Today's PICK UP

サブスクリプションサービスを利用するメリットとは?具体例も紹介!

契約期間中なら、定額制で利用ができるサブスクリプションというビジネスモデルは音楽配信サービスや動画配信サービスの人気から派生し、さまざまな分野で導入が進んでいます。果たしてどんなメリットがあるのか、具体的事例とともにご紹介していきます。
「サブスクリプション」という言葉を聞く機会が増えてきました。料金定額制をベースにしたビジネスモデルですが、音楽配信サービスや動画配信サービスの人気から派生し、さまざまな分野で導入が進んでいます。代表的なサブスクリプションサービスを紹介しながら、なぜサブスクリプションが増えているのか、どんなメリットがあるのか、といった点を中心にご紹介していきます。

そもそもサブスクリプションサービスとは?

サブスクとも略されることもあるサブスクリプションサービスは、音楽配信や動画配信サービスでの導入事例が知られていますが、この方式を取り入れたビジネスは他の分野へも波及しています。メリットや特徴をご紹介する前に改めてどんなサービスなのか説明します。

関連記事はコチラ

毎月一定額で商品やサービスを自由に利用できる

サブスクリプションサービスは定額料金を支払うことで一定期間は追加の料金などを支払うことなく、サービスが受けられることを保証するものです。たとえば、音楽配信サービスなら、1曲ごとに販売・課金して利用するのではなく、定額の料金を支払うと配信サービスと契約しているすべての楽曲を自由に聴くことができます。一般的には楽曲のダウンロードはできず、ストリーミングで楽しむといった制限が設けられています。

サブスクリプションサービスと定額制の違い

サブスクリプションサービスと定額制という言葉は、ともに一定期間に固定料金でサービスや商品を利用できるビジネスモデルのため、同じ意味で使用されることもありますが、厳密に言えば、違いがあると言われています。

従来の定額制のビジネスモデルでは料金を固定し、ある決まった商品やサービスを定期的に提供するというものでした。あくまで定額で商品やサービスを購入してもらうことが目的です。対するサブスクリプションの場合には、一度サービスに加入した顧客が解約しないよう、常に顧客満足度やニーズを重視して、商品やサービス内容を向上させていきます。購入はあくまでスタートに過ぎず、長く続けてもらうことに主眼を置いています。そのため、サービスや商品が気に入らなければ、ユーザーは自由に解約ができ、事業者も試用期間として、最初の1ヶ月は料金を無料にしているケースも多く見られます。

サブスクリプションサービスを利用するメリット

では、ユーザーにとってサブスクリプションサービスを利用するメリットはどこにあるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

関連記事はコチラ

費用を抑えてサービスを利用できる

どんなにたくさんサービスを利用しても、定額制のため、規定の料金以上を請求されることはありません。そのため費用を抑えながら、サービスを利用することができます。たとえば映像作品や音楽配信のサブスクリプションサービスの場合には、いくらたくさんの作品を視聴したとしても定額です。利用の仕方や頻度によっては、DVDやCDを購入して楽しむ場合と比べて、費用を大幅に抑えることができる可能性があります。

今まで体験したことのないジャンルに挑戦できる

また、サブスクリプションサービスには多くの作品がラインナップされています。もちろんお目当ての作品だけを楽しんでも構いませんが、知らなかった作品や未知のジャンルに挑戦するハードルも低いと言えます。通常の販売サイトでも、購入前に予告編や試聴コーナー、プレビューボタンなどで内容を確認することはできます。ですが、時間制限や回数制限があり、全体像を把握するのは難しいでしょう。その点、サブスクリプションサービスでは試しに視聴しても追加の料金はかかりません。パッケージやタイトルが気になる、そんな動機から自分の興味の幅を広められる可能性があります。

スマートフォンを利用していつでも申し込み・解約できる

サブスクリプションはスマートフォンを対象にしたサービスが多くあります。動画配信サービスや、音楽配信サービス、漫画や雑誌の読み放題サービスなど、どれもスマホ1台でも申し込みから試聴、そして解約までできるものが大半です。もちろんからも利用することができます。そんな手軽さもサブスクリプションが人気を集める理由となっています。

理想の生活を少額で手に入れられる

サブスクリプションサービスは動画配信や音楽配信だけではなく、さまざまなビジネスジャンルに広がりを見せています。カーリースの分野でも月額定額のリース料金を支払えば、保険料や税金が不要で新車を長期で借りられるといったサービスも登場しています。通常なら頭金を用意して、ローンを組んで購入する新車を少ない予算で乗ることができるわけです。他にもアーティストが厳選した雑貨を使用できるサブスクリプションサービスや、家電を定額で使えるサービスもあります。

モノを所有しなくてよい

サブスクリプションはモノを所有しない時代のサービスと言われることがあります。音楽CDや映像作品のDVDに限らず、漫画や雑誌など、購入して所有いると、問題になるのが保管場所です。スペースを取りますし、漫画や雑誌は特に重量も相当なものになります。ダウンロード作品を購入したとしても、データ量が増えていけば、無料のストレージでは足らず、有料のストレージサービスやハードディスクに保管しなければいけないでしょう。その点、サブスクリプションではストリーミングによる視聴や購読が一般的で、保管に悩む必要はありません。ダウンロード可能な作品もありますが、ダウンロードから一定期間が経つ児自動消去されます。また、最近は洋服をレンタルできるサブスクリプションも人気になっています。洋服は季節によって着用できるものが変化し、保管場所も必要です。洗濯が不要のサービスもあり、手間がかからないというメリットがあります。

常に最新のソフトウェアを利用できる

ソフトウェアの分野でもサブスクリプションサービスがあります。月額の利用料を支払えば、高度な機能を持ったビジネスソフトや編集ソフト、画像加工ソフトなどが使用できるといったサービスで、アップデートやセキュリティの管理といった手間のかかる作業はすべてサービス提供側が行なってくれるため、利便性が高いと言えます。

サブスクリプションサービスの利用する際の注意点

定額でたくさんの作品が楽しめる、所有しないため保管場所を気にしなくて良いなど、さまざまなメリットのあるサブスクリプションサービスですが、一方でデメリットもあります。利用する際の注意点をまとめてみました。

コストパフォーマンスを意識して利用する

サブスクリプションサービスは定額制で、追加の課金も不要のため一見すると、お得なのですが、サービスを利用する頻度が低いとむしろコスパが悪くなります。1曲ごとに購入したり課金するほうが結果的に安上がりになるといったことが起こる可能性があります。まったく利用しない場合でも月額の費用は支払う必要があるため、どれくらい利用するのか事前に計算すると良いでしょう。また、サービスを利用していない場合にはすぐに解約するのがおすすめです。

料金プランを比較してから利用する

グレードによって接続できる端末の台数の上限や画質に違いが出るなど、月額の利用料に価格の異なるいくつかのプランを用意しているサービス事業者もあります。スマホで閲覧するのか、それとも大画面テレビに表示させて視聴するのか、一人で楽しむのか、家族で見るのかなど、どんな利用を想定しているのか、無駄な出費をしないよう、自分にあった料金プランを選択しましょう。ほかにも、年間の利用料をまとめて支払うと割安になるケースもあります。

なるべく1つの支払い方法に統一する

A社の動画配信とB社の動画配信、さらにC社の音楽配信と、サブスクリプションの普及を受けて、複数のサービスに加入している人もいます。その場合、クレジットカードや銀行振込など、複数の支払い方法を併用しないほうが良いでしょう。管理が行き届かず、利用しなくなったときに、うっかり解約するのを忘れてしまうこともあります。なるべく1つの支払い方法に統一すべきです。

おすすめのサブスクリプションサービス一覧

さまざまなジャンルに広がるサブスクリプションですが、どんなサービスが登場しているのか、一例を紹介していきましょう。

動画・音楽系のサブスクリプションサービス

まずは人気の高い動画配信系のサブスクリプションサービスです。AmazonプライムビデオやNetflix、Huluといった外資系サービスのほか、U-NEXTやdTV、Paravi、dアニメストアといった国内系サービスなど多数の事業者が参入しています。映画やドラマ、アニメ作品やドキュメンタリー、バラエティ番組など映像作品が見放題で、加入者しか視聴できないオリジナル作品を配信しているサービスもあります。画質や接続できる端末の数に応じて料金プランを複数用意している事業者もあります。

また、音楽系サービスは加入するとライブラリー内の音楽が聴き放題になります。SpotifyやApple Music、LINE MUSIC、AWAなどこちらもさまざまなサービスがあり、アーティストと独占契約を結び、そのサブスクでしか視聴できない楽曲を用意している事業者もあります。著名人がセレクトした音楽をまとめて聴くことができるプレイリストやレコメンド機能が使えるサービスもあり、多様化しています。

美容系のサブスクリプションサービス

毎月ビューティアドバイザーがセレクトしたコスメを届けてくれるサービスや、高級コスメのサンプルが届くサブスクリプションサービスがあります。コスメは毎月のように膨大な数の新商品が登場し、すべての試すのは現実的ではありません。その点、これらのサービスではあらかじめ登録した肌のタイプや好みに応じて商品を提案してくれます。あれこれ試して、自分にあったコスメに出会いたい人には最適のサービスです。BLOOM BOXやMy Little Box、sisley、RAXYといったサービスがあります。

英会話のサブスクリプションサービス

英会話スクールに通って語学を学ぶ人もいますが、オンラインツールを使って外国に在住しているネイティブの講師と会話をしながら、生きた英会話を学ぶサービスも広がっています。こうしたオンライン英会話サービスではレッスンごとに利用料を支払うのではなく、定額で学習するサブスクリプションを採用する事業者が増えています。空いた時間に自宅で集中して学ぶことができると好評を博しているようです。DMM英会話、ネイティブキャンプ、QQ Englishなど多数の事業者が参入しています。

飲食系のサブスクリプションサービス

一風変わったサブスクが一部の飲食店が実施しているサブスクリプションサービスです。毎月、定額を支払うと、1日1杯ドリンクが無料で注文できるや、ドリンクが飲み放題になるもの、あるいは1日1杯ラーメンが食べられるといったサービスが登場しています。その飲食のファンなら嬉しいサービスかもしれません。

ゲーム関連のサブスクリプションサービス

ゲームは欲しいタイトルのパッケージ商品を購入したり、ダウンロード版を購入してプレイするのが主流でしたが、定額で複数のゲームタイトルを遊ぶことができるサービスが登場しています。たとえば、プレイステーションのソニー・インタラクティブエンタテインメントが運営するPlayStation NowではPS4やPS3の一部タイトルが遊び放題になります。そのほかXboxのタイトルが遊べるXbox Game Passや、iPhoneで有名なアップル社が独占タイトルを揃えるApple Arcadeというサービスがあります。

車関連のサブスクリプションサービス

車を所有せずに一時的に利用するサービスとしてレンタカーやカーシェアがありますが、利用頻度が高いけれど、購入するのはハードルが高いという人に向けて、定額を支払えば頭金や自動車税、メンテナンス費用や車両代、任意保険などを払うことなく(パッケージ料金として含まれている)車が乗り放題になるサービスを各社が提供しています。トヨタ自動車のキント、ホンダ自動車のHondaマンスリーオーナー、日産自動車のニッサン・クイックモビ、ボルボのSMAVOのほか、中古車販売のガリバーが提供するNORELといったサービスがあります。

家具・家電系のサブスクリプションサービス

こだわりの家具でインテリアを飾ろうとすると、高額になってしまいがちです。またインテリアに合うのか家具を置いて試したいと思うこともあるでしょう。あるいは単身赴任など一時的に家具を使用したいケースもあります。そこで登場したのが、家具や家電のサブスクリプションサービスです。定額を支払えば、人気ブランドの家具を一定期間、借りることができるといったタイプが主流です。subsclife(サブスクライフ)やCLAS(クラス)、airRoom(エアルーム)といったサービスがあります。

サブスクリプションサービスについてよく理解してから利用しよう

定額で利用できるサブスクリプションサービスはお得な反面、利用頻度が低いとかえって割高になるケースもあります。また、手軽に入会できるサービスも多く、次々に加入してしまい、気づいたら月額の利用料が負担になってしまうこともあります。よく理解した上で賢く利用してみましょう。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。