Today's PICK UP

VRとは?ビジネスでも活用できる機能をご紹介

VRという言葉はよく耳にするようになったと感じる方が多いかもしれません。ですが実際にどのような場面で使えばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?ユーザー視点でどのような場面で使えるのか、また自社に導入を検討している場合にするべき事を解説致します。

VRとは

VRは、「Virtual Reality」の略であり、一般的に仮想現実のことを指します。VRと聞くと、ゴーグルをつけてなんて思う方もいるかもしれませんが、それとは異なります。仮想現実とは、周りを表現している者は現実なのですが、実際は現実ではないということです。つまり、VRは、仮想的に現実を作り出し、現実に近い体験をすることが出来る技術といえます。

バーチャルリアリティとは

バーチャルリアリティとは、VRに用いられている技術のことであり、コンピューターの作り出す仮想現実世界を、実際にいるかのように錯覚させてしまう技術です。

VRが活用されているものは

VRは、多くの場所で活用されております。例えば、避難訓練のシミュレーションを行ったVRでは、土砂災害の送る前や起こった後の気象状況が再現されるため、避難タイミングを実践感覚で何度も学習することが可能です。また、家を決める際に行う内覧にも利用されております。内覧は、不動産側やお客様側の予定を併せなければならず、忙しいとなかなか予定が合わずキャンセルとなってしまうこともあります。VRで内覧ができれば、忙しい方でもいつでもどこでも実際に内覧しているような感覚で内覧することが可能です。このように、VRは様々な場所で活用されており、人々の生活をより豊かにしつつあります。

ビジネスでの活用

VRは、ビジネスシーンでも多く活用されております。例えば、積木制作が開発した「VROX 安全体幹トレーニング」では、工事現場用教育コンテンツを目的としております。実際の工事現場では、様々な危険性があり、危険をわかっていてもイレギュラーなこともたくさん起こりえます。VROX 安全体幹トレーニングなら、墜落や落下、挟まれたなど、様々な状況を再現し、学習することが可能です。このように、VRは、ビジネスシーンの教育コンテンツとしても利用されております。

医療での活用

VRは、医療の現場でも活用されております。スイスのバーゼル大学が開発した「SpectoView」では、3Dモデルを用いて手術のシミュレーションを行うことができます。その他にもアメリカのデューク大学が開発した歩行訓練用のVRがあります。脊髄損傷により自立歩行ができなくなった患者様を主に対象とし、自分が歩いているような仮想現実を作り出し、足先の感覚や運動能力を養うものになります。このように、医療現場にもVRを導入することにより、より難しい病気の治療も可能となったのです。

体験型教育での活用

教育現場のデジタル化が進んでいるが、VRを使った仮想空間を導入することにより、より現実に近い体験型教育を行うことができます。例えば、危険な物質を扱う理科の実験などを仮想空間で安全に行うことで、より高いクオリティの教育を行うことが可能です。

VRを導入するメリットとは

事業内容によってはVRを導入する事によって、より良いユーザー体験やサービスを提供できるメリットがあります。例えば、観光や旅行業者の場合、サイト上には綺麗な写真を乗せており当然お客様は期待して予約を取りますが、実際に行ってみるとイメージと違うということも多々あります。そんな時に、VRで事前にホテルの雰囲気を体験してもらっていれば、実際に現地へ行った時のギャップを埋めることができます。また、事前にホテルを体験してもらうことにより、旅行意欲を掻き立てて成約率向上にも繋がりやすいといえます。

VRの開発をしたい場合は

VRの開発をする際は、HMD(VRグラス)が必要になります。HMDとは、頭に装着する映像表示装置のことです。両眼を多いその中に小型ディスプレイを設置し映像を映すことにより、大画面を見ている感覚やその空間にいるような感覚といった体験をすることができます。また、HMDはVRとも相性が抜群です。例えば、テレビや映画のスクリーンの場合、どんなことをしても映っている部分しか見えません。しかし、HMDにVR技術を搭載させると、前や後ろにも映像が映し出されるためまるでその場にいるかのような体験をすることができます。つまりは、見た方向の映像が映し出されるため、本物のようなリアルさを体験することができるのです。

VRの開発に必要な技術とは

VRの開発に必要な技術は、プログラミング言語とソフトになります。プログラミング言語は、一般的にC++、C#やJavaなどが使用されます。使用するソフトは、UnityやUNREAL ENGINEが一般的です。また、Unityの場合は、C#やJava、UNREAL ENGINEの場合、C++となります。以下で、UnityとUNREAL ENGINEの特徴を紹介します。

・Unity
Unityは、ユニティ・テクノロジー社が提供する、ゲーム開発プラットフォームとなります。主に、3Dゲーム開発を行うのに利用されますが、2Dの開発をすることも可能です。Unityでは、直感的に操作をすることができるため、複雑なプログラミング言語を使わなくても利用することができます。そのため、初心者がゲーム開発を行うのであれば、おすすめのプラットフォームといえます。

・UNREAL ENGINE

UNREAL ENGINEは、アメリカのEpic Games社が開発したゲーム開発プラットフォームとなります。主な特徴としては、ハイクオリティのグラフィック性能ということです。そのため、よりリアルに映像制作やゲーム開発を行いたいのであればおすすめです。また、完全無料やオープンソースでの開発のため、無料で利用できたり他人が作ったプログラムソースを見ることもできます。

VRの開発に必要な機材とは

VRの開発では、より高いスペックのパソコンが必要になります。最低でも、corei5、メモリは16GB、ストレージはSSDくらいは欲しいといえます。しかし、パソコンにあまり詳しくないというのであれば、「VR対応」と記載されているパソコンを購入するのもおすすめです。開発をするパソコンとしては適切かどうかはわかりませんが、VR開発に必要なスペックは保証されているといえます。VR開発にはある程度の高スペックなパソコンが必要となるため、上記で紹介したスペックは最低限ほしいといえます。

VRの導入を検討している場合

企業がVRの導入を検討しているのであれば、まずVRの導入に必要な機材を知ることが大切です。以下で詳しく紹介します。

VRの導入に必要な機材は

VRの導入に必要な機材は、パソコンだけではなくヘッドマウントディスプレイ(HMD)も必要になります。上記でも紹介しましたが、HMDは頭に装着し両目を多いその中で小型のディスプレイで映像を表示するものです。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)は、以下の2種類に分けられます。

・スマートフォン用ヘッドマウントディスプレイ

スマートフォン用ヘッドマウントディスプレイは、スマートフォンが小型ディスプレイとなる役割を果たすため、スマホーフォンを利用したコンテンツを視聴することができます。高額なヘッドマウントディスプレイが必要ではなく、ダンボールで1,000円代と格安で導入できるのが大きな特徴です。映像画質や解消度は、スマートフォン依存となります。そのため、まずVRを体験してみたいというのであれば、格安で導入できるスマートフォン用ヘッドマウントディスプレイから体験してみることをおすすめします。

・パソコン用ヘッドマウントディスプレイ

パソコン用ヘッドマウントディスプレイは、パソコンに接続し利用するものです。スマートフォン用ヘッドマウントディスプレイと比べると、導入コストは高くなります。HMDの種類によって使えるパソコンのスペックも決められており、パソコンのスペックが高いほどより高機能なHMDを利用することが可能です。そのため、VRを本格的に導入していきたいのであれば、パソコン用ヘッドマウントディスプレイがおすすめです。

VRの将来的な利用範囲

VRは、将来あらゆる分野での活躍を期待することができます。まず、VR技術の現状としては、医療訓練や勉強、重症患者さんのリハビリなど、また建築業界やエンタメ業界など、様々な分野で導入をされております。将来は、5Gの普及も伴ってきたということもあり、より利便性を追求し人々の生活をより豊かなものへと変えてくれるでしょう。例えば、リアルタイム翻訳機能アプリでは、見たものを瞬時に様々な言語に翻訳してくれます。それにより、世界中の様々な人たちとコミュニケーションを取れるようになることも可能です。それは単なるコミュニケーションツールではなく、ビジネスシーンにも応用することができるため、様々な情報を共有できることでより多くのサービスが生まれやすくなるとも言えます。今後ますます、VR技術からは目が離せないといっても過言ではありません。

昇格試験への応用

アメリカの大手小売業Walmartでは、社内昇進で管理職の昇格試験にVRを導入しました。より優秀な管理職を見極めるために導入を行ったのです。導入試験では、様々なシミュレーションを用意し、その状況にどう対応するかをテストするという内容になっております。言い換えれば、完全実力性の昇進となっているため、みんなに平等がある昇進試験といえるのです。Walmartの昇格試験のVR導入によって、今後ますます他の企業も導入をする可能性が十分考えられます。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。