Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

ざっくりまとめ

- メタバースの土台にあるのは、「複数の現実を生きている」という感覚。SNSなどのデジタルなコミュニケーションも、広義の意味ではメタバースといえる。

- REALITYは、バーチャルライブ配信アプリをベースにメタバース事業を展開。法人に特化したパッケージも。

- コミュニティづくりには運営の不断の努力と、「荒らし行為」を誘引しない世界観づくりが大切。

- メタバースの普及は、多様性の肯定にもつながっていく。REALITYでは、独自の経済圏の構築にも注力。

メタバースは、現実と「対立」するのではなく「並行」する

——そもそもメタバースとはどのような概念なのでしょうか?

定義は人によってさまざまですが、基本にあるのは、「私たちは複数の現実を生きている」という感覚だと思います。これは比喩的な表現ではなく、例えばもうすでに多くの方に、SNS上やオンラインゲームの中だけでつながっている知人が存在するはずです。物理的に顔を合わせたことがなかったとしても、そういった知人と過ごす時間は、人生の一部としてたしかな手応えを持っている。そこで、そうしたデジタルな世界を「現実と対立する仮想世界」ではなく「並行して存在する複数の現実の一つ」として捉える考え方が、広義の意味でのメタバースだと思っています。

——今、このタイミングでメタバースという考え方に注目が集まっているのはなぜなのでしょう?

いくつかの要因が考えられます。まずはテクノロジーの進歩によって、デジタルな世界を奥行きのある「空間」として感じさせるリッチな表現が容易になったこと。『フォートナイト』や『マインクラフト』、『あつまれ どうぶつの森』といった、ゲームの世界を想像していただくと分かりやすいと思います。もちろん、コロナ禍の影響もありますね。人と人のフィジカルな接触が制限されるなかで、Zoomをはじめとしたオンラインツールを用いて人間関係を補完するという体験を、この2年間で多くの人が共有しました。

企業目線で考えると「メタバース」という言葉を使うことで、投資家からの見え方を変化させようという目論見も見え隠れしています。特にその傾向が顕著なのが、先ほども触れたゲーム業界です。これまでゲーム業界の株価は、その業績と比較すると低めの値付けがされがちでした。それはどこかで「ゲーム産業は水もの」という旧来の価値観が生き残っていたからでしょう。だからこそ、「メタバース事業」という新たな看板を掲げることで、イメージの転換を図っているのだと考えられます。

一方で、ブロックチェーン技術を用いた暗号通貨の広がりによって、デジタルな経済圏が生まれつつあることも、見逃せない潮流です。つまり、経済の世界においても、すでにフィジカルな世界と並行する、もう一つの現実が築かれつつあるのです。

こうしたさまざまな流れが合流することで、メタバースという大きなうねりが生まれているのだと捉えています。

バーチャルライブ配信アプリを、メタバースアプリとして再解釈

——そうした現状を踏まえ、御社の提供するメタバースとはどのようなものなのでしょうか?

弊社のメタバース事業は、大きく二つに分けることができます。まずはバーチャル展示会をはじめ、仮想空間をビジネスに活用したいという企業向けに展開している「REALITY XR cloud」。3DCGやVRテクノロジーを用いたバーチャル空間の制作から、バーチャルイベントの配信までを、ワンストップで担えるクラウドソリューションです。ホワイトレーベルで提供されるので、 自社サービスとして展開可能なことも特徴の一つです。

一方で、一般のコンシューマー向けにスマートフォンアプリで提供しているのが「REALITY」というアバターコミュニケーションプラットフォーム。これは元々、私たちがバーチャルライブ配信アプリとして提供していたものに、「ワールド」機能※という新機能を加え、メタバースとして再解釈した形です。

※「ワールド」機能は期間限定公開のため、「掲載日」時点では実装されていません。

——「ワールド」機能とは、どのような機能なのでしょうか?

REALITYで利用されているアバターのままで、3Dバーチャル空間を自由に歩き回ることができる機能です。特にゲーム性などがあるわけではなく、あくまでメタバース内でのコミュニケーションを楽しんでもらうために開発しました。例えば、「ワールド」内で花火大会のようなイベントを開催することがあるのですが、そうするとユーザーの方々が、浴衣姿のアバターでイベントに参加したり、一緒にスクリーンショットを撮って記念撮影をされていたりする。こちらが遊び方を提供するのではなく、ユーザーの皆さまにメタバースの楽しみ方を発見してもらおうという発想です。

ジャパニメーション的な世界観がグローバルで人気の「REALITY」

——ほかのメタバースと比較した、REALITYの特徴を教えてください。

まずはこれだけのスマートフォンユーザーを抱えているメタバースは、ほかにないと思います。多くのユーザーを抱えるVRチャットサービスもありますが、それらはほとんどがパソコンを想定したサービスになっています。アバターの作成からボイスチャットをはじめとした3D空間での自由なコミュニケーションを、一つのスマートフォンアプリで実現しているサービスは、実はすごく少ないんです。そこは私たちの強みになっていると思います。

——ちなみに現在は、どのようなユーザー層がREALITYを利用されているのでしょうか?

年齢層でいうと、10〜20代の若いユーザーが多いですね。男女比は、女性の方がやや多いでしょうか。国別のユーザー比率は、実は日本が15%程度で、あとは北米を中心に、アジア、ヨーロッパと大きな偏りなく散らばっている状況です。これは結果的にこうなったというよりも、当初からグローバル展開を見据えて事業を展開してきた帰結だと捉えています。アバターをはじめとした絵柄の世界観が、ジャパニメーションテイストになっているのも、グローバル展開を進める上で有利だと考えたからです。今や日本のアニメのファンは世界中にいますが、ジャパニメーション的なコンテンツをつくれる企業が海外にはそう多くないので、グローバルに見れば世界観の差異化をしやすいというメリットもあります。

手塩にかけたアバターと、声によるコミュニケーションが、コミュニティの質を担保

——コミュニケーションの場を運営するにあたって、心がけてきたことはありますか?

どんなデジタルコミュニティにも共通していえることですが、無差別にスパムを送るといった、いわゆる「荒らし行為」を行うユーザーは、どうしても一定数出てきてしまいます。基本的なことですが、そういったユーザーへの対応を、まずは徹底しています。

とはいえ、テキストを中心としたSNSでのコミュニケーションと比較すると、ボイスチャットを基本とするREALITYでは、誹謗中傷などの絶対数が圧倒的に少ないです。これはやはり文字と声という、フォーマットの違いによる影響が大きいと思いますね。アバターもある種の抑止力になっている印象です。やっぱり、かわいらしいアバターでひどいことを言える人は、そんなに多くない(笑)。アカウントがBANされてしまうと、それまで手塩にかけてつくり上げてきたアバターが無駄になってしまいます。そういう意味では、REALITYという世界観そのものが、コミュニティーに秩序をもたらしているのではないでしょうか。

その上で、運営側としてはコミュニティが小さかったごく初期の頃からコミュニティガイドラインをしっかりと定めて、望ましくない振る舞いについては注意喚起してきたという感じです。

——バーチャルライブ配信という文化が今ほど根付いていなかった頃の、小さなコミュニティとしての空気感が今も息づいているのですね

そうですね。REALITYがバーチャルライブ配信プラットフォームとして生まれたことの影響は、現在のコミュニティの空気にもすごく表れていると思っています。ほとんどのユーザーさんは、自分が好きなVTuberのファンとして登録された方たちなので、基本的には「誰かを応援したい」という気持ちがすごく強いんです。そういう人が集まる場所だから、自然とポジティブな雰囲気のコミュニティになっているのだと思います。

——一方で、運営側として今後の課題はあるでしょうか?

先ほどの話とも関連しますが、元々REALITYでは、人気のあるVTuberを中心に多くのファンが集まるという構造で、コミュニケーションが行われていました。けれど、今後はメタバースのプラットフォームとして、よりフラットなコミュニケーションが実現する場をつくっていきたい。そこはこれからの課題です。

メタバースが、世界をもっと自由で多様なものへと創り変える

——今後、REALITYをはじめとしたメタバースの浸透は、社会にどのような影響を与えていきそうでしょうか?

メタバースというのは、生まれ持った「肉体」という制約から、人々が自由になれる場所だと思うんです。誰もが自分の望む姿で、この「現実」を生きていくことができる。それって、ダイバーシティ&インクルージョンを進めていく上でも、すごく役立つと思います。

ただそのためには、フィジカルな現実と並行する世界(バース)が複数あること、まさしく「メタ」であることが大切だと思っていて。例えば、今年大ヒットした細田 守監督の映画『竜とそばかすの姫』には、全世界で50億人以上が集う「U」という巨大な仮想世界が描かれていますが、逆にいうと仮想世界が一つしかない設定なわけです。そうなると、今度はその仮想世界でのアバターに縛られるようになってしまう。複数の世界に、複数の自分(アバター)が存在し、そのどれもが現実であるという感覚を持つことが重要だと、個人的には感じています。

——まさにREALITYも、「複数の世界」の一つというわけですね。最後に、御社の今後の展望を教えてください。

メタバースが、よりたしかな手ざわりを獲得するには、三つの要素が欠かせないと考えています。まずはアバターによるリアルタイムでのボイスコミュニケーション。これはある程度まで実現できています。

二つ目の要素は、ユーザーの手で創り変えることのできる拡張可能な3D空間です。ユーザー自身が自分を取り巻く世界に影響を与えられるかどうかって、「現実感」を生み出すためにはすごく大事な要素なんです。マインクラフトはまさにそうですが、世界を創り変えて何かを生み出すことには、ゲーム的な面白さもある。REALITYの「ワールド」にも、いずれは拡張可能性を実装していきたいと考えています。

最後に重要なのが、経済圏の確立ですね。特に私たちは、ユーザー同士の間で経済が循環するクリエイターエコノミーの創出を目指しています。ある意味では、いわゆる「投げ銭」機能を備えたREALITYはすでにクリエイターエコノミーを実現しているともいえるのですが、今後はメタバース内でコンテンツやサービスを提供することで、お金を稼げるような仕組みをつくっていきたい。特にリアルな経済に近づけていくためには、何かを生み出すのではなくサービスを提供することでお金を稼ぐこと、つまり「サービス業」が活発化することが肝心だと考えています。例えば、スタイリストとして、アバターのコーディネイトを請け負うとか、そんなイメージですね。そうした試みを通じて、REALITYという世界の強度を高めていきたいと考えています。(文:福地 敦)
DJ RIO
REALITY株式会社 代表取締役社長

2005年、慶應義塾大学環境情報学部在籍時代に、複数のスタートアップの創業に参加。事業売却後に大学を卒業し、4人目の正社員としてグリー株式会社に入社。事業責任者兼エンジニアとして、モバイル版GREE、ソーシャルゲーム、スマートフォン向けGREE等の立ち上げを主導した後、2011年から北米事業の立ち上げ。2013年に日本に帰国し、グリー株式会社 取締役に就任する。2014年にゲームスタジオWright Flyer Studiosを立ち上げ(現WFS)代表取締役に就任。2018年にはWright Flyer Live Entertainment(現REALITY)を立ち上げ代表取締役社長に就任。2021年、REALITYを中心とした「メタバース事業」への参入を主導。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。