Today's PICK UP

東京大学ら、心不全AIの効果を実証する研究がAMEDの「医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靱化事業」に採択と発表

SIMPLEX QUANTUM株式会社は、同社と国立大学法人東京大学が、医師の技量に頼らず在宅にて心不全の検出を可能にすることを目標に、同社が開発をした「SQライブラリ」の一つである心不全AI(I誘導のみの心電情報から、心不全の重症度を97%以上の正確性で判定できるアルゴリズム)を用いてその効果を実証する研究課題「遠隔医療における心不全早期検出システムの実現」が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の令和3年度 「医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靭化事業(基盤技術開発プロジェクト)」に採択されたと発表した。
「SQライブラリ」を活用することにより、デバイスから取得されるI誘導の心電図から心不全を定量的に検出し、心不全発症時に病院受診を促すシステムの構築が可能だ。システムから医師へ発出される心不全アラートにより、患者に対し早期病院受診を促し、より早期に治療を行う機会を創出することで、医療関係者、心不全患者の負担が減り、更には医療費の削減につながると考えているとのことだ。
出典元:プレスリリース
東京大学と同社は、本プロジェクトにおいて、心不全の原疾患毎の特性の明確化、入力可能な心電図装置の定義、医師への通知方式を確定させることを実施。また医師に安心して活用してもらうため、心不全AIによる判定の基準や根拠、合理性についての客観的な証明を行うとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。