DX戦略

【準備期間3ヶ月、VR内定式の裏側】社内カフェスペースをVRで再現、一度も来社したことのない内定者とも仮想空間で同じ体験を。

新型コロナウイルス感染症の影響で入社式をはじめ、さまざまな社内行事をリモートで行う会社が増えています。そんな中、株式会社medibaでは、10月にVR内定式を開催。来年春に入社する内定者と社員、合わせて20名余りが自宅などからリモートで参加しました。どのように実現したのか、プロジェクトチームのメンバーであり、CXO(Chief Experience Officer)の藤原 亮氏、プロダクトオーナーを務めた白井 藍氏、デザイナーを務めた高橋 佑至氏にお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- 「VRって面白そうだな」という思いつきからプロジェクトがスタート
- 「会社の雰囲気が分からず不安を感じる内定者に安心感を与えたい」という想いからVR内定式を実施
- 内定式を成功させるため、事前にチュートリアルの時間を設け、参加者にはVRに慣れてもらった
- VR内定式により社員の歓迎の気持ちが内定者に伝わり、会社理解の一助になった
- VR内定式実現の鍵は運営側のファシリテーション能力。いきなりやろうとせず、小さく始めてVRの体験からスタートすると良い

過去に事例がない中、思い切って挑戦したVR内定式。背景には、内定者の不安を和らげたいという想い

ーVR内定式実施の背景を教えてください。

藤原:もともとは、コロナの影響で大人数で集まれなくなった弊社カフェスペース「8cafe」を仮想空間上で再現し、そこに社員がアバターを介して集まると面白そうだなという思いつきからスタートしました。私がSlackで「VR空間でカフェスペースを再現してみませんか?」と提案してみたんです。すると、スタンプで「いいね」がいっぱいついて、だったらやりましょうということでプロジェクトチームが発足。社内のイノベーション文化を作っている創造推進ユニットが主体になり、有志を集めた部署横断型のプロジェクトチームが作られました。2020年7月のことで、内定式まであと3か月というタイミングでしたね。

2ヶ月ほどして、PJメンバーもVRに慣れてきて、プロトタイプも出来上がってきたところ、毎年8cafeで行われていた内定式がビデオ会議になるという話があり、それはなんだか味気ないなと思っていたところ、代表の江幡から代表から「VR空間で内定式できない?」というオファーがあり、メンバーとも相談して面白そうなのでやってみようとなりました。この時点で、内定式まであと1ヶ月というタイミングでした。    
内定者にとっては、コロナの影響でなかなか会えず、つながっている感がないのかなと思っていました。東京以外にお住まいの人もいて、面接も全てリモートで終わってしまった人もいました。一度もオフィスに来たことがないのに入社をするというのは、やっぱり少し不安もあるかと思います。また、内定者の皆さんは同期とも会えていない状態でした。そこで、たとえバーチャルであっても、ひとつの空間で皆が同じ体験をすることで、少しは不安が和らぐのではと考えたのです。

気軽につくったVRを社内の公式イベント用に昇華。細かい検討事項を一つずつ潰す

ー内定式までどのように準備を進めたのでしょうか?

白井:VR自体はもともと内定式用というわけではなく、先行分野の技術を小さく作って試してみよう、という意図でプロジェクトを動かしていました。内定式の話が持ち上がったタイミングでは、会社としてオフィシャルな場で使うつもりではなかったので、イベントで活用するにあたり、どんな順序で何が必要なのか考えるところから始めました。普通のスペックのPCだと動かなくなったり、ネット回線がパンクする可能性があったりしたので、参加者一人ひとりのPCや回線を確認するといった小さな作業も検討項目の中に入れました。スペックが足りない場合、PCの貸し出しができるのかと対応を考えていきました。

内定式参加者のほとんどがVR初体験だったので、その操作についてのレクチャーも大変でした。事前にチュートリアルを行う機会を設け、当日は何とかスムーズに進行できました。

会社に来たことがない内定者にも、安心してもらえるために。「HAPPY」を生む空間づくりで、会社の理念の体感を

ー当日は、会をスムーズに進めるために何に気をつけたのでしょうか?

白井:VR空間に入るのにも時間がかかりますので、事前にVR空間にログインしてもらいました。内定式が始まる1時間前には内定者の方に先に入っていただき、その30分後には経営幹部に入ってもらうなど、段階を踏みました。そのおかげで時間ぴったりに始められました。

また、VR空間内では音声が途切れるなど聞き取りにくい場合があることわかっていたので、Zoomにも同時に入ってもらい、Zoomを介して指示を出すようにしていました。

ー実際にVR内定式をやってみていかがでしたか?

高橋Zoomと違って内定者や経営幹部のリアクションが伝わりやすく、会社の明るい雰囲気が伝えられたのが良かったなと思います。VR空間では参加者一人ひとりにアバターが割り当てられますが、そのアバターの上にびっくりマークが出たり、効果音が出たりして、それぞれの感情を表現できます。

また、準備段階でも内定者同士や内定者と社員の間でコミュニケーションがあり、それぞれの人柄が分かったことも良かったのではないかなと思います。内定者とも一緒にプロジェクトを作り上げているのに近い感覚でした。
白井:私は内定者と式の前に面談をしており、オンラインで彼らの不安を聞いていました。一度もオフィスに行ったことがなく、漠然とした不安を抱えているとのことでした。何かできることはないかなと思っていましたが、面談時は「大丈夫だよ、入社したら一緒にご飯に行こうよ」としか言えませんでした。

それが今回の内定式で「迎えて貰えた感がある」「一緒に楽しく過ごせた」と言ってくれたのを聞いて、これまで自分が伝えたかったことが伝わったのだとうれしくなりました。

私の場合は何度も会社に行き、いろんな方とお話をしてこの会社に入りたいと思い、入社をしました。せっかく私達の会社を選んでくれた内定者に、何か返したいという気持ちがあって、今回は少しでもそれができたのかなと思っています。

藤原: 我々は「ヒトに“HAPPY”を」という理念を掲げていて、そのためのサービスをデザインする会社です。この先、VR、AR、xRというテクノロジーは必ず活用されるようになると考えていたのですが、実は最初はARの方が注目度が高かったんです。ただ、コロナで急にVRが注目を集めるようになり、それで一気に研究対象をVRに切り替えたという背景がありました。

内定式を通じて、我々の理念を体験してもらいたかったですし、立場を越えて自分たちで空間をデザインして体験を作るのだということを感じてほしいと思っていました。そういう意味では、良い機会だったのかなと思っています。

白井:アンケートの回収もしていて、参加した内定者からは「内定証書を頂いた際に社員の方々からのリアクションをいただき,身が引き締まる思いになりました」「社員の方々が和気あいあいと進めてくださったことで自分達だけではなく、多くの方が内定式のために準備してくださったことをより実感できた時間でした」といった声をいただけました。我々が提供したかった体験を届けられたのではと思っています。

VRの活用はまず実際に体験するのが有効。イメージだけで実施を決めるのは危険

ー次回もVR内定式をやるなら、何をブラッシュアップしたいですか?

高橋:今回はステージをつくり込みましたが、アバターのつくりこみにもチャレンジしたいですね。          
内定式では社長 江幡のアバター(エバター)を作ることを目指しましたが、既存のアバター作成サービスではうまく表現できず断念したので、次回は何らかのアバターを0からモデリングしてリベンジしたいと思います。
                       
藤原: 内定式は失敗できないと思ったので、参加者には動きを制限してもらっていたのですが、VR でしかできないような、机の上に立ったり壁を歩いたりといった動きを自由にしてもらっても良いかなと思っています。

ー今後はVRを軸にサービスの展開をしたりするのでしょうか?

藤原:具体的にはまだ考えていません。社会やユーザーの声を聞きながら決めようと思っています。

ー他の会社がVRを使ったイベントの開催などする際、気をつけるべきことはありますか?

藤原:実際に沖縄支店からVRを使ったイベントを開催したいと相談が来ていますが、まずスペックがあるか、は気にして欲しいポイントです。せっかくシステムを導入しても、動かない可能性がありますので。

また、アバターのファシリテーションはすごく大事です。少し操作を間違っただけで、とんでもない方向に動いてしまったりしますので。曖昧な指示は出さないようにして、誰にでもわかるように「ここに立って下さい」と伝える必要があります。

白井:確かにファシリテーションは非常に大事です。VR空間に不慣れなメンバーに操作してもらったり、「顔を正面に向けてください」といった指示出しを言葉だけでうまくできるように準備したりしなければいけません。そのためには、いきなり本番の環境をつくるのではなく、まずは小さくやってみながら学ぶことが重要です。

VRと聞くとどうしてもイメージが先行してしまいがちです。ほんの少しでも体験すれば、どういうものなのかリアルに分かるので、現実的な企画が立てられます。やってみようと思われたら、いきなり挑戦する前にまずはVRを体験してもらえればと思います。
藤原 亮
株式会社 mediba CXO(Chief Experience Officer)

パッケージ、コンサルティングファーム、スタートアップを経て、2006年にYahoo! JAPAN入社。スマデバ戦略室クリエイティブディレククター兼黒帯アプリUIとして全社改革を推進。通信キャリア立ち上げ、会員、映像、コマース事業にてUX戦略室長を担当。2019年10月より株式会社medibaでCXOとしてUX戦略、クリエイティブセンター組織マネジメント、5G/xR領域を担当。
白井 藍
株式会社 mediba ビジネスセンター 創造推進 UNIT

青山学院大学を卒業後、2011年に株式会社mediba入社。
広告営業、人事、広報を担当した後、現在は新規事業企画・推進プロジェクトに携わる。社内のイノベーション文化を創造するコミュニティを運営する中で、本プロジェクトに参画。プロジェクト全体の管理と推進を担当した。
高橋佑至
株式会社 mediba クリエイティブセンター UI2G

立教大学卒業後、2018年に株式会社mediba入社。
UIデザイナーとして「au占い」を担当し、現在は「auスマートパス」のUI作成、改修に携わる。自主制作アニメーションの制作に興味を持ち、趣味で3DCG制作を始めた延長で、今回のVR内定式プロジェクトに参画。ゲームエンジンやVRプラットフォームについて学びながらバーチャル空間を作成。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝の考える顧客中心主義とは? 東芝の技術はカーボンニュートラルにどう寄与するのか? 島田社長が抱くビジョンに迫ります。 後編は東芝の「人と、地球の、明日のために。」という企業理念に込められた思い、島田社長の考えるリスキリングのあり方、量子コンピュータの持つ可能性などについてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。