マイクロDX

地方・中小企業の可能性が日本を輝かせる。 日本10年目のFacebookが取り組む、地方創生の一歩目。

フェイスブック ジャパン執行役員でSMB(中小企業)担当の井上英樹氏との対談。
「中小・ベンチャー企業が咲き誇る国へ」。ソウルドアウトでは、この志をともにするパートナーとの共創に取り組んでいます。「TALK」ではソウルドアウト社員と、志をともにするパートナー企業のみなさまの対談をお届けします。今回は、フェイスブック ジャパン執行役員でSMB(中小企業)担当の井上英樹さんと、ソウルドアウト執行役員でデジタルマーケティング支援事業、メディアの運用と仕入れ・テクノロジー開発を統括する伊藤雄剛さんにお話を伺います。

プロフィール

井上 英樹(Hideki Inoue)
フェイスブック ジャパン 執行役員 SMB(中小企業)事業担当
中小規模の企業に向けて、FacebookやInstagramのビジネス活用・広告出稿をサポートするチームを統括。Facebook入社以前は、米国デルの日本法人及びデル・アジアパシフィックにて広告宣伝本部長、ダイレクト営業本部長、リテール営業本部長などの要職を歴任。
伊藤 雄剛(Yugo Ito)
ソウルドアウト株式会社 取締役COO
2010年ソウルドアウトの立ち上げに参画。西日本営業部長。2013年子会社サーチライフの取締役に就任し、事業責任者としてヤフーとの資本提携、電通デジタル・ホールディングスとのJV設立。2016年ソウルドアウトの執行役員で営業管掌、2018年メディア・テクノロジー開発を管掌。
※プロフィールは2019年6月3日時点のものです。
※対談内容はインタビュー時点のものです。

専門知識がなくても、一歩目は踏み出せる

ー井上さんはFacebookで中小・ベンチャー企業の支援を専門に担当されているとのことですが、中小企業にとってFacebookはどんなシーンで役立つのでしょうか。

井上販路の拡大と新規顧客の獲得が中心だと思います。年に数回地方の中小企業のみなさまのもとでセミナーを開催して対話する機会があるのですが、そこで出てくるのはこの二つが多いですね。

伊藤:たしかに、実際に中小企業の方にお会いしていると、良いサービスや商品を持っているのに、それをうまく伝えられないから売れない、ということが多々あります。そんな時に、Facebookを使うことは新規・既存顧客への情報発信に繋がります。特徴的な商品の場合、それ自体がコンテンツになるんですよね。

ーツールとしてのFacebookには、どんな特徴がありますか。

井上簡単に使えること、ページ開設などは無料で始められ、広告も少額から使えることですね。またその広告は、興味関心のあるであろうお客様に対して効果的に、かつ国内にいながら海外マーケットにも簡単に配信することができます。

伊藤:管理画面がシンプルでわかりやすく、ある程度自動化されているので、操作が簡単ですよね。 お客様から「Facebookをやってみたい」と言われて開設からお手伝いすることもありますが、Webに詳しくなくても、自力で始めている企業様も多い印象です。

井上:一方で、製品やサービスを作る、そして売る、というところで手いっぱいだという企業様も多いと感じます。人材を採用するのもなかなか難しく、マーケティングまで手が回らないと。ただ、FacebookやInstagram(インスタグラム)は、専門的な知識を最初からもっていなくても、学びながら成果が出るような仕組みになっています。だからこそ、「まずやってみる」という部分がとても大切で、そこをお手伝いすることに力を入れています。

地方・中小企業の可能性

ーお二方が地方・中小企業の支援に取り組まれるようになった背景について教えてください。

伊藤:代表の荻原が大学卒業後、起業をして、一度失敗しています。当時、会社を成長させたいけれど、販路拡大やマーケティングの知識が足りなかった。しかし現在は、Webの普及によって中小企業にもチャンスが出てきました。ネット広告やWebマーケティングを使えば、大手企業でなくても売り上げを伸ばせる可能性がある。

荻原はこの新しい技術を使って、「中小・ベンチャー企業、地方企業を支援したい」という思いで今のソウルドアウトをつくりました。僕を含め社員はみんな、その想いに共感して入社し、それぞれの立場から実現に向けて取り組んでいます。

井上:その想いには私もすごく共感します。私自身、外資メーカーでマーケティングを担当していた時に自分ができなかったことが、Webの時代になってできるようになった実感があるんですよね。

例えば、当時は雑誌広告を出稿しても、どの雑誌のどの号からどれくらい買ってもらえたのかを追いかけ費用対効果を計測するのはすごく大変でした。それが今ではオンライン上で自動化できる。フリーダイヤルを何百本も設定して効果測定を手動でやっていた時代と比較すると、効果的なマーケティングが誰でも簡単にできるFacebookは、夢のようだと思ったんです。出会ったときにすごく感動して、これを広めたいと思い、今の事業に参画しました。

あとは、前職で東南アジアで仕事をする中で、海外からみた日本の良さを再認識しつつ、それが生かされてなく、もったいなさも感じました。そんな課題感をもってFacebookに入社したからこそ、フェイスブック ジャパンとして「可能性をつなぎ、かがやく日本へ」というテーマのもと、地方への貢献や中小企業が日本から世界へ羽ばたく支援をしていきたいと考えています。

伊藤:日本の地方活性化について想いがあると言っていただけるのは何よりも嬉しいですね。同じ志を持つ同志として、一緒に仕事をやり切りたいという話を社内でもしています。

井上:ソウルドアウトさんとのコラボレーションはベストタイミングだし、個人的なパッションもあり、すごい巡りあわせだなと思います。Webマーケティングと言われると難しく聞こえますが、シンプルに中小企業様や地方を活性化するための技術として、できることを一緒にお伝えしていけたらと思っています。

「やったか、やらなかったか」が分岐点

ー中小企業がFacebookを活用していくためには、具体的に何から始めたらいいでしょうか。

井上:まず、アカウントを作って自分のページを持っていただくことから始まります。自分の会社や商品の情報を伝えるプロファイル、一種の名刺代わりですね。例えば自社専用のWebサイトを作ろうと思うと、専門家にお願いして数十万というお金がかかってしまうかも知れませんが、Facebookページは無料で気軽に始められて、広告も少額から運用することができます。

使い始めてからは、チャットの相談窓口や「Facebook Blueprint」というオンラインの無料トレーニングを用意しているので、それらを活用して運用方法を習得していくことができます。

一方で、学べば学ぶほど、専門家のサポートが欲しいという気持ちが湧くのも事実なので、ソウルドアウトさんのような会社に声をかけて運用をブラッシュアップしていくというケースもあると思います。

ー自社で運用するか専門家の支援を受けるか、どうやって判断するのが良いのでしょうか。

伊藤:正直、少額予算のまま一定の成果を追うのであれば、別に代理店が介在しなくてもいいのかなと思います。ただ、Facebookを使って売り上げをぐんと伸ばすことにチャレンジしたいというお客様は、クリエイティブや細かい運用設定が大事になるため、代理店が入った方がいいです。Facebookはターゲティングの精度が非常に高いので、仮説を持ってクリエイティブをバンバン変えていくことが重要なんです。

その二つの肝を押さえるという意味では、色々な企業様をご支援した僕らのノウハウが生きるのかなと思います。
ー具体的にFacebookを活用してうまくいった事例について伺わせてください。

伊藤Facebookは、特に商品自体が特徴的でコンテンツになり得るものと相性がいいですね。例えばある牧場では、Facebookを使い始めてから酪農製品の定期購入者が増え、今もまだ伸び続けています。

スーパーの商品の5倍くらいの値段なんですが、牛の育て方や肥料、栄養素などのコンテンツを丁寧に配信することで、お客様の心に響いたんですね。特徴的な日用品は、わざわざ検索されることが少ないことも含め、他の広告手法よりもFacebookを利用したほうが相性が良いケースでした。

井上:素晴らしいですね。他にも、新規顧客開拓の事例だと、トレーニング事業を運営する会社で、顧客数が50%アップした事例があります。それまでは口コミなどで集客していたそうですが、Facebookを使うことで今まで情報が届かなかった人にも届くようになり、集客の60%がFacebook経由になったそうです。

あとは、写真や動画などをメインに発信したい場合はInstagramを使っていただくのもおすすめです。昨年「インスタ映え」が流行語大賞にも選ばれ、Instagram上でのビジュアルコミュニケーションに、より注目が集まっています。現在Instagramはグローバルで月間8億以上のアクティブアカウントから利用されるまでに成長しています。飲食店や雑貨店などとも相性がいいですが、最近ではキャンペーン目的に合わせ様々な広告主様のビジネス成長に貢献できることから、各業界において幅広く利用いただいています。

そしてこれら成功事例の共通点は、何よりもまず一歩踏み出した、ということだと思います。究極的には、「やったかやらなかったか」が一番大きいと思います。

中小企業、地方企業から輝く日本をつくる

ー最後に、今後のビジョンをお伺いしたいと思います。

井上Facebookの日本語版が開始されて、今年で10年を迎えます。日本に対して何ができるのか、今一生懸命考えています。その中で特に力を入れたいと思っていることの1つが、中小企業の支援と地方活性化です。日本の99.7%は中小企業で、その多くは地方にある。世界にも通用する技術やポテンシャルを持っている企業も多いので、それぞれの可能性をつないで、輝く日本をつくることが私たちの目標です。

地方には地方の良さがあるので、人口は上昇に転じ外国人の方々もいて、さまざまな世代がハッピーに暮らしているという未来が実現するといいなと思います。ただ、今の世の中とその理想はまだギャップがあり、その差を埋めていくために、どこかで一歩踏み出さないといけないと思います。その一歩のお手伝いとして、テクノロジーが大きな役割を果たしてくれると思っています。

今後は中小企業のビジネス支援に力を入れるとともに、地方との連携も強化して、国内外への情報発信、インバウンドなどの観光支援やマーケティング教育にも取り組もうと考えています。ソウルドアウトさんのようなパートナーと協業しながら、日本全体が輝くよう、力を尽くしていきたいです。

伊藤:私たちは全国に営業所が20拠点あり、そのどれにもWebマーケティングに精通した人材がいるのが強みです。FacebookやInstagramは広告だけでなく、オーガニックな活用もいっぱいできると思うので、セミナーなどを通して啓蒙したり、実際に使ってみてつまずいた時のサポートを、現場で行っていこうと考えています。

テクノロジーの進化のスピードはどんどん加速しているので、僕たちもその進化に合わせた最適な支援をしていきたいです。Facebookというプラットホームをもっと活用できるよう、伴走者として、ともに日本の中小企業や地方をより良いものにしていきたいです。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。