Today's PICK UP

LINE、ビデオ通話で全国の占い館とリモートでつながる「LINE対面占い」を提供開始

LINE株式会社は、LINEビデオ通話を使ってリモートで対面占いを楽しむことができる「LINE対面占い」をスタートすると発表した。

■LINEの占いサービス

LINEでは、有名占い師による占いを楽しめる国内最大級のオンライン占いアプリ「LINE占い」、LINEアプリ上からチャットや電話で、時間や場所を問わずに占い師に悩みを相談できるオンライン占いサービス「LINEトーク占い」を展開している。「LINEトーク占い」では、2020年4月と比較して2021年4月は、有料ユーザー数(MPU)が153%増加、売上が144%増加と右肩上がりに伸びており、オンライン占い需要の高まりがうかがえるという。また、特に10代、20代といった若年層の売上が顕著に伸びていることからは、占いブームの幅広い世代への浸透と、若年層にとって親近感のある「LINE」の占いサービスならではの特長がみてとれるとのことだ。

■「LINE対面占い」とは

出典元:プレスリリース
「LINE対面占い」は、全国の占い館に所属する占い師とLINEビデオ通話を使ってリモートで対面占いを楽しむことができる、LINEの新しい占いサービス。あわせて「LINEトーク占い」においても、チャット、電話、メールに加え、「ビデオ対面」での占いができるようになった。ユーザーは、エフェクト機能を使ってメイクアップ効果のある加工をしたり、背景を変更することも可能だ。

■「LINE対面占い」提供開始の背景

新型コロナウイルスの影響で、オフライン(対面)占いは、占い館に行きたくても占い師に対面で相談できない「利用者」、来客数が減少した「占い館」、オンライン鑑定に力を入れたくても集客に苦戦する「占い師」など、業界全体で課題を抱えているという。LINEではこの課題に応えるため、LINEのコミュニケーションプラットフォームとテクノロジー、これまで培った占いサービスのノウハウを活用することで、課題となっていた物理的距離と集客課題を解決できるのでは、と生まれたのが「LINE対面占い」とのことだ。

■「LINE対面占い」3つのポイント

出典元:プレスリリース
①遠く離れた占い師にも自宅から相談。家で本格的な占いができる
LINEビデオ通話を使うため、LINEがあれば自宅から、物理的距離を気にすることなく遠方の実力派占い師にも簡単に相談できる。まずは約60名の占い師が参加、今後さらに全国津々浦々の人気占い師が参加予定だという。

②実店舗と変わらないリッチな占い体験
タロット、手相、霊視など、ユーザーの好みに合わせて、オフライン(対面)占いと変わらないリッチな占い体験が可能だ。

③新型コロナウイルス感染防止、安心して受けられるリモート占い
「LINEトーク占い」のユーザーを対象に2020年6月に行ったアンケ―ト調査では、「新型コロナ以降、『対面占い』に行くことに不安を感じますか?」と聞いたところ、66%(n=17,678)のユーザーが「とても感じる」「まあまあ感じる」と回答したという。過半数のユーザーが、オフライン(対面)占いに行くことに不安を感じていたが、「LINE対面占い」では、感染リスクを避けながら安心して、リモートで占いを楽しむことができる。

■「LINE対面占い」の相談方法

出典元:プレスリリース
STEP1. 「LINE対面占い」のWebサイトで占い師を検索
STEP2. 占い師のプロフィールを確認し、相談を依頼
STEP3. 希望の相談時間を選択し、相談開始

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。