Today's PICK UP

ARとVRの違いとは?活用事例や新たな技術をわかりやすく解説

近年ではARやVRを体験できる製品やサービスが身近になり、用語を見聞きすることも増えてきているのではないでしょうか?これらは仮想現実と現実世界とをつなぐ技術のひとつですが、2つがどう違うのか戸惑ってしまうかもしれません。

この記事では、ARとVRについてと活用事例、そして2つの違いについてを詳しく解説します。また、これらの技術の総称であるXRについても紹介していきましょう。

ARとVRの特徴と違い

ARやVRは、現実世界と仮想現実の世界との垣根を取り払うような技術ともいえます。パソコンやスマートフォン、ヘッドセットなどの機器の普及によって、身近に体験できるサービスも増えてきています。

ARは「現実世界を仮想世界で拡張させたもの」

ARとは、拡張現実(オーグメンテッドリアリティ)の略語です。現実にある景色、見えているものに、コンピュータを用いて情報を追加し、拡張させる技術のことを指します。

追加した情報はスマートフォンのアプリや、装着したゴーグルなどの電子端末、電子機器を通して確認することができます。例えば、水族館の中でスマホアプリに写した魚に、魚の名前や解説を表示させるようなことです。

また、スマートフォンを通してGPS情報から場所を認識し、アプリで周辺を写すと「ここに〇〇カフェがあります」といったようなスポット情報を表示できます。車で走っている道路について、この先が渋滞しているかどうかをリアルタイムに示すことも可能です。

VRは「仮想世界を現実のように感じさせるもの」

バーチャルリアリティの略語であるVRとは、仮想現実や人口現実感と訳されている技術のことです。VRゴーグルなどの機器によって、視覚や聴覚などから仮想世界の要素を獲得し、実体験に近い感覚が得られるようになっています。

VRゴーグルでは360度全ての視界が遮られ、代わりに仮想世界の映像が表示されます。近年ではリモコン操作を追加することによって、仮想世界の中で自分が動き回ることもできるようになり、よりリアルに近い体験が可能になっています。

音楽ライブやゲームなどのエンターテインメント分野のほかにも、医療分野では遠隔地から手術を支援したり、観光分野では現地に行かずとも名所を見ることができたりするなどと、活用の場が広がっています。

ARとVRを融合させた試みもある

近い将来には、VRの仮想現実にARのように情報を追加するような、ARとVRとを融合させたサービスが増えてくるのかもしれません。

「Coolhobo胡罗舶」は、ARとVRとを組み合わせ、新鮮なショッピング体験を提供しているネットショップです。ユーザーはスマホアプリからVRで表現された店内を動き回り、ひとつひとつの商品情報はARによって示されます。

例えば、VRショップで手に取ったワインについて、ユーザーは産地や生産年数、どんな食事に合うかなどをARからの情報で詳細に知ることができるかもしれません。

ARとVRの活用事例を紹介

ARとVRは現在どのような分野で利用されているのでしょうか?対応製品やサービスなどにどのようなものがあるのかを、説明していきましょう。

ARとVRはその性質の違いから、対応製品も異なります。ARはGPSとカメラを搭載しているスマートフォンやタブレット端末との相性が良く、アプリで多くのサービスが提供されています。また、ゴーグル型の機器のように、装着することでハンズフリーで操作できる端末もあります。

VRでは仮想世界に深く入り込むためのVRゴーグルのような、装着して体験する機器に対応製品が多くあります。VRを実現させるためのシステムはパソコンで起動させ、付属のコントローラーを使うことで、仮想世界の中で手やからだを動かすこともできるようになります。

(1)ARの活用事例

ARは、医療や建築など失敗できない作業をする前に、シミュレーションをする目的で使われています。例えば土木工事現場では、現場にARで仮想の建設機械を表示させることで、実際にその場で作業が可能かどうかを確認することができます。

家具販売の小売店では、スマホアプリで部屋の中を映し出し、そこへARで仮想の自社製品の家具を表示させることで、購入後のイメージ作りに役立てています。大型家具も、ARでなら自分の部屋に置いた様子を手軽に確認可能。購入後に想像したイメージと違ってしまうといったようなことを、防ぐこともできるでしょう。

(2)VRの活用事例

VRでは、擬似的に旅行に行けるサービスが登場しています。旅行先のユーザーがスマホのビデオ通話を介し、通話先の人と、今いる場所の360度のパノラマ風景を共有することができるものです。

また、海外の大手小売チェーンではVRゴーグルを活用して顧客対応や新しい商品、サービス知識を身につけるためのトレーニングを行っています。VRでなら危険の伴う事態を再現することも可能なこと、仮想現実での体験はより記憶に残りやすいことがメリットとなっています。

ARとVRを含む「XR」技術とは?

「XR」という用語に聞き覚えはあるでしょうか?XRとは、仮想現実と現実世界とを融合する技術を総称し、統合する概念のことも指しています。

XRでは既存のARとVRのほかにも、MRやSRといった技術も登場してきています。さらにそれらを掛け合わせた提案もありますし、これからもXR分野はさらに発展していくでしょう。

XRとは、ARやVRなどの現実世界と仮想世界とを融合させる技術をまとめて呼ぶ用語です。「X」は未知数を表していて、現実をどこまで拡張でき、新しい体験を提供できるのかに期待が高まっています。

先に説明したARとVRとを融合したサービスなどでは、一概にARまたはVRといった区分では説明することは難しいでしょう。この先も技術開発により、新しい体験を実現する製品やサービスが登場すると予想されます。そのために、XRという汎用性の高い表現が必要なのです。

新しいXR(1)MR(複合現実)

MR(ミックスドリアリティ)とは、複合現実と訳される技術のことです。センサーやカメラを用いて現実世界に仮想物体を表示させ、ユーザーが自由な角度から観察したり、タッチ入力ができるようにします。

複数のユーザーが同時に体験することが可能なため、ビジネスやエンターテインメントなどの多くの分野での開発競争が始まっているようです。

新しいXR(2)SR(代替現実)

SR(Substitutional Reality)は、日本語では代替現実と訳され、現実世界に過去の映像を映し出す技術です。昔の景色や起こったことが、あたかも今目の前で起きているかのように感じることができます。

SRでは世界の全てを3DCGで作る必要がないため、VRと比較すると制作費がかからないメリットがあります。実験段階の分野のようですが、将来は人間の認知や心理システムに関わる実験にも使われると期待されています。

ARやVRの違いを知ったうえでXR技術の発展に期待しよう

ARやVR、そのほかの技術も含めたXRは、これからますます発展していくことでしょう。現在登場しているARやVRも、今は使われていない分野へ応用されるなど、新しい使われ方も期待されるところです。

XRに関連する製品やサービス開発は、世界中の多くの企業で取り組みが続いています。仮想現実によって、現実世界がどのように拡張されるのか。私たちが驚くような新体験ができる日も、近いのかもしれません。

人気記事

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

超高齢化社会・日本のAgeTechスタートアップ。「認知症による資産凍結対策」に挑む、ファミトラ。

超高齢化社会・日本のAgeTechスタートアップ。「認知症による資産凍結対策」に挑む、ファミトラ。

超高齢化社会を迎えている日本で、高齢化に関する課題をデジタル技術で解決するAgeTech(エイジテック)を手がけるスタートアップが増えつつある。そんななか、200兆円ともいわれる認知症患者の資産が凍結されてしまうかもしれない問題を、家族信託のDXで解決しようとしているのが、ファミトラである。 判断能力があるうちに財産の管理や運用を信頼できる第三者に託すことで資産凍結リスクを回避する家族信託を、AgeTechへと落とし込んだ三橋社長に、起業背景や今後の展開などについてお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに、前後編の2回にわたって迫ります。前編は、自動車大国・日本さえも脅かす存在になるほど進んでいる中国EV市場の実情をお届けします。

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

「ブロックチェーン技術(※1)を中核とした非中央集権的なインターネット」として定義されるWeb3(3.0)。2021年以降、急速に注目を集めるようになったフレーズですが、全貌を理解している人は多くない、曖昧な概念であることも事実です。今回お話を伺ったのは、3月に上梓した『メタバースとWeb3』がベストセラーになり今やWeb3のエバンジェリストとして知られる、株式会社Thirdverse、株式会社フィナンシェ代表取締役CEO/Founderの國光 宏尚氏。「Web3時代に勝ち残る企業」をテーマに、 デジタルホールディングスのグループCIO(最高投資責任者)を務める石原 靖士氏がお話を伺いました。 ※1 ブロックチェーン 取引履歴(ブロック)を暗号技術によって1本の鎖のようにつないで記録することによって、データの破壊や改ざんを極めて難しくしたデジタルテクノロジーのこと。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。