Today's PICK UP

LINE BITMAX Wallet、独自のブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTの取引ができる「NFTマーケット」を提供予定

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTの取引ができる「NFTマーケット」の提供を予定していると発表した。
出典元:プレスリリース
NFTとは、「Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)」の略称で、「非代替性トークン」と訳される。ブロックチェーン上で発行された唯一無二で代替不可能なデジタルトークンで、デジタルアイテムやコンテンツの固有性や保有していることを証明できることから、アートやエンターテイメントなど様々な分野で注目されている。

LINEでは、2018年4月に「LINE Blockchain Lab」を設立し、ブロックチェーン技術を応用したdAppsの開発や、P2Pネットワークによる分散システムや暗号化技術の研究を行ってきた。独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を開発し、それをベースとした独自暗号資産「LINK」の発行や、暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」および「BITFRONT」の運営など、グループ全体で様々なブロックチェーン関連の事業を進めている。

NFTにおいては、昨年8月に発表したブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」で、開発者が簡単に「LINE Blockchain」上でNFT等のトークンを発行しサービスを構築できる環境を提供している。「LINE BITMAX Wallet」では、ユーザーは秘密鍵を持つことなくLINEアカウント一つで「LINE Blockchain」上で発行されたNFTを含むデジタルアセットを管理することができ、手軽にLINEの友だちと交換したり送りあうことができる。

このようにLINEでは、NFTを発行、保有するサービスを提供してきたが、今回、「LINE BITMAX Wallet」内のサービスとして「NFTマーケット」を提供予定だ。「LINE Blockchain」上で発行されたNFTの二次流通市場を構築することで、ユーザー間での取引の中でNFTの付加価値が高まっていく場を提供し、エコシステム内で流通する価値の最大化を目指すとのことだ。

人気記事