Today's PICK UP

レシピ提案アプリ「うちレピ」、電子レシートアプリと実店舗と連携した「フードテックサービス構築」の実証実験を開始

サッポロホールディングス(株)は、2021年1月にリリースしたおうちにある食材からつくれるレシピや買い足す食材候補を提案し、料理を通じた家族コミュニケーションができる「うちレピ」のβ版webアプリにおいて、料理に関連する一連の体験をシームレスにつないだフードテックサービスの構築を目指し、株式会社ユニバース、東芝テック株式会社、東芝データ株式会社と、東芝テック・東芝データが運営する電子レシートアプリ「スマートレシート」と、ユニバースが運営するスーパーマーケット店舗との連携に関する実証実験を2021年6月19日より展開すると発表した。
現在の「うちレピ」は、ユーザーの料理に関連する行動体験のうち、「在庫管理」「レシピ決め」にフォーカスしたサービス設計となっているが、以下の各種連携を構築することで、「買い物」「調理」「保存」へのサービス拡張を図る。本施策は、このうち「①購入情報連携」「②買足し提案連携」に関する実証実験となる。「うちレピ」は本施策を含めた複数の実証実験を今後展開することにより、現在新型コロナウイルス感染拡大の影響からその機会が急増している家庭での「料理」において、未来のスマートライフ実現を目指す。

①   購入情報連携:スーパーマーケット等での買い物情報を、「うちレピ」の食材在庫として取得する。
②   買足し提案連携:スーパーマーケットの特売情報等と連携し、「うちレピ」から買足すべき食材候補を提案する。
③   冷蔵庫内在庫情報連携:専用機器で取得する冷蔵庫内の特定商品の在庫情報を、「うちレピ」の食材在庫として取得する。
④   レシピデータ連携:調理家電を使用したレシピを「うちレピ」に掲載し、レシピを選択すると調理家電へ情報連携して、使用する機能が自動選択される。
出典元:プレスリリース

■概要

「うちレピ」は、電子レシートがスマートフォンに届くレシート管理アプリ「スマートレシート」を運営する東芝テック・東芝データと、青森・岩手・秋田でスーパーマーケット「ユニバース」を展開するユニバースと連携し、2021年6月19日~8月22日の期間において、「①購入情報連携」「②買足し提案連携」に関する実証実験を「ユニバース」全店舗(ビッグハウス湊店除く)で行う。ユーザーは「ユニバース」の店舗で購入した食材情報をスマートレシートを介して「うちレピ」に登録することで、自宅食材と合わせてつくれるレシピの提案を受けることができる。さらに、「うちレピ」から「ユニバース」の特売食材でつくれるレシピをリアルタイムに提案する。
出典元:プレスリリース

■実証実験の背景

生活者はスーパーマーケットでの買い物において、買い物前にリストアップした商品に加え、その時の気分や特売情報により購入商品を選ぶため、家庭の食材在庫は複雑化する。さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響から「自宅での食事」および「まとめ買い」が推奨されるようになり、その傾向がさらに高まることで、生活者が日々の料理で悩む機会は増えているという。「スマートレシート」と「うちレピ」、そしてスーパーマーケットの「ユニバース」が連携することで、買ってきた食材と自宅食材でつくれるレシピを提案して、生活者の課題解決を促すとともに、特売商品からつくれるレシピを提案することで、買い物を考える手間まで減らせることを期待しているとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。