複業クラウド」概要 / 新たに追加した機能

複業クラウドとは、複業したい人と企業を繋ぐSaaS型の複業マッチングプラットフォーム。
企業は毎月定額料金で、求人を無制限に掲載できる。スカウト機能を利用し、転職市場にはいない即戦力の複業人材データベースの中から求める人材を探し、直接 無制限にアプローチすることも可能。何人マッチングが成功しても、追加の成功報酬や中間手数料などは発生しない。採用コストの削減だけでなく、正社員採用では諦めざるをえなかった人材を登用しやすくなる。

タレントは登録・利用が一切無料で、求人への直接エントリーが可能。登録するだけでスカウトが届くこともあるので、時間や費用をかけずに複業を始めることができる。

今回のリブランドを機に、新たに4つの機能を追加された。

新機能 特徴1:AIエージェント「Nico」による採用DXサポート
独自のマッチングノウハウを学習したAIエージェント「Nico」が、採用業務の効率化をサポート。
日々新たに生まれるマッチングデータから学習し、さらに賢くなっていく。
出典元:リリース情報より引用
新機能 特徴2:10問程度の質問に回答するだけで瞬時に最適な人材をリストアップ
「Nico」からの簡単な設問に答えるだけで、企業がいま求めている人材の母集団形成が瞬時に行われる。
また、その回答を学習し、更に最適な人材をリコメンド。
出典元:リリース情報より引用
新機能 特徴3:たった5秒で最適な求人タイトル、求人票が完成
Nicoが質問への回答内容をもとに、1,000を超える魅力的な求人タイトル、900枚を超える画像素材から「エントリーがくる」魅力的な求人を自動生成する。あとから編集、カスタマイズも可能。累計4,000件以上の複業求人を分析したAIによる求人票を提案する。
出典元:リリース情報より引用
新機能 特徴4:複業/業務委託に特化した独自の単価相場表からミスマッチを最大限に軽減
多くの企業様が悩まれる「単価相場」。累計18,000名を超えるタレント、1.5万回(※1)を超えるマッチング実績を誇るAnother worksによる独自調査と、約500名の登録タレントへの独自アンケートによる単価相場表を作成した。人材とのマッチング前後で活用可能。
出典元:リリース情報より引用

目指すのは採用活動のDXとミスマッチの軽減

Another worksはこれまで、企業と複業人材のマッチングを1.5万回以上(※1)創出してきた。無料トライアル期間の利用も含め累計500社以上に導入しており、地方自治体との連携も推進している。これらの全利用履歴をAIを用いてデータベース化し、採用活動におけるDXを可能にした。過去の傾向を参考に、各導入企業に合う複業人材像を簡単にリストアップできるので、採用時のミスマッチ軽減もサポートできる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。