Today's PICK UP

メドテックが経済成長の鍵を握る?医療とテクノロジーを融合した技術を解説!

メドテックは医療とテクノロジーを組み合わせて作られた言葉です。医療に先端技術を導入することで、より良い治療や介護を目指すイノベーションです。日本は医療大国として数えられる国ですが、メドテック分野ではどの程度まで進んでいるのか?今後の成長が期待される技術とともに解説していきます。
次世代の超高速通信である5Gや、AIを使ったビッグデータ解析など、最先端のテクノロジーが次々と生まれていますが、こうした先端技術を医療の分野に取り入れることでイノベーションを起こすことをメドテックと呼んでいます。メディカル(medical)とテクノロジー(technology)を組み合わせて作られた造語です。日本では少子高齢化によって、高齢者の人口が増える一方で、現場のドクターや医療関係者が不足する事態が起こっています。こうした人手不足や、効率的な医療体制の構築、あるいはさらなる高度医療を提供していくためには、医療を支援するロボットやIoTなど、テクノロジーの採用が欠かせません。メドテックが求められる背景や、今後の展望について解説します。

メドテックとは?

メドテックは医療の分野に最先端のテクノロジーを導入することで、イノベーションを起こすことを目指す新しい概念です。メドテックによって、どんな医療の提供が可能になるのでしょうか? その特徴を解説します。

医療とテクノロジーの融合

医療の現場では、すでにさまざまな技術を活用して治療や診療が行われていますが、メドテックではとくにICT(情報通信技術)やAI、高速通信、ロボット技術などを融合させた医療を指しています。たとえば、膨大な診療データを蓄積し、AIに機械学習させることによって、医師でも気づかないような微細な変化や病気の兆候を発見できるような画像診断が実現できると言われています。また5Gなどの超高速通信では大容量の通信が可能で、遅延もほとんど起きないため、遠隔地にいる熟練の医師がロボットアームなどを操作して、手術を行うようなことも将来的には可能になると考えられています。そのほか患者の健康を管理するアプリの開発や、センサーを患者につけて様々な生体データを収集することによって新薬の開発に役立てるアイディアもあります。

日本の経済成長へ貢献も

日本経済は長らく低迷しており、これまでの産業構造を変化させる必要性に迫られています。日本がこれまで世界に対して優位性を持っていた、ものづくりの分野では苦戦を強いられているものの、とくにロボットの分野では世界を牽引していると言えます。ロボット技術は医療や介護との親和性が高く、日本政府もロボット革命実現会議を開催し官民の協力を促すなど、積極的に産業育成をサポートしています。また、日本はアメリカや中国と並び、世界的な医療市場のひとつとなっています。そのため、先端的なライフサイエンスやメドテックに注力することができれば、日本経済の成長に貢献すると期待されています。

世界と比べた日本のメドテックは

世界の国々では医療制度が異なり、メドテックの成長もその国の制度や法律の影響を受けます。とくに日本は国民皆保険という制度を採用しており、医療費にコストをかけている国のひとつです。メドテックの分野では、世界と日本でどんな違いがあるのか、解説します。

世界のメドテック

新型コロナウイルスにおけるワクチンの供給で、海外企業が市場を独占したことからもわかるように、日本と比べ海外諸国のほうが医療開発や承認のスピードが速いことが知られています。したがって、日本では未承認の新薬や治療法が多く普及しているのが、現状です。そのためメドテック分野でも全般的に見れば、グローバル企業が存在感を見せています。ただし、製薬会社では、売り上げの20%を研究開発に費やす世界企業と10%にとどまる日本企業といった具合にギャップが顕著なのに対し、メドテック分野では10%を費やす世界企業と、約7%の日本企業で、その差が小さいことがわかっています。

また、OECD加盟国の研究費の対GDP比率(2017年)を見てみると、日本は韓国(4.55%)、イスラエル(4.54%)、スウェーデン(3.40%)、スイス(3.37%)に次ぐ、3.20%を拠出しています。

日本のメドテック

日本のメドテックへの投資状況を調べるために、研究費の内訳を見てみましょう。2018年度の非営利団体や公的機関における特定目的別研究費の内訳では、ライフサイエンス分野に3086億円(19.1%)、エネルギー分野に2523億円(15.6%)、宇宙開発に2114億円(13.1%)、情報通信分野に1236億円(7.6%)と、ライフサイエンス分野に研究費の多くが投じられていることがわかります。同様に、大学などにおける研究費もライフサイエンス分野に1兆1146億円(30.3%)、情報通信分野に1428億円(3.9%)、物質・材料分野に1304億円(3.5%)となっています。

国内メドテック市場の成長は

日本は世界有数の医療大国で、医師の技術や医療機器や製薬分野の品質も申し分がありません。少子高齢化が急速に進み、患者数が大幅に増えたことも技術や品質の向上と無関係ではありません。ただ、近年はその成長に鈍化が見られます。とくに製薬部門への研究費が年々、減少しており、国際競争力が低下していることも影響しています。そんななか、投資が盛んに行われ、今後の成長が期待されているのが、医療用ロボットの分野です。

ロボット新戦略

日本は古くからロボット開発に積極的な国のひとつで、産業用ロボットの出荷額や稼働台数は世界一となっています。ただ、欧米各国は競争力の高い機器のデジタル化やネットワーク化を武器に、ロボットを含めた生産システムの効率化を推し進めています。また、中国などの新興国もロボット投資に参入したことで、年間のロボット導入台数ではすでに抜かれているのが現状です。そこで、日本政府もロボットを新たな基幹産業にすべく、ロボット革命と銘打った戦略を立てています。このロボット新戦略のアクションプランでは、開発すべき次世代技術として、人工知能やセンサー技術、機構・駆動系・制御システムのコアテクノロジーを取り上げています。こうした技術を国内の研究機関同士がワークショップなどを通じて、連携し、情報共有を図りながら競争できるよう、オープンイノベーションを促進して開発することを目標にしています。

また、これまで弱点とされてきた医療機器の承認審査の迅速化も提言するとともに、介護関係の諸制度の見直しも、検討しています。

日本を代表する技術分野は

ロボット技術を中心に国際競争力のある日本のメドテックですが、そのほかどんな分野が成長の見込める技術として考えられているのでしょうか?

再生医療

再生医療は病気や怪我、あるいは障害などによって失われてしまった体の組織や機能を再生・回復させる治療法です。2006年8月に京都大学の山中伸弥教授らが世界で初めてiPS細胞の作製に成功したことから、世界的な注目を集めました。iPS細胞とは細胞を培養して人工的に作られた幹細胞のことで、あらゆる生体組織に成長することができるため、皮膚や臓器を新たに作り出す再生医療への応用が期待されています。山中教授の功績によって、日本国内では再生医療への関心が高く、再生医療に使用する製品を従来の医薬品とは異なる新たな分野として定義した改正薬事法や、医療行為として提供される再生医療について定めた再生医療新法が制定されるなど、再生医療に関するルールの整備が行われています。

iPSC工学

iPS細胞の優れた点は、さまざまな組織や臓器の細胞に分化する幹細胞であることと、増殖する能力を持っていることです。この特徴を生かして、iPS細胞を特定の機能を持った細胞に変化するように誘導する研究が進められています。人為的にiPS細胞をコントロールすることができれば、怪我や病気、あるいは先天的な障害などによって機能不全に陥った細胞と入れ替えることで、機能を回復させることができるようになります。こうした研究をiPSC工学と呼ぶことがあります。

ロボット工学

ロボットアニメなどの影響からか、日本ではロボット工学を学ぶ人材が豊富に集まっています。その結果、研究開発が他国よりも進んでいるという実情があります。産業用の分野では広く、ロボットが活用されていますが、さらに医療分野や介護業界での活用を見据えるなら、幅広い研究を押し進めていく必要があります。ロボットの動きを進化させる機構学や制御工学、あるいはセンサーによる周辺認知に関わる計測工学のほか、電気・電子工学やコンピュータ工学の知識も求められます。こうしたロボット開発に必要な知識全般をロボット工学と呼んでいます。

今後活用が期待される技術は

日本のメドテックをさらに発展させるためには、どんな技術を磨いていく必要があるのでしょうか? とくに応用が期待される分野について解説します。

AI技術を活用

医療分野では過去の蓄積や統計データが治療や診療を発展させる鍵になりますが、膨大なデータを解析するためにはAI技術の進化が欠かせません。人間では分析が及ばない領域まで機械学習を重ねることで、難病や新薬、新しい治療法に関する知見が得られる可能性があり、積極的にAI技術を導入する必要があります。AIによる診療が高度化すれば、医師が介在しなくても、センサーからの人体情報やAIが問診するだけで、病気の診断ができるようになる可能性があります。また、介護の分野でも、体力を必要とする作業が多いことから、ロボットが機械学習によって、経験値を積むことで、実用化が進む可能性があります。

IoTを活用

日本政府が官民共同で推し進めるロボット革命では、ロボットをITと融合させることによって、ビッグデータやネットワーク、AI(人工知能)を活用する新しいロボットの開発が重要であると示唆しています。また現在の日本の医療システムでは病院や診療施設間のデータの共有が進んでいるとは言えません。一部で電子カルテの採用や服用している薬に関する情報の共有がはじまっていますが、今後はさらにIoTを活用することで医師にとっても、患者にとっても、利用しやすい医療情報システムを構築する必要があります。介護の分野でもICT化は業務の効率化や生産性の向上に役立つと考えられており、本格的なICTの導入が待たれています。

ブロックチェーンを活用

仮想通貨に活用されているブロックチェーンの技術は、データの改ざんに極めて強い仕組みとして知られています。ヘルスケアにおける個人情報はとくに保護を必要とされる秘匿性の高いもので、ブロックチェーンの技術が応用できる分野として期待されています。

メドテックへの投資は

メドテックがさらに発展していくためには、いま以上に投資の対象として、資金が集まることも必要ですが、メドテックへの投資で留意しておく点とは何でしょうか? メドテックへの投資について解説します。

中長期的な投資

メドテックを効果的に推進していくためには、システムや医療体制をゼロから構築することができる医療法人の立ち上げや、病院の設立も効果的です。一方で、こうした投資では初期投資が大きくなるため、短期的に利益があがることは望めません。中長期的な視野で資金を回収するビジョンを持っておくことが重要です。

スタートアップへの投資

コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、メドテック分野への投資が急増していますが、とくに、遠隔治療の技術開発を進めるスタートアップへの投資は人気となっています。今後、ワクチンの普及によって、コロナウイルスの感染リスクが下がっても、急速に遠隔治療のニーズが下がることは考えにくく、引き続き投資の対象になるはずです。

拡大する高齢化社会

高齢化社会は引き続き拡大を続けています。とくにコロナウイルスの感染拡大は世界中で出生率の低下を招いています。そのため、少子高齢化が改善するどころか、ますますその傾向が顕著になるはずです。高齢者治療や介護が必要となると同時に、メドテックの今後の成長も見込めると考えられます。

今後も注目度が高いメドテックの行方に注視

ロボット工学を中心に日本のスタートアップ企業が存在感を発揮できると予想されているのが、メドテック分野です。投資が加熱しており、少子高齢化やコロナウイルスの感染拡大により、この傾向はしばらく続くと考えられています。今後の発展や新しい研究開発のニュースを注視し、メドテックの行方に関心を持っておくべきです。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。