Today's PICK UP

行政DXを推進する「GovTechカオスマップ2021」が公開

ケイスリー株式会社は、行政DXに取り組む国内GovTechスタートアップの認知向上を目的とし、「GovTechカオスマップ2021」を公開した。
本カオスマップの作成段階で、日本においてはGovTechスタートアップの数が少ないことや、反対に大手ITベンダー/SIerが本カオスマップの複数カテゴリーに広く展開していることが明らかになったという。今後さらにGovTech市場の成長を後押しするには、行政調達の柔軟化、事業評価、契約のあり方の変革が肝になると考えられるとのことだ。
出典元:プレスリリース

■本カオスマップ作成に至った背景

少子高齢化、経済のグローバル化、デフレの進行、家族・労働の在り方の多様化、コロナ禍などの時代背景により、行政サービスへの要請は年々多様かつ複雑になっている。人手不足や財源不足という制約を踏まえ、行政に期待されている「市民向けサービスの利便性向上や拡充」を実現するには、広範化したニーズに柔軟かつ効率的に対応できる多様なソリューションが不可欠だ。このような文脈から、GovTechスタートアップの市場拡大は重要な位置づけにあるという。日本でも昨年、総務省による「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の改定や「デジタル・ガバメント実行計画」改定の閣議決定がされ、今年の9月にデジタル庁創設が予定されているなど、行政DX(デジタル・トランスフォーメーション)に向けた機運が高まっている。また、デジタル庁の民間人材採用の倍率は47倍になるなど、行政DX領域の人材面での注目度の高さも伺えるという。

一方、これだけ時代に必要とされ注目されているにも関わらず、同社が行政DXに取り組むGovTechスタートアップ企業をカオスマップにして整理したところ、他領域のスタートアップ市場に比べて、プレイヤー数が絶対的に少ないことがわかった。さらに、カオスマップをカテゴリー別にみても、海外のGovTech市場ではそれぞれのカテゴリーに複数の代表的なプレイヤーが存在するが、日本においては、プレイヤーが少ない、あるいはほぼ存在しないカテゴリーがいくつかあることがわかるとのことだ。

■本カオスマップの構成について

カオスマップのカテゴリー:
本カオスマップのカテゴリーは、米国投資銀行SHEA & COMPANYによる「Goverment Software Market Map」(2019)のカテゴリー分けに準拠した。

企業選定の基準:以下の条件のいずれかを満たす企業を選定した。
・経済産業省主催のGovTech Conference Japanもしくは神戸市主催のGovTechサミットにGovTech企業として登壇した未上場企業
・地方公共団体情報システム機構(J-LIS)のLGWAN-ASPアプリケーション及びコンテンツリストに2021年4月末時点で記載のある創業10年未満の未上場企業

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。