プラットフォーマー研究

BTSや乃木坂46も! SHOWROOMが提供する縦型動画アプリ「smash.」人気の秘訣

「手のひらが特等席。」をコンセプトに、スマホの縦画面に特化した動画コンテンツを配信するバーティカルシアターアプリの「smash.」。2020年10月にスタートした新興サービスながら、今ではBTSをはじめとする韓流グループ、AKB48や乃木坂46などの有名アーティストが出演する多数のコンテンツを擁しています。SHOWROOM株式会社の執行役員にして、smash.事業責任者を務める嵐 亮太氏が考えるsmash.の独自性とは? これからの時代の動画コンテンツのあり方とは? ファンとアーティストの距離感はどう変わるのか? 気になる疑問を投げかけてみました。

ざっくりまとめ

- smash.は縦画面に対応した短尺の動画アプリ。深く考えず気軽に楽しめることが売りの縦型コンテンツだが、smash.はユーザーに感動や気づきを与えられる内容を追求している。

- SHOWROOMなどで配信するライバーたちの憧れの場所になるべくsmash.は誕生した。すべてのコンテンツにはプロが関わっており、偶像性を担保している。

- コロナ禍の影響やDXの浸透により、ファンとアーティストの距離感は多様化すると予測される。アーティストには偶像性の保持と、距離感の使い分けが求められる。

- 現在のsmash.は動画配信サービスだが、将来的にはメタバース的な仮想都市を構築する展望も。

SHOWROOMは男性ユーザー6割、smash.は女性ユーザーが8割

——デジタルシフトタイムズの読者に向けて、改めてsmash.の概要を教えてください。

smash.はスマホの縦画面に特化した動画メディアで、縦型のフル画面を活かしたコンテンツを提供しています。月額550円のサブスクリプションサービスですが、いくつかのコンテンツは無料で視聴できます。

——SHOWROOMとsmash.のユーザー層に違いはありますか?

SHOWROOMは男性ユーザーが6割ほどで、女性が3~4割です。世代でみると30~40代がコア層ですね。対してsmash.は女性ユーザーが8割を占め、世代は10~30代の若年層がメインです。SHOWROOMにはギフティング機能(※)が付いているので、それなりにお金に余裕がある世代が必然的に多くなります。

※ギフティング機能:配信者に対してギフトを送ることができる機能のこと

——TikTokやウェブトゥーンと呼ばれる縦型のマンガなど、今は縦画面に特化したコンテンツが多い印象ですが、smash.もそういった時流に合わせたのでしょうか?

今の10~20代はスマホの縦画面で動画を見ることに慣れている世代かと思います。僕もギリギリ20代ですが、最近ではYouTubeやNetflixを見ていてもスマホを横にする機会がめっきり減りました。切り替えるのが面倒なんですよね。けれどもユーザーの嗜好性というものは常に時代とともに移り変わるので、縦画面全盛の今の流れも数年後には変化すると思っています。その時代において適したコンテンツの形があるので、smash.も縦のフルスクリーンが絶対というわけではありません。それをふまえた上で、現在の僕たちは、今までプロが進出してこなかった縦画面での動画コンテンツを提供することにこだわっています。

——以前、御社の前田代表が「smash.はshort but deepをスローガンにしている」とお話しされていました。変わらず、短い尺の映像でも深さを追求されているのでしょうか?

そうですね。今はスマホを手にして、つらつらと流し見できるコンテンツが人気です。それが現代のライフスタイルに適したトレンドであることは理解していますが、やはり時間を浪費しているだけではもったいない。僕たちもエンタメ企業として、若い世代に影響を与えられるような深い作品をつくりたいんです。短い時間でも新たな気づきがあって満足度の高い動画。そんなコンテンツを提供していきたいと考えています。

「ライバーたちの憧れの場所をつくりたい」との思いから、smash.を起ち上げ

——smash.では男性女性問わず人気アイドルグループの動画をメインに、バラエティ番組なども配信していますね。コンテンツをつくる基準を教えてください。

起ち上げ時は、有名アーティストを招いてユーザーに楽しんでもらうことを目的にしていました。多くのユーザーを集めると今度は継続率が求められます。さまざまなアーティストがYouTubeやTikTokやTwitterなど多くのSNSを活用するなかで、smash.がそのなかの一つのポジションを取れたとしても、やはりユーザーの多くは無料で楽しめるコンテンツに流れてしまうでしょう。そこで、smash.を継続的に利用してもらうためには、回遊性を高めることが一番だと考えました。そこで着目したのが、テレビにおけるバラエティ番組の裾野の広さです。「幅広い世代に見られているバラエティがsmash.にあれば、多くのユーザーが回遊先に選んでくれるのではないか?」そういった仮説のもとにコンテンツを制作しています。

例えばNetflixは『全裸監督』のようなオリジナル作品で多くのユーザーを獲得することに成功しています。配信されている話題の作品が見たくてNetflixの会員になるわけです。一方Amazonプライムは、何かAmazonプライムの作品が見たいからというより、ECとしてのAmazonを便利に使いたいから会員になる人が多いと思うんです。Amazonプライムは吉本興業さんと一緒に番組をつくったり、バチェラーなどの恋愛バラエティを配信していますよね。まさにユーザーの回遊性を高めているわけです。僕たちは新しい取り組みとして、スマホ映画と呼んでいるオリジナルの作品も配信を開始しています。smash.は起ち上げから1年半ほどのサービスなので、試行錯誤しながらコンテンツを増やしている最中です。

——配信プラットフォーム「SHOWROOM」を手がけてきた御社が、smash.という新たなサービスを起ち上げに至った背景を教えてください。

ライバーたちの憧れの場所をつくりたいという想いがあったからです。ライブ配信のプラットフォームはここ数年で急増して、今ではレッドオーシャン化しています。ライブ配信業界では、観客から最も多くポイントを集めた配信者に対して、雑誌やテレビに出られるといった、いわゆる出口が用意されてきましたが、今はその出口も飽和状態です。

最近はYouTuberも職業として認知されてきましたが、今後はライバーも職業として認知されるようになるでしょう。けれども、ライバーとして憧れの存在がまだ出てきていません。「どうなることがライバーとして成功なのか?」が定義されていない。エンタメ企業として夢を応援してきた僕たちが、成功の定義の一つといえるような場所をつくれないかと思い、起ち上げたのがsmash.です。ライバーになりたての人たちによるライトなコンテンツではなく、プロが手がけた深みのあるコンテンツを提供することで憧れや偶像性を担保しています。

——偶像性の担保ですか。

smash.を起ち上げた2020年は、コロナ禍の影響でライブ配信に対する需要が高まった時期です。当時いろいろな芸能事務所に営業をかけていましたが、すでにイメージやブランドが確立されているアーティストほど、新しい一歩を踏み出すことに慎重な態度でした。偶像性を売りにしていた人が配信でプライベートな姿をさらすと、ファンとの距離が一気に縮まり幻想を壊してしまうかもしれない。そういったことが恐れられていたんです。そこで僕たちは「プロが入ることでブランドを崩すことなく、よりファンと距離感の近いコンテンツを打ち出せます」ということを強く訴えていきました。smash.なら偶像性が担保された距離の近さを実現できますよ、と。

男女で異なる、アーティストに求める偶像性の違いも考慮

——smash.におけるファンとアーティストの距離感の近さとは、具体的にどのようなものでしょうか?

これは男女でも異なるのですが、女性アイドルがすっぴんのパジャマ姿で自室から配信する姿は、多くの男性ファンに受けるんです。 それが男性的に心地のよい距離の詰め方だとするなら、女性にはまた違う距離感があります。男性アイドルが女性アイドルと同じように少しだらけた素の顔を見せても、女性ファンにはあまり受けないんです。男性アイドルが部屋を公開するときは散らかしっぱなしの部屋ではなく、最低限の清潔感がある部屋で、髪型も寝癖のボサボサ頭ではなくある程度は整える。そういった王子様感を女性ファンは求めるので、そこを演出する必要が出てきます。男女でキープすべきラインが大きく異なるわけです。企業のSNSアカウントがくだけた言葉づかいでバズることはよくありますが、その距離感を間違えると炎上のリスクもあります。企業として最低限のラインを維持した上でくだけた発言をするから面白くなるんです。ファンとアーティストの距離感も同じです。

——心地のよい距離感に合わせて楽しんでもらおうという考え方は、動画の任意の場面を保存できるPICK機能にも現れているように思います。詳しく教えていただけますか?

動画再生中に親指と人差し指でつまむような動作をすることで、好きなシーンを最大15秒間保存できる機能です。この動作ですが、当初は普通のタップでした。けれどもリリース直前に、代表の前田のこだわりで仕様変更になった経緯がありまして。PICKには、自分のお気に入りのシーンを切り取り、皆と共有して会話を楽しむ、いわゆる「推し活文化」を活発化させる狙いがあります。通常のタップだと連打もできるので単なる作業になりがちですが、つまむ動作だと本当にお気に入りのシーンを切り取っている感覚を与えられます。思い入れのあるシーンを切り取るからこそ、タップとは違うこだわりのある動作を採用しています。

——複数のユーザーが同時視聴できるシアターポッドは、コロナ禍で巣ごもり時間が増えたことから生まれた機能でしょうか?

コロナ禍でイベントも減り、物理的にも心理的にも人々の間に距離が生まれたことが構想のきっかけです。同時に、ユーザーの継続率を上げるという目的もあります。縦画面の弱点は、他のプラットフォームからコンテンツを借りることができない点です。例えば、Huluが日テレの番組を配信しているように横画面のコンテンツは他プラットフォームとの貸し借りができますが、まだまだコンテンツ数の少ない縦画面だとそれができない。コンテンツの少なさは当然ユーザーの継続率にも影響が出てくるので、その打開策として生まれたのがシアターポッドです。好きな動画を皆で見ながらコミュニケーションを楽しんでもらう。ユーザーの長時間滞在を狙った施策ですね。

多様化するファンとアーティストの距離感

——AKB48の登場以降「会いに行けるアイドル」が一般化しましたが、DXによりこの流れはどう変化するとみていますか?

「会いに行けるアイドル」といっても、それなりに長く話すにはCDを何枚も買う必要があったり、会場には剥がしのスタッフがいて秒数も厳密に決められていたり、それなりのハードルが存在します。アイドルと距離感が近くなりすぎると、それまでのようにファンとして純粋に楽しめなくなってしまうわけです。しかし、今後は距離感のつくり方が多様化していくと思います。デジタルを活用することで、「会いに行けるアイドル」のように近くなったファンとの距離をさらに近づけるケースもあれば、逆にこれまでより遠ざけるケースも出てくるはずです。

——握手会の代わりとして生まれた「オンラインミート&グリート(ミーグリ)」は今後どうなるでしょうか?

現状、コロナ禍の影響で対面イベントができないから使っている人もいれば、あえてミーグリを選んでいる人もいるでしょう。次の時代において、どちらが主流になるかは気になるところです。ミーグリの強みは海外にいるアーティストとも距離感を縮められることです。個人的にはオンラインのミーグリだけでは、ユーザーは満足しないと考えています。今は握手会も徐々に再開されてきているし、なんだかんだでファンの多くはリアルで対面できたほうが嬉しいはずです。

とはいってもミーグリが完全にゼロになることはないでしょう。面白い事例として、ネット上では一切、顔を出さないけれど、ライブやハイタッチ会では顔出しをするアーティストがいます。ライブ配信も行うことで適度に距離感を縮めてはいますが、顔出ししないことで偶像性を保っています。リアルとオンラインを上手く使い分けて、近すぎず遠すぎない距離感を演出しています。ミーグリも距離感を使い分けるツールの一つとして残ると考えます。

メタバース上で、推しのアーティストに会える日も近い!?

——今後の展望を教えてください。

まず一つは動画の単品販売ですね。CDの時代はアルバム単位で音楽を販売していましたが、iPodとiTunesの時代になって楽曲単位で販売されるようになりました。今ではマンガもコミックではなく1話ごとに販売しています。価値のある動画を生むことで、動画の世界でも単品販売の文化をつくりたいと考えています。

そして、推し活を盛り上げる施策も継続していきます。smash.は起ち上げ時より多くのアーティストの皆さんと歩んできたので、smash.を通じてより多くのファンを生み出していきたい新しいアーティストを発掘するためのオーディションを僕たちが開催するのもよいかなと思っています。

最後は、BTSの所属事務所であるHYBEとともに起ち上げた仮想都市「smash. city」の拡張です。現状は4組のアーティストに参加いただいていますが、今後は「smash. world」や「smash. planet」といった上位のレイヤーをつくって、事務所の垣根を越えたサービスが展開できればと考えています。さらにはユーザーの皆さんも参加できて、仮想都市の住民票が発行できたらより盛り上がるでしょう。アーティストもユーザーも同じ空間にいるメタバース的なイメージです。メタバース上のカフェで好きなアーティストにコーヒーを入れてもらう、なんてことができるかもしれません。そんな空間をつくれたら最高ですね。
嵐 亮太
SHOWROOM株式会社 smash.事業責任者

1993年2月24日生まれ。早稲田大学卒業後、2016年、リクルートマーケティングパートナーズに入社。
その後、2018年、SHOWROOMに入社。『SHOWROOM』の営業、IPプロデュースなどを経て、
2020年5月より『smash.』の事業責任者に就任し、現在に至る。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。