Today's PICK UP

アダストリアと電動キックボードシェアアプリの「Luup」、店舗への来店前後の「移動」での新たな顧客体験の提供を目指し協業を開始

株式会社アダストリアは、電動キックボードなどの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luupと資本提携し、店舗への来店前後の「移動」にまで視野を広げた新たな顧客体験の提供に向けた協業を開始したと発表した。
アダストリアは2025年に向けた成長戦略のもと、社内外のパートナーとの価値共創による既存事業の発展や事業領域の拡大を掲げており、その一環としてスタートアップ企業との協業・出資によるオープンイノベーションを本格化させている。 今回、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを提供する株式会社Luupと資本提携し、店舗への来店前後の「移動」にまで視野を広げた新たな顧客体験の提供に向けた協業を開始したとのことだ。

アダストリアは、未来の大きな“社会の変化・顧客の変化”に感度高く対応することで、昨今の劇的な環境変化の中でも持続的な企業成長を目指しており、Luup社が目指す新たな短距離移動インフラの構築は、まさに日々の生活に必要不可欠な「移動」という側面から”社会の変化・顧客の変化”をもたらすものと確信し、今回の出資・協業に至ったという。

今後はLuup社との協業により、顧客のアダストリア各店舗での滞在時間に加え、その前後に必ず発生する移動時間までをも視野に入れた様々な施策を検討し、今までにない顧客体験や新たなライフスタイル提案を積極的に進めるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事