Today's PICK UP

電通、ランニング中のエンターテインメントサービス事業を展開する「MOUSOU」と業務提携

株式会社電通は、ランニング中のエンターテインメントサービス事業を展開する株式会社MOUSOUと業務提携したと発表した。
MOUSOUが提供するランニングアプリ「妄走 -MOUSOU-」は、必要な情報をアプリに入力すると、自分が主役のマラソン中継を聴きながら走ることができるアプリ。GPSと連動することで、走行距離や速さなどに合わせてプロの実況・解説・歓声を聴きながらスターランナーの気分を味わいつつ楽しく走ることができる。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、各地でマラソン大会の中止が相次いでいる。電通は、同様に中止となった大阪マラソンのオンライン化をMOUSOUと共同で大阪マラソン組織委員会に提案し、2020年12月5日(土)~20日(日)にオンラインマラソン大会「大阪マラソン2020 VIRTUAL」を開催した。コロナ禍で地域間移動が難しい中、参加者の居住エリアでも大阪マラソンの臨場感を体感できるよう実況にはマラソン中継の経験豊富なアナウンサーの山下末則氏、解説には元マラソンランナーの瀬古利彦氏を迎え、実際の大会コースで目にする、名所旧跡やローカル情報などを盛り込んだ実況・解説を開発、提供することで約10,000名が参加するイベントとなったという。

電通及びMOUSOUは本業務提携を通じ、「大阪マラソン2020 VIRTUAL」で得た知見もふまえ、「妄走 -MOUSOU-」を活用した市民マラソン競技会やランニングイベントのDXによるマラソン(イベント)事業拡大支援、スポンサー価値向上にむけた広告の開発など、健康維持のためのマラソン需要の高まりとそれに伴う市民マラソンイベントの増加を背景に「妄走 -MOUSOU-」アプリのサービス拡充及び事業全般におけるプロモーション活動を共同で行う。2021年に10件の新規バーチャルイベントの立ち上げを目指すとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。