マイクロDX

日本全国 全ての企業をデジタルシフトするために 集客ロボットで「安く、簡単で、効果的な」デジタルマーケティングを実現する

日本企業のデジタルシフトを推進する上で、注目しなければならないのが、日本企業約400万社のうち99.7%を占める、地方、中小・ベンチャー企業だ。これらの企業のデジタルシフトを、どう成し遂げるのか?その課題に正面から向き合ってきたのが、地方、中小・ベンチャー企業に特化してデジタルマーケティングを支援し、2019年3月に東証一部上場を果たしたソウルドアウトグループだ。

今回は、同グループ取締役であり、テクノロジーに特化した連結子会社SO Technologies株式会社の代表取締役を務める山家秀一氏に、地方、中小・ベンチャー企業の現状や課題感、デジタルシフトを実現するためのビジョンについて、お話を伺った。

テクノロジーの力でどんな小さな企業も支援していく

ー山家さんは、ソウルドアウトグループで長年、地方、中小・ベンチャー企業を支援して来られました。デジタルシフトの状況をどう見ていらっしゃいますか。

基本的に、大手であろうが中小であろうが、デジタルシフトしていかなければならないという課題感は同じだと考えています。ただ一方で、同じ課題感を持っていても、明確に中小企業の方が出遅れている現状があります。

出遅れている理由は大きく2つ。一つは、中小企業の多くが地方にあり、都心に比べて情報が圧倒的に少ないことです。情報が少ないため、多くの企業がデジタルシフトしようという意思を持つきっかけが少ないんです。

例えば、ペリーが浦賀に来航した時、実際に黒船を見た浦賀の人たちは「これはやばいぞ」と感じ変わりやすかったはず。でも、北海道の人たちは見ていないから、危機感を持つことが難しかったと思います。それと同じで、デジタルをすごいと思ったり、このままではまずいと危機感を覚えたりするきっかけさえあれば、変わっていくと思います。

もう一つは、支援体制が手薄であることです。ソウルドアウトで地方に営業所を作ると、一気に一定の企業はプロモーション周りがデジタルシフトします。強い意思を持った伝達者、支援者が地方に現れれば、一気に変わると思いますね。

だから、多くの支援者が現れ、同時にデジタルに触れるきっかけを提供できれば、地方の中小・ベンチャー企業もデジタルシフトしていくはずなんです。ただ、それができない。なぜなら、お客様の予算が小さく、支援者側の採算が合わないからです。例え採算が合ったとしても、東京に比べると生産性は低い。そのため多くの企業が地方から撤退し、支援者が増えない状態が続いています。
ーどうすればそんな状況を打開できるのでしょうか。

誰も率先して行わなかった地方、中小・ベンチャー企業の支援を始めたのがソウルドアウトです。しかし、ソウルドアウトにも支援できる企業は限られていました。支援できたのは、中小・ベンチャー企業の中でも、成長意欲があり、比較的お金のある企業です。人力中心にしっかり企業に寄り添うソウルドアウトの仕組みだけでは、支援できる企業を飛躍的に増やすには相当時間が掛かってしまうという状況がありました。

人力には限界がある。だから、予算の小さい多くのお客様を支援するために必要なのは、テクノロジーだと考えています。ソウルドアウトグループでは、7月に連結子会社のテクロコとサーチライフを合併させ、SO Technologiesを設立しました。テクノロジーを駆使し、少額予算のお客様にも最適な支援を提供していきたいと考えています。

日本全国の地方、中小・ベンチャー企業のお客様のデジタルシフトを支援するためには、支援する我々が、もっと大胆にデジタルシフトしなければいけません。自分たちが人力から脱却し、テクノロジー中心の会社に生まれ変わる。それによってビジネスモデルを大変革し、地方、中小・ベンチャー企業の支援を実現させようとしています。

集客ロボットで安く、手軽で、効果的なデジタルマーケティングを目指す

ーSO Technologiesでは、具体的にどんな取り組みをしようとしていますか?

ソウルドアウトグループのノウハウを搭載した、集客ロボットを作ろうと考えています。多くの企業が抱えているもっとも重要な課題は「売上の維持・向上」です。その課題解決のために、我々が得意とするデジタル集客分野にまずは特化し、貢献していくつもりです。

広告やSNSの運用業務のデジタルシフトですね。このシステムが完成すれば、月数千円の少額予算のお客様もお手伝いできるはずです。

現在は、GoogleやLINEなど無料で使えるデジタルマーケティングツールがかなり増えていますが、実際にはなかなか活かされていません。経営者や担当者がみんなデジタルマーケティングが好きで得意かというと、そんなことはないですからね。無料ではあっても、難しくて面倒臭いと感じている方が多いのではないかと思います。

頑張ってやってみても、よくわからないまま実践すると成果は出ません。成果が出ないのでやめてしまう。難しくてよくわからないからプロに頼もうと思っても、それなりのお金を払わないと支援してもらえない。かといって、大金を投資するほど重要度も高くない。でも自分ではできないしやりたくない、どうしよう。このような悪循環に陥っている企業が非常に多いと考えています。

難しく感じるデジタルマーケティングに取り組むためには、まず安く、手軽に始めて、成功体験を積むことが大事です。一つ成功すれば、さらに勉強したり、新しいツールを使ったりする気力も湧いてくるはずだからです。

大手企業が数百万円を投資して得られるような成果をいきなり得るのは難しいかもしれませんが、少しずつでも必ず変化は出てきます。一気に1から10まで行く必要はない、3でも5でも、少しずつ前進できるきっかけがあればいいと思っています。そのために、ソウルドアウトグループが貯めている知見を生かし、「安く、簡単で、効果的な」プロダクトを提供したいですね。

整体院が小さなデジタルシフトを起こし、若年層の来院に成功した例も

ーまずは御社がデジタルシフトをして、支援できる体制を整えていかれるのですね。地方、中小・ベンチャー企業にとって、デジタルシフトはどのような意味があるでしょうか。

消費者の意識と行動がデジタルシフトしているので、中小・ベンチャー企業側も変わらなければいけないと思います。せっかく集客しても自社ホームページがひどい状態だったら、「大丈夫かな」と不安になってしまいますよね。デジタルシフトが進まないと、消費者が離れていく要因になってしまうと考えています。

しかし逆に、デジタルシフトに成功すれば、ビジネス自体を大きく飛躍させることができます。印刷会社が工場機能を止めて、インターネットを使った印刷の受注だけに集中して大きく売上を伸ばしたり、化粧品の卸業者が、リアル店舗からインターネット通販に変更することでコスト削減して事業を改善できたりと、様々な成功事例が生まれています。

ただ、起こすのはそんなに大胆な変化でなくてもいいと思っています。例えば、地方にある整体院さんで、集客のためにGoogle マイビジネスやLINEなどのツールを導入した事例がありました。それによってお客さんが増え、これまで来てくれなかった若い層が来院するようになったそうです。

お客様がみんな急激な成長をしたいと考えている訳ではないと思うんですよね。成長の角度は人それぞれ。でも、どの企業も今の状態を維持したい、今よりもよくしたいとは考えているはず。お客様の要望に沿った支援ができればと考えています。

この整体院の院長さんは、デジタルの導入が成功事例になったはず。そうすると、数年前にデジタル化の提案の営業を受けても門前払いだったかもしれませんが、現在なら少しは検討するかもしれません。デジタルに可能性を感じ、情報にアンテナを向けられるようになることが重要です。

それから、この事例のすごいところは「これまで来なかった若い世代」がデジタルを導入することで来院したことだと思っています。デジタルの可能性は、想像もしていなかった消費者と事業者の出会いを創出することだと考えているからです。従来通り、チラシをやっているだけでは出会うことのできなかった若いお客様と出会えるのは、ものすごく大きな変化ですよね。

整体院さんでは、若い人が来るようになれば、若年層に多い腰痛の悩みに応え、腰痛に効くベルトを販売するかもしれないし、女性が増えたらエステやマッサージを事業化するかもしれない。そんな風に、新たな層との出会いによってビジネスに幅が生まれるんです。デジタルによるデータマッチングで新しい機会が生まれ、企業も消費者も嬉しい。そんな可能性を増やしていきたいと考えています。

ー最後に、今後 SO Technologiesが目指す世界を教えてください。

マーケティング領域、その中でも集客のデジタルシフトを推進していきたいです。そのために必要なのは、まず自分たちがデジタルシフトすること。そしてもう一つ、同業他社のデジタルシフトも急務だと考えています。

広告会社の中にも、デジタルリテラシーが低いところはあります。そこのデジタルシフトを促進できれば、広告会社の向こう側の多くの企業にも、デジタルシフトの恩恵を届けられるはずです。

合併しSO Technologiesになる前から、我々は「広告会社のデジタルシフト支援」に積極的に取り組んできました。日本でそれをやっている会社は他になく、支援実績は累計600社以上あります。地方、中小・ベンチャー企業のデジタルシフトを進めるために、まず我々自身が人力を脱却し、テクノロジー中心の会社になる。そして同業他社のデジタルリテラシーをあげ、支援者を増やす。その先に、お客様を日本のすみずみまで支援できる未来があると思っています。

プロフィール

山家 秀一(Shuichi Yanbe)
1980年生まれ。グロービス経営大学院(MBA)修了。2005年に株式会社オプトに入社。コンテンツ・アフィリエイト部長、BPR部長を経て、ソウルドアウト株式会社設立時に取締役として参画。2019年7月より取締役 兼 SO Technologies株式会社代表取締役に就任。

人気の記事

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 最終回は、佐々木氏のこれまでの経験と田中氏が視察してきた海外の最新の潮流をもとに、本対談のテーマ「メディアと広告の未来」について、大いに語っていただいた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

未来の物流、モビリティのデバイスとして注目されているドローン。2017年に設立された株式会社エアロネクストは、ベンチャー企業として初めて「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞するなど、その革新的な技術から業界内で注目を集めています。同社のもう一つの特徴は特許やライセンスモデルを事業の中心に据えた「IP経営」。レバレッジの効くユニークな経営手法で描くドローンの未来とそのための戦略とは。お話を伺いました。

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

新型コロナウイルス感染症対策として、日本国内では急速にリモートワークが進んでいる。くしくもテクノロジー活用を加速させる要因となった新型コロナウイルス感染症だが、影響が著しい中国は日本の比ではない。 新型コロナウイルス感染症によって中国で一層加速するデジタルシフトの実情を、中国出身で、株式会社オプトホールディング、中国事業推進室のゼネラルマネージャー李 延光(LI YANGUANG)氏が解説する。

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」運営のメディロムが “スマートトラッカー市場”に参入。ヘルスケアの川上から垂直統合を図るデータベース戦略とは。

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」運営のメディロムが “スマートトラッカー市場”に参入。ヘルスケアの川上から垂直統合を図るデータベース戦略とは。

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」などを運営する株式会社メディロムが、2020年1月にCES(Consumer Electronics Show)でスマートトラッカー市場への参入を発表した。リリース後、国内外で40万台を超える出荷が見込まれるなど、大きな反響が生まれている。医療・ヘルスケアの総合商社を掲げる同社が提供するスマートトラッカーはどのような内容で、なぜリアル店舗からデバイス領域へ参入したのか。代表取締役CEO 江口 康二氏にお話を伺った。

スマホでいつでもどこでも学べる時代 グロービスが教育のデジタルシフトで目指す未来。

スマホでいつでもどこでも学べる時代 グロービスが教育のデジタルシフトで目指す未来。

スマホで簡単にビジネスナレッジを学べる「グロービス学び放題」。2016年8月のリリース以来、6万人を超える受講者、累計1,000社以上の法人企業に利用される、新しい学びのプラットフォームとなっています。事業責任者を務める鳥潟 幸志氏はサイバーエージェントからPR会社の創業を経て参画。過去には学校の先生を志したこともあったそうです。サービス立ち上げの背景にはどのような思いがあったのか、教育・人材育成はデジタルシフトを経てどう変わるのか。ソウルドアウト株式会社取締役CMO美濃部哲也がお話を伺いました。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

立教大学ビジネススクール教授田中道昭氏が各分野で活躍される経営者を招き、次の時代のデジタルシフトについてお話を伺います。今回のゲストは弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長、参議院議員、弁護士と3つのわらじで活躍される元榮太一郎氏。弁護士ドットコム・クラウドサインで仕掛けるリーガルテックのデジタルシフト、そしてその先に描く世界への展望とは。 ※このコンテンツは動画対談を記事化したものです。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

「その変革に勇気と希望を。」を、旗印に産声を上げたDigital Shift Times。 Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

倉庫会社の中では異例とも言えるスタイリッシュなコーポレートサイトを持つ寺田倉庫株式会社。アートやワイン、建築模型など、取り扱うサービスも従来の倉庫事業の枠を超えるものだ。なかでも、誰でも自分の倉庫が持て、いつでも引き出し可能なwebサービス「minikura(ミニクラ)」はいまや寺田倉庫を代表するサービスの一つになっている。ほんの数年前まで従来のトランクルームや物流サービスを主軸としていた寺田倉庫が、デジタル変革を遂げ、リブランディングを成し遂げた経緯について、変革の一翼を担った専務執行役員の月森正憲氏に話を伺った。

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版市場の縮小が止まらない―。2018年の市場規模(紙の出版物)は約1兆3,000億円。14年連続で販売額が減少し、ピークだった1996年の半分以下に落ちこんだ。そんな中、デジタルシフトに成功し、業績を立て直した企業がある。創業110年の名門・講談社だ。同社は「出版の再発明」を掲げて、2015年に組織を再編。出版物ベースのビジネスモデルから脱却し、独自の進化をとげつつある。そこで今回は、講談社のメディアビジネス領域に従事するライツ・メディアビジネス局 局次長 兼 IT戦略企画室 室次長である長崎亘宏氏を取材。前編では、戦略の要諦や具体的な取り組みなどについて聞いた。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

2016年末、中国のアリババグループの創始者ジャック・マー氏が提唱したニューリテール戦略。オンラインとオフラインを融合し、新しくより良い顧客体験を届けると同時に、事業者側の課題解決も目指したものだ。約3年が経った今、日本にもニューリテールという言葉が浸透し、注目が集まっている。現地、中国ではどのような変化が起こっているのだろうか?