Today's PICK UP

YouTubeの「視聴回数」「チャンネル登録数」などの重要指標をまとめた「YouTube動画効果測定レポート」が提供開始

ディーテラー株式会社は、YouTube動画のアクセス解析データの中から「視聴回数」「平均視聴率」「高評価数」「チャンネル登録数」「コメント数」などの重要指標をシンプルにまとめた、全機能無料の動画レポート『DeeBoard for YouTube』を、2021年5月20日から提供開始したと発表した。
出典元:プレスリリース

■主な特長

・【全機能無料】リアルタイムでレポート生成、操作はページ切り替えのみ

よく利用する分析期間や指標が設定されており、ページを読み進めるだけで、YouTube動画の再生状況が把握できる。また、社内での報告に活用しやすいように、定期レポート送信機能も搭載されている。
※今月、前月、過去13ヶ月など。任意で分析期間の変更も可能
出典元:プレスリリース
・動画レポートはサムネイル付き

YouTubeチャンネル内の全ての動画を、サムネイル付きの視聴回数ランキングレポートで表示する。視聴回数以外にも高評価数やチャンネル登録数など、各種指標を動画単位で確認できる。
出典元:プレスリリース
・日別、月別の効果測定も簡単

「チャンネルサマリ」には過去13ヶ月の視聴回数などの指標をひと目で確認できるレポートを用意されている。「チャンネル日別」には日別と日別累計のレポートを用意しており、前月との比較も簡単にできる。
出典元:プレスリリース

■主なレポート機能

提供しているレポートタイプは、今月・前月・前々月・過去13ヶ月などの予めよく利用する期間が設定されている「通常レポート」と、任意の集計期間で分析できる「期間指定レポート」の2種類。それぞれ、「チャンネルサマリ」「チャンネル日別」「動画ランキング」の合計3つのアクセス解析レポートが用意されている。

・チャンネルサマリ
YouTubeチャンネルの健康状態を、1ページで確認することを目的としたレポート。今月、前月、前々月の「視聴回数」「平均視聴率」「平均視聴時間」「合計視聴時間」「高評価数」「低評価数」「チャンネル登録数」「コメント数」などの重要指標と、その前月比をスコアカードで示している。また、過去13ヶ月の重要指標のレポートも用意している。
出典元:プレスリリース
・チャンネル日別
チャンネルの日別視聴回数が確認できる。前月比較の積み上げグラフでは、どこでペースが上がったか、下がったかが視覚的に分かりやすくなっている。白の直線は「トレンドライン」で、月末の着地を予測している。
出典元:プレスリリース
・動画ランキング
期間ごとの動画別実績を確認できる(視聴回数降順)。動画の数が多い場合は、表右下のボタンで切り替えられる。動画はサムネイル付きで表示している。動画ごとに「視聴回数」「平均視聴率」「平均視聴時間」「合計視聴時間」「高評価数」「低評価数」「チャンネル登録数」「コメント数」が確認できる。
出典元:プレスリリース

人気記事