自動運転車はいつ実現?自動車メーカー動向とサービス開始時期まとめ

自動運転車は、近年いよいよ現実味を帯びてきています。世界各国で実証実験や公道試験が進んでいて、ウェイモ社の自動運転タクシーのように、一部では実用化されているものもあるのです。

この記事では、国内外の自動運転車の開発状況と、自動運転車によるサービスがいつから始まるのかをまとめています。私たちの身近な場所で自動運転車が登場するのを、心待ちにしていましょう。

自動運転はいつから可能?日本国内自動車メーカーの状況まとめ

日本の自動車メーカーでは、いつから自動運転車を発売する予定なのでしょうか?2019年5月にはレベル3の自動運転車の発売に合わせた道路交通法の改正案が可決され、徐々に国内の環境が整ってきています。

主な国内自動車メーカー3社の、自動運転車に関する動きを紹介しましょう。

【トヨタ】2020年にレベル4を披露

トヨタは、レベル4の自動運転車を個人向けを販売する前に、カーシェアリングなどの移動サービスを提供するMaaS専用車両で展開する見通しのようです。

2020年夏には都内の公道でレベル4の試乗会を実施する予定としていて、東京五輪の際にはレベル4のお披露目も予定されているそうです。

また同年には、高速道路限定で自動運転が可能な、レベル2の自動車が発売されるとのこと。その上のレベル3相当にあたる実現目標「Highway Teammate」も2020年に達成したいとしています。

関連記事はコチラ

【日産】2020年から2021年に一般道路でレベル3達成か

日産は、2019年秋に発売した新型スカイラインのハイブリッドモデルに、運転を支援する「プロパイロット2.0」を搭載しました。これは高速道路の同一車線内での手放し運転ができる機能で、自動運転のレベル2相当となります。

「プロパイロット2.0」では、高速道路での車線変更の適切なタイミングを提案してくれ、それをドライバーが承認することによる車線変更支援も行います。

2020年から2021年には、レベル3相当の「プロパイロット3.0」の実現を目指しているそうです。

【ホンダ】2025年にレベル4の確立を目指す

ホンダは、2020年夏ごろにはレベル3の自動運転車を発売すると発表しました。レベル3では、システムが設定した一定条件下での運転時に、ドライバーが緊急対応可能な状態の時に限って、走行中でもテレビ視聴やスマホ操作などができるようになります。

レベル3の自動運転車が日本の公道を走行する際、上記のスマホ操作等は認められないのが現状ですが、2020年5月までに施行されるであろう改正道路交通法によって法的にも可能になるようです。

個人向けレベル4の自動運転車の発売は、2025年ごろまでを目標としているとのことです。

海外自動車メーカーの自動運転の取り組み状況

海外自動車メーカー各社でも、レベル4やそれ以上の自動運転車の開発が進められています。先行しているのはウェイモ社の自動運転タクシーですが、2021年ごろからは動きがさらに活発化するでしょう。

【ウェイモ】レベル4のタクシーが2018年に実用化済み

インターネット関連の世界企業グーグル社の自動運転車開発部門、ウェイモは、2019年10月に米カリフォルニア州の公道で、レベル4の自動運転車をテストすると発表しました。これまでも米国25都市で公道テストを行っており、合計走行距離は1,600km以上にもなります。

ウェイモは、2018年12月に世界初の自動運転タクシー「ウェイモワン」を始めています。サービス当初は不測の事態に備えるためにセーフティドライバーが同乗していましたが、2019年11月には米アリゾナ州で完全無人のタクシーのサービス提供を開始したようです。

【フォルクスワーゲン】2022年に自動運転バスを運行予定

フォルクスワーゲンは、自動運転車を実現させるための新会社「フォルクスワーゲン・オートノミーGmbH」を2019年に設立しました。本社はレベル4以上の自動運転研究所の機能を有し、2021年には中国とシリコンバレーに子会社を設立。レベル4以上の自動運転車の一般販売を目指していくようです。

2022年には、カタールにてレベル4の電気自動車のシャトルバスの運行を開始したいとしています。まずは2020年にプライベート環境でテストをし、早くて2021年に試験的な運行を考えているとのことです。

【アウディ】レベル5の自動運転車発表は2021年?

アウディは、フラグシップモデルである新型A8を2018年に発売しました。当初は自動運転レベル3のシステムを搭載するとしていましたが、世界的に法整備が追いついていない状況から、残念ながら見送りとなっています。

フランクフルトモーターショー2019では、レベル4やレベル5の自動運転を想定したコンセプトモデルを3台発表しています。全て動力はEVで、完全自動運転タイプと都市型タイプに加え、オフロードタイプも提案しているのが特徴。

中でも「Audi Aicon(アイコン)」ベースのレベル5自動運転車を2021年に発表するとしているようで、初めは都市間シャトルとしての運用を目指しているそうです。

関連記事はコチラ

自動運転で利用できるサービスはいつから始まる?

自動運転車によるサービスはいつごろから利用できるようになるのでしょうか?自動運転タクシーやバス、移動コンビニなどは世界ですでに運用を始めているものもあり、日本での運用開始も期待されています。

日本でも実現が近いであろう、自動運転車に関するサービスや取り組みを紹介します。

自動運転タクシーやシャトルバス

ウェイモでは、アメリカですでにレベル4の自動運転タクシーを実用化しています。2019年6月には無人のモビリティサービスの独占契約を日産・ルノーと締結し、日本でも無人運転でのタクシーやシャトルバスなどのサービスを実現させようとしています。

世界では中国の百度(バイドゥ)やフランスのNavya(ナビヤ)、EasyMile(イージーマイル)などがシャトルバスの開発を進めており、中でもイージーマイルでは混在交通でのシャトルバスの運行を2017年9月にすでに開始しているのです。

日本でも、京阪バスが自動運転バスの実証実験を行っているところで、早くて2020年には登場するかもしれません。

自動運転車を用いた移動コンビニ

コンビニ店舗の無人化が国内外で進められているのが現状ですが、自動運転車による無人移動コンビニの開発も進められているようです。

スウェーデンで開発が進んでいる「Moby Mart」や、アメリカのRobomart(ロボマート)社による「Robomart」などは、試験運用が始まっているとのこと。

日本国内でも、トヨタの「e-Palette(イーパレット)」の開発に注目が集まっています。イーパレットは箱型の自動運転EV車で、MaaS専用車両として運用される予定です。

2017年8月には大手コンビニチェーン、セブンイレブン・ジャパンとの店舗と物流に関する基本合意書を締結していて、共同プロジェクトを進めていくとのこと。イーパレットでの無人コンビニの実現に期待です。

自動運転トラックの隊列走行

物流関連でも自動運転車の取り組みが進んでいます。自動運転トラックによる隊列走行は、すでにアメリカの一部で実用化されているそうです。

日本国内でも2021年までには後続車有人状態の自動運転システムを、加えて2022年以降で後続車無人隊列走行を実現する目標としています。

2019年11月には、日野自動車が夜間時の新東名高速道路における、後続車有人システムを載せたトラックの隊列走行の実証実験に参加しました。

自動運転車に関する試みは多方面に広がっている

自動運転車は法整備も含め、実用化に向けた動きが本格化してきました。まずは自動運転タクシーやバスなどのMaaS専用車両から、私たちの身近なところに広まっていきそうです。

一般向けのレベル3の自動運転車は、2020年ごろに解禁される見通しがあります。世界各国で開発が進むレベル4、レベル5の自動運転車も、2025年ごろをめどに登場するのではないでしょうか。

人気記事

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

コロナ禍で大きな打撃を受けている日本のコンビニ業界。その一方で、アメリカで生まれた「ダークコンビニ」は、コロナ禍において三密回避ができる新しいビジネス業態として注目されています。店舗を持たずに取扱商品を厳選して、オーダーが入れば30分以内という超短時間で商品を届けるサービスが支持を集め、いまでは各国で同業態が生まれているほど。そのターゲットは一般消費者のみならず、B2B業界にも拡大中です。三密回避が求められる時代において、コンビニはどのように変化していくべきなのでしょうか。アメリカの事例も踏まえながら、AIやDXを活用した未来のコンビニの姿について、GAFA等メガテック企業の戦略にも詳しい、立教大学ビジネススクール田中道昭教授に徹底解説いただきました。

出光興産CDOに聞く、レガシー企業DX成功の秘訣

出光興産CDOに聞く、レガシー企業DX成功の秘訣

ブリヂストンを経て出光興産へ。日本を代表する大企業二社のCDO(Chief Digital Officer)を歴任し、DXを推し進めてきた三枝 幸夫氏。これまで培ってきたレガシーを活かしながら、時代の最先端をゆくビジネスを創造するための秘訣は、どこにあるのだろうか。デジタルホールディングス代表取締役会長である鉢嶺 登氏が、これまでの三枝氏の仕事を振り返りながら、社内全体を巻き込んでDXを進めていくために押さえておくべきポイントについてお話を伺いました。

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

2021年3月10日に時価総額、約4兆円でニューヨーク証券取引所に上場したゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」を知っているだろうか。月間ユーザーは1.6億人を超え、世界で大流行中のゲームプラットフォームだ。特に子どもたちに絶大な人気を誇り、アメリカでは16歳未満の子どもの約半数がプレイしていると言われている。 Robloxとは、なぜそれほどまでの人気を誇り、なにが魅力なのか。 Robloxの人気の秘密と、企業が今Robloxに注目すべき理由について、EntertainmentxFinancialをコンセプトに、投資を通じたエンタテインメント事業開発を支援する、EnFi株式会社の代表取締役 垣屋美智子氏にご説明いただいた。

累積導入2万件以上!デジタルマーケ初心者企業から圧倒的支持を得るSaaS徹底解剖

累積導入2万件以上!デジタルマーケ初心者企業から圧倒的支持を得るSaaS徹底解剖

コロナ禍の影響を受けて、これまで以上にデジタルマーケティングの重要性が高まる昨今。その一方、人材やノウハウの不足から、デジタルマーケティングの第一歩を踏み出せない中小企業も、少なくありません。そうした企業の担当者から、今、多くの支持を集めているのがクラウド型デジタルマーケティングツール「Cloud CIRCUS(クラウドサーカス)」です。指原 莉乃さんがカラフルな動物キャラを率いてサーカスの団長を務めるCMで覚えている方もいるかもしれません。「従来のSaaSとは設計思想から異なる」というそのツール群には、どんな魅力があるのでしょうか。クラウドサーカス株式会社の北村 健一CEOにお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。