大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

ざっくりまとめ

- NFTはゲーム内の「取引」にリアルな手触りをもたらす。

- 仮想通貨の次として選ばれたNFT。月間250億円を売り上げるゲームも。

- NFTゲームは、NFTアートを上回る市場ポテンシャルを秘めている。

- NFTは長寿命化するIPコンテンツの活用にも資する。

NFTが生み出す、リアルでエモーショナルなゲーム体験

—まずブロックチェーンゲームとは、どのようなものなのでしょうか?

その名の通り、ブロックチェーン技術を活用したゲームの総称です。最大の特徴は、ゲームのデータをブロックチェーン上で管理できること。そのため開発会社などがサービスを終了したとしても、アイテムやキャラクターなどのデータを自分の手元に残しておくことが可能になります。加えて重要なのが、アイテムやキャラクターを、ブロックチェーン上で発行される唯一無二のデジタルトークン「NFT」として扱うことができる点です。

—キャラクターやアイテムがNFTになることは、ユーザーのゲーム体験にどのような変化をもたらすのですか?

NFTによりデータの唯一性が保証されることによって、キャラクターやアイテムを実際の「モノ」であるかのように交換したり、譲渡したりできるようになりました。つまり、トレーディングカードなどでみられるような「取引の面白さ」を、ゲーム内でリアルに味わうことができるのです。もちろんNFTは換金もできるのですが、どちらかというと交換や譲渡に伴う、感情的な盛り上がりを楽しんでいるユーザーが多い印象ですね。というのもNFTアイテムは、ゲーム内での数量が限られていることがほとんどであるため、「100本しかないアイテムを交換で手に入れた」とか「あの幻のアイテムを同じギルドのメンバーから引き継いだ」とか、交換という行為にある種のストーリー性が宿るんですね。それがユーザーのエモーションを刺激するのだと思います。

もう一つ運営側として感じている面白い変化は、ユーザーがゲーム全体の盛り上げに、率先してコミットしてくれるようになることです。なぜかというと、そのゲームのユーザー数が増えて注目度が上がると、そのなかで取引されているNFTの価値も自然と高まるから。つまり、ゲームを盛り上げることが、ユーザーのインセンティブになるような構造が生まれるわけです。

弊社が手がけた『My Crypto Heroes』の場合は、リリースの翌年にあたる2019年のゴールデンウィークに、「映画館を貸し切ってゲームを観戦しよう」という企画がユーザー主導で立ち上がったことがありました。もちろん従来のゲームでもこうしたファンイベントはあると思いますが、NFTにはコアユーザーのコミットをブーストするような機能があると感じています。

月間売り上げ250億円の衝撃。今注目のNFTトレカゲーム『NBA Top Shot』とは?

—ブロックチェーンゲーム市場をめぐるグローバルな潮流について教えてください。

今年の大きなトピックスは、カナダに本拠地を置くダッパーラボの手がけたブロックチェーンゲーム『NBA Top Shot』が、250億円という月間売上を記録したことでしょう。このゲームは一言でいうと、NFTを活用したデジタルトレーディングカードゲームで、NBA選手のプレイ動画をデジタルカードとしてコレクションすることができます。ゲームとは言いつつも、ゲーム内容などはまだ発表されておらず、現状ではコレクターズアイテムに近い形ですね。

—なぜそんなにも大量のマネーが流れこんだのでしょう?

ざっくり大きな流れを説明すると、新たな投資先としてNFTという領域が「発見」されたことが大きいと思います。仮想通貨バブルが一段落し、投資家たちが次の投資先として選んだのがNFTだったというわけです。これはゲームに限った話ではありません。というよりもむしろ、NFTというとデジタルアートの文脈で認識されている方も多いはずです。今年3月には、アメリカのデジタルアーティストBeeple(ビープル)のNFT作品が約75億円で落札されたことが大きな話題を呼び、これをきっかけに「NFTバブル」が一気に膨れ上がりました。ブロックチェーンゲームへの注目度が高まっているのも、こうした潮流があってのことです。

—なるほど。一方で、御社はNFTが社会的に認知される以前、2018年の時点ですでにブロックチェーンゲームを手がけられていましたよね。開発までの経緯を改めて教えてください。

実は、NFTという仕様自体がゲーム開発において生まれたものなんです。先述のダッパーラボが2017年にリリースした育成ゲーム『CryptoKitties』で、育てた猫のデジタル情報を識別するためにブロックチェーン技術を活用したことが、今のNFTの始まりだとされています。私も『CryptoKitties』をリアルタイムでプレイしていて、NFTという仕組みにすごく可能性を感じたことを覚えています。

ただ『CryptoKitties』のキャラクターたちは、育てたらそれで終わりで、プレイングの要素があまりなかったんですよね。だったらNFTを使って、もっと「遊べるゲーム」がつくれないか。そう考えて、ブロックチェーンでMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)のテイストを持ったゲームの開発をスタートしました。

—そして生まれたのが『My Crypto Heroes』ですね。プレイング要素を強めたことによるユーザーの反応はいかがでしたか?

特に国内のユーザーからはご好評をいただけました。やっぱり、コレクションや交換要素だけでは、コミュニケーションって活発化しないんですよね。ともにストーリーを進めたり、対戦した経験があったりしたほうが、NFTを介したコミュニケーションにも熱が入る。そこがユーザーにも受け入れられて、イーサリアムベースのブロックチェーンゲームとして取引高・取引量・DAUで世界1位(2018年11月時点)を記録することができたのだと思います。

これからのNFT市場を引っ張っていくのは、アートではなくゲーム!?

—今年の5月には最新作『My Crypto Saga』をリリースされたそうですね。こちらはどんなゲームなのでしょうか?

リアルタイム対戦型のカードゲームです。『My Crypto Heroes』との最大の違いは、最初からNFTアイテムを販売するのではなく、まずは通常の課金アイテムとして販売したカードを、プレイヤーがシンカさせることでNFT化する仕組みを採用したことです。課金アイテムであればNFTアイテムとは異なり、価格が短期間で大幅に上昇することはないので、ユーザーの初期コストを抑えられますし、何よりも「自分で一点もののアイテムに育てた」という愛着を感じることができます。とはいえ、まだまだブロックチェーンゲームのビジネスモデルに正解はありません。この仕組みを採用することでユーザーにどのような変化が起きるのかも、まだまだ未知数。その動向を興味深く見守っているところです。

—御社以外にも、今後ブロックチェーンゲームへ参入してくる企業は増えてきそうでしょうか?

そう思いますね。やはり今はNFTというとアートのイメージが強いですが、成長のポテンシャルが高いのはゲーム分野だと考えていて。主に「見る」という楽しみ方を軸とする、アート作品を購入する人はポテンシャル全体から見ると限られていると思うんです。多くの人はさらに何らかの機能性を備えたものを期待するのではないでしょうか。機能性のある形でNFTを利用しようと考えたときに、ゲームというのは非常に分かりやすい。そういった理由から、今後のNFT市場を引っ張っていくのはブロックチェーンゲームだと捉えています。というよりもむしろ、すべてのゲームにブロックチェーンの要素が取り込まれていく、というイメージが近いかもしれません。

「IPコンテンツ100年時代」だからこそ、NFTの浸透を

—ブロックチェーン、あるいはNFTがゲームに欠かせない要素になったとき、ゲーム業界にはどのような変化が起きるのでしょう?

まずはIPコンテンツをより活用できるようになると考えています。今は「IP100年時代」とも呼ばれるほど、コンテンツの寿命が延びている時代です。ディズニーなどはその代表ですが、日本でも数十年前のコンテンツがリバイバルされてヒットするケースが少なくありません。ところが、それに比べると家庭用ゲーム機にしても、オンラインゲームにしても、寿命はずっと短い。NFTは、このギャップを埋めてくれると考えています。例えば、あるゲームがサービスを終了したとしましょう。10年後、20年後、そのゲームをプレイした子どもたちが大人になったときに、もう一度リメイク版を発表したとします。そのときにブロックチェーン上にデータが保存されていれば、昔使っていたキャラクターやアイテムを、そのまま使うことができる。つまり、NFTを介して、時間を超えて人とIPがつながれるのです。

NFTという形でIPを保存しておくことは、日本のように優れたコンテンツをたくさん抱える国にとっては特に重要です。グローバルなゲーム市場で日本企業が生き抜いていくためには、コンテンツという資源をいつでも利用可能な状態に保っておくことが欠かせません。そうした観点から弊社では、スクウェア・エニックスやセガといった大手ゲーム会社との協業をスタートしています。先ほど挙げた例に留まらず、「IP×NFT」によってどんな価値が生み出せるのか、探求していきたいですね。

—逆に現時点で、NFTの浸透を妨げるような障壁はありますか?

ユーザーがNFTを取得しようと思ったときにハードルとなるのが、暗号鍵の管理など、ブロックチェーンに関する基礎知識です。ここはまだまだユーザーフレンドリーではない部分ですね。実際に、弊社のゲームのユーザーも、イノベーターやインベスターがほとんどで、ようやくアーリーアダプターにご利用いただけるようになってきたという感覚です。しかし、これから3年でなんとかキャズムを超えたい。そのためにさまざまな施策を練っているところです。

企業にとっても、NFTの活用はまだまだハードルが高い。暗号鍵の管理にしてもそうですし、従来のデジタルアイテムと違って、一度発行してしまうと改修が困難というリスクもあります。これらを上手くマネジメントして、NFTをビジネスに結びつける支援を提供していくことも、これからの私たちの仕事だと考えています。

—最後に、御社の今後のビジョンを教えてください

私たちのビジョンは、ブロックチェーン技術を活かしてゲームの未来を再構築していくことです。ただそれは私たち一社でできることではありません。すでに優れたコンテンツや開発ノウハウを有しているゲーム業界の先輩企業とコラボすることができれば、より迅速にビジョンを達成することができるはずです。さまざまな企業と有機的に連携しながら、NFTの力で日本の「強いコンテンツ」をグローバルに広めていきたいですね。
上野 広伸
double jump.tokyo株式会社 代表取締役

大手SIerにて金融基盤、ゲーム会社にてゲームプラットフォームの立ち上げに携わり、2018年4月にdouble jump.tokyo株式会社を創業。
ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」でEthereumにおいて取引高・取引量・DAUで世界一を記録。ブロックチェーンゲーム支援サービス「MCH+」にて「BRAVE FRONTIER HEROES」や「マイクリプトサーガ」など多数のブロックチェーンゲームをサポート中。NFT運用ノウハウを活かし、ビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite」も発表。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。