販売開始2ヶ月で、売上40億円に迫る。ホテルでも別荘でも、自宅でもある「NOT A HOTEL」とは何か?

住宅としても別荘としても使える上に、ホテルとしての貸し出しも可能。そんな新しい暮らしのスタイルを提供する気鋭のスタートアップが「NOT A HOTEL」です。2021年9月に販売を開始した宮崎県青島の「NOT A HOTEL AOSHIMA」と栃木県那須の「NOT A HOTEL NASU」は、約2ヶ月で40億円を売り上げ、話題を呼びました。コロナ禍でリモートワークが進み、どこに住んでいても仕事ができるようになりつつある現在。われわれの居住スタイルはどのように変化していくのか。不動産業界の当たり前を覆す、NOT A HOTEL代表取締役の濵渦 伸次氏の展望を伺いました。

ざっくりまとめ

- どこにいても働ける時代に対応した住宅のプラットフォームがないことから、NOT A HOTELは誕生した。物件の1棟購入のほか、年間で30日だけ利用できるシェア購入が可能。

- 自分が利用しない日程は第三者にホテルとして貸し出せる。貸し出しに関する手続きなどは一切不要。

- NOT A HOTELのオーナーになれば、自分が購入していない物件も利用できるようになる。各地に物件が建てば、それだけオーナーの拠点も増えることになる。

- NOT A HOTELの宿泊手続きはすべてオンラインで完結するので、ロビーも広告も不要。それらのコストを物件の質に反映させている。

- 今後は1,000万円以下でシェア購入できる物件を増やし、多くの人が気軽に移動できる世界に変えていく。

目指すのは、どこにいても働ける時代の「暮らしのDX」

——宮崎県出身の濵渦さんは、仕事で東京に訪れる際いろいろなホテルに泊まっていたそうですが、やはり独立にあたってはご自身の好きな分野で事業を考えていたのでしょうか?

そうですね、好きなことで起業したいと思っていました。それまではアパレルのECの世界にいたのですが、新しくチャレンジするのであれば旅行や住宅、暮らしに関わる分野をやりたいと思っていました。単にホテルや別荘をつくるのではなく、新しい暮らしをつくりたい。私たちのサービスを一言で表すなら「暮らしのDX」です。ホテルでもあり、自宅でもあり、別荘でもある。そういった新しい暮らしをつくろうと思ったのが起業のきっかけです。

軽井沢に別荘を持つオーナーの大半は、年間で20日~40日ほどしか滞在しないそうです。であれば、必要な分の所有権だけを買ったほうが無駄がありません。NOT A HOTELでは物件の1棟購入のほか、年間で30日だけ利用できるシェア購入も可能です。私も車を持っていますが、使用頻度は週に1回か2回ほど。個人で資産を保有すると使用頻度が少なくても維持費や管理費が大きくなってしまうので、必要な分だけを買うのがシェアリングの本質です。まだまだそういった考え方が広まる余地は残されていると思います。

——不動産という大きな買いものをすべてオンラインで完結できることでも話題になりましたね。

「8億円の家が1クリックで買える」みたいな点にフォーカスされすぎた感はありますが、NOT A HOTELは決して富裕層だけに向けたビジネスモデルではありません。今回たまたまその金額になっただけです。今後は乗用車くらいの金額で買えるようにすることが目標で、すべての人にNOT A HOTELを届けるというミッションを持っています。

どこにいても働ける、ということが当たり前の時代になると、東京の狭い住宅で暮らす意味について多くの人が考えるようになると思います。暮らす場所、働く場所、旅行として行く場所。これらの境目が滑らかになってきています。より移動しやすい世界、どこでも生きていける時代の中で、それに対応した住宅のプラットフォームが日本にはないんです。

業界未経験だからこそ実現できた画期的なアイデア

——オーナーが使わない時期はホテルとして他人に貸し出せるNOT A HOTELですが、どのようなきっかけで思いついたのでしょうか?

私も出張や旅行が多い生活だったので、使っていないときに家賃を払うのが馬鹿らしかったんです。人生における支出の中で家賃やローンは圧倒的に高い割合を占めるので、無駄に浪費しているような感覚でした。自分が旅行に行く間、部屋を他人に貸し出すことができれば、無駄な家賃を払う必要がなくなります。その分、旅行で滞在するホテルのグレードをワンランクあげることもできますし、より人生を楽しめるようになるでしょう。NOT A HOTELでは物件を利用しない日程があれば、3ヶ月前から自動的にホテルとして予約が開始されるので、オーナーの手間は一切かかりません。

地方の土地や住宅は資産価値が目減りしていくので、物件をホテルとして貸し出すことによる利益が価格下落の下支えになります。そういった意味では底抜けしにくい資産といえるでしょう。従来の不動産よりも優れた資産をデジタル化によってつくっていきたいと考えています。

——不動産業界はまったくの未経験とのことですが、NOT A HOTELのような大胆なビジネスを始めるにあたって不安はありませんでしたか?

ビジネスを始めた当初は、家をカートで販売することはもちろん、宮崎の青島や那須で高額な物件を建てても売れるはずはないと言われました。いずれも常識外の試みですし、業界にいたら絶対にやらなかったであろうサービスに挑戦していますが、それはある意味、私が素人だからできたのだと思います。

——NOT A HOTELに対して、業界内からはどのような反応がありましたか?

私たちの実験的なチャレンジに共感してくれた皆さまからは、おおむね好意的な反応です。老舗ホテルや大手のデベロッパーからも「NOT A HOTELと一緒に事業をやりたい」とお声がけをいただきました。福岡で進めている都市型コンドミニアムの「NOT A HOTEL FUKUOKA(仮称)」はフランチャイズで進めていて、デベロッパーは地元福岡の企業、NOT A HOTELがソフトウェアを提供しています。

銀行に融資を断られたことで生まれた、着工前販売というモデル

——これまでの不動産は買った瞬間から資産価値が下がる一方で、ローンを何十年も支払う必要がありました。対してNOT A HOTELでは、一つの物件のオーナーになれば今後新しくできる他の物件も利用できるようになると。時間の経過とともに価値が増してくるというサービスは画期的ですね。

NOT A HOTELの物件を持っていれば、他の施設も相互に利用できるのが特徴です。1棟購入なら365日分、シェア購入なら30日分、他の同ランクの物件を無料で利用できます。ランクが上の物件も、差額を払っていただければ利用可能です。

——購入と賃貸という選択肢しかなかった不動産の世界で、シェア購入の勝算はどのくらいありましたか?

シェア購入については、絶対売れるだろうと思って実施したわけではなく実験的にスタートさせたものです。プロダクトアウトなので、反応があって売れたら面白いなくらいに考えていました。実際に青島と那須の物件の反応を見て、非常に手ごたえを感じています。従来のホテルは建設計画を立てて銀行から融資を受けてから建設するのに対して、私たちは先に物件の販売をして売れたら建てて、使わないときはホテルとして第三者に貸し出すというビジネスモデルです。従来のホテルとは完全に逆であるため、現時点ではまだ物件を1棟も建てていません。

——着工前に販売をするというモデルは、物件を建設するための融資を銀行に断られたから生まれたものだと濱渦さんのnoteに書かれていましたが、当時の心境を教えてください。「これでいける!」という勝算があったのか、「もうこの方法しかない……」という苦肉の策だったのか。

両方ありましたね。従来のやり方を変えればいいというひらめきもあったし、この方法しかないという追い詰められたところもありました。不動産に詳しい知人に聞いてもそんなモデルは成り立たないよと言われたので、じゃあやってみようかと。

すべてをD2Cで完結させるので、ロビーも広告も不要

——NOT A HOTELの物件は宿泊手続きがすべてオンラインで完了するため、ロビーのような共有部がないというのも新しい視点ですね。

もちろん物件の規模によっては、必要最低限でロビーのような場所はあってもいいかと思います。そもそも、ロビーが豪華な理由は受付に時間がかかるから、その間は宿泊者が満足するように豪華な空間になっているわけです。けれども、代わりに客室が狭くなるという矛盾を抱えている。宿泊者を待たせなければロビーは不要です。ロビーがなければその分部屋を広くできるわけですが、この当たり前のことを誰もやろうとしてこなかった。販売コストを省くために、広告も一切出していません。余計な広告費をかけず販売するためのD2Cモデルです。

——青島は宮崎空港から15分、那須も都心から90分とアクセスに優れています。そういった、場所の魅力を再発見するというコンセプトはあるのでしょうか?

そうですね。それが一つの裏テーマになっています。宮崎は私の地元ですし、那須は軽井沢ほどのブランド力はないけれども、東京からの距離を考えれば同じくらいのポテンシャルを感じます。国内にはまだ多くの人に知られていない場所がたくさんあるので、これからも開拓していきます。日本の宝物を探すような感覚で、日々とても楽しいですね。

ロケーションもそうですが、もう一つのこだわりは物件のクリエイティブです。私たちの考えるラグジュアリーの定義は「豪華」ではなくて「上質」です。煌びやかさよりも、本物の素材を使うことにこだわっています。私自身も数々のホテルを利用してきたし、建築好きでアンティークの家具をコレクションしています。どんな建築家やクリエイターを起用するかについては、完全に私の趣味が反映されています。

各地にNOT A HOTELをつくり、移動が当たり前の世界に変えていく

——先ほど、老舗ホテルや大手のデベロッパーからも声がかかるとのことでしたが、既存の不動産業界に対してNOT A HOTELはどのような価値を提供できるのでしょうか?

コロナ禍の影響で、ホテルや旅館のバランスシートは負債が膨れ上がっています。そこでホテル全体を売却するのではなくて、例えば空いている敷地にNOT A HOTELを建てれば販売益で負債を減らすことができます。オーナーが使わないときは、ホテルの客室としても利用できるので、投資を最小限に抑えた施策が可能になります。

——最後に、今後の展望を教えてください。

一人ひとりの人生を楽しくすること、世界を楽しくすることが私たちのビジョンです。不動産に縛られることなく移動できる世界に変えて、人々のクリエイティビティを刺激するプラットフォームをつくっていきます。

NOT A HOTELなら生活の拠点を多地域に持つことができます。さらに、自分が購入した以外の物件も利用できるので、今後新しい物件が建つにつれてオーナーの拠点が各地に増えることになります。現在は青島と那須の物件を販売中ですが、今後は福岡を皮切りに各地に物件を増やしていきます。価格もシェア購入で1,000万円以下の物件を増やし、乗用車一台の価格で年間30日のホテル暮らしができるようにします。2025年までに30ヵ所の拠点をつくることが目標です。
濵渦 伸次
NOT A HOTEL株式会社 代表取締役

1983年生まれ、宮崎県出身。国立都城高専電気工学科卒業後、2007年に株式会社アラタナを地元宮崎で設立、SaaS型 Eコマースプラットフォームを展開。2015年に株式会社ZOZOに売却、ZOZOグループに参画。同グループの技術開発を担う株式会社ZOZOテクノロジーズの取締役を兼任後、2020年3月に退任。2020年4月1日、NOT A HOTEL株式会社を設立。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。