トップインタビュー

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

Vitalityのフラッグシップとして、銀座の中心から情報発信を

田中:本日はお招きいただき、ありがとうございます。すごい店舗を作られましたね。

高田:はい、健康増進型保険「Vitality」の銀座Flagship店ということで、日本で一番ロケーションのいい銀座4丁目の交差点、和光を目の前にこれから情報発信をしていきたいと思っており、まずはぜひ田中先生にご体感いただきたいと思っております。

田中:まずお邪魔してびっくりしたのが、このロケーションです。日本のど真ん中であり、一番地価が高い場所ですよね。和光や銀座三越が目の前にあり、ビルの一階は日産のショールームです。

高田:そうですね。Vitalityの発売から3年が経ちましたが、これからはキャズムをいかに乗り越えるかが課題になります。そこでより多くの皆さまにVitalityを知っていただくために、ここ銀座4丁目交差点からVitality、さらにはデジタルを活用した日本全体の健康増進について、情報発信をしていきたいと思っております。

田中:それにしても、かなり思い切った投資だったのではないかと想像します。まずは改めて、正式な店名を教えていただけますか?

高田:「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」と申します。ただ単に銀座店ということではなく、Vitalityの情報発信を行っていくフラッグシップ店にしていこうという想いを込めて名付けた店名です。

田中:なるほど。それでは早速、店内をご案内いただけますか?

高田:はい。まず入店して正面に見えるのがメッセージボードです。このディスプレイを使って、Vitalityについてのさまざまな情報をご案内しています。正時(毎時00分00秒)には和光の時計台の鐘の音に合わせて、時刻が表示されるようにもなっていますので、銀座を感じていただくツールでもあるのかなと思っております。

田中:ディスプレイに「TOUCH!」と表示されていますね。

高田:ぜひ触ってみてください。まず「特設サイト」をご覧いただければ、Vitalityとはどういうものなのかをご理解いただけるはずです。それから「銀座シミュレーション」では、もう少し感覚的にVitalityを知っていただくためのコンテンツを用意しております。例えば先生は、一日にどれくらい野菜を摂っていらっしゃいますか?

田中:最近、あまり摂れていないですね。

高田:こういった質問をさせていただき、それに対して「一日の摂取量の目安は350gですよ」といったアドバイスをさせていただくコンテンツです。他には、一駅分歩くとこれくらいの減量ができますよ、といった情報をお伝えするなど、健康を意識した生活とはどのようなものなのかをシミュレーションしていただこうという狙いです。

田中:高田社長、まず私が驚いたのは、今のところ保険に関するお話が全く出てきていないことです。ここは保険を販売する店舗ではないのですか?

高田:そうですね。保険については私どもの保険ショップ、銀行などでご加入いただけますので、銀座Flagship店はVitalityの理念や、そもそも健康とは何かということを、皆さんに体感していだだく場所にしたいと考えています。いわば、「保険を売らない保険ショップ」です。

事実上の「デジタル通貨」、Vitalityコインも実装済み

田中:それでは、具体的に「保険を売らない」代わりに、ここではどんな体験ができるのでしょうか?

高田:Vitalityでは、いろいろな「楽しさ」をリワード(特典)という形でお届けしていますので、それを体験していただくことが中心になっています。例えばその一つが、ここに並んでいるウェアラブルデバイスです。普通の街の時計屋では、こういったウェアラブルデバイスはなかなか置いていないんですよね。Apple Watchもありますし、もう少し簡易なエントリーモデルも揃えています。これらを実際に装着し、体感していだくためのスペースとなっております。

田中:これらのウェアラブルデバイスは、すべてVitalityと連動して、健康に関するデータを集めているのですよね。

高田:おっしゃる通りです。ちなみにVitalityにご加入いただきますと、Apple Watchに加えて、Garmin、Polarなどのウェアラブルデバイスを、非常に割安でお求めいただけるようになっています。

田中:そうなんですね。ちなみにこちらに「Apple Watchを購入して運動すると、24か月間で最大24,000円分のVitalityコインを獲得できます」と書いてありますが、このVitalityコインとは何でしょうか?

高田:Vitalityコインは、「1コイン=1円分」として所定の電子マネーギフトなどに交換できる、当社独自のポイント※1のことです。VitalityコインはVitalityでさまざまな健康増進活動に取り組むことで得ることができます。

※1 Vitalityコインとは所定の電子マネー・ギフト等に交換できる、住友生命が独自に発行・管理する仕組みです。

田中:事実上のデジタル通貨を既に始められているわけですね。

高田:はい。さまざまなキャッシュバックも、すべてVitalityコインで対応しています。

ポケモンGOとも提携。「リワード」という仕掛けで運動を楽しく習慣化

高田:こちらではVitalityを通じて得られる、さまざまなリワードをご紹介しています。

田中:こんなにもたくさんのリワードが用意されているのですね。

高田:健康への取り組みというのは、楽しくないとなかなか継続できませんからね。

田中:こちらはHotels.comですね。

高田:はい。オンライン宿泊予約が、最大40%オフとなるリワードです。

田中:割引が40%も。こちらマーソのリワードはどのような内容ですか?

高田:マーソは、人間ドックや各種検診の予約ポータルサイトを運営されている企業です。Vitalityに加入すると、大変お得な価格で予約できるようになっています。

田中:皆さんよくご存じのオイシックスやイオン、それからスポーツジムを運営するティップネスや、ルネサンスといった企業とも提携されているのですね。

高田:他にもローソンやスターバックス、それから最近ではポケモンGOとの提携もスタートしました。

田中:ポケモンGOとの提携というのは、どのようなものですか?

高田:楽しんで歩く習慣をつけるという意味では、ポケモンGOは非常に優れたサービスですが、Vitalityとあわせてご利用いただくことで、さらに目標を持って歩くことができると考えています。そこでVitalityご加入者様が手に入れられるリワードを、ポケモンGOゲーム内でご用意しています。

田中:Vitalityの特典が、ゲーム内でも得られるわけですね。

高田:そうですね。ポケモンGOをはじめ、楽しく運動するための取り組みを進めている事業者と提携することで、運動の習慣化を後押ししていければと考えています。

田中:素晴らしいですね。外出時はデバイスで健康管理をして、それによって得たリワードで息抜きができる。リワード※2が運動習慣をつけるお手伝いになっているのですね。確かに、こういう特典があれば運動が楽しく、習慣化できそうです。

※2 特典(リワード)内容などの詳細は住友生命HPからVitalityスペシャルサイトをご確認ください。

高田:運動習慣のある方は、人口の2割から3割と言われています。残りの方が運動するきっかけを作ったり、それを継続していただくためには何らかの仕掛けが必要になるはずです。Vitalityのリワードもそうした仕掛けの一つになればと思っています。

田中:すでにVitalityを利用されている方も大勢いるわけですが、実際にVitalityを使うことで運動習慣がついた、それによって健康状態が改善したといったデータもあるのでしょうか?

高田:はい。おかげさまで現在は約80万名のご加入者様がいらっしゃいますが、習慣的に運動する方が増えたことはデータからも明らかです。それによって血圧が下がるなど、健康データも改善しています。ご加入者様へのアンケートでは、「毎日が楽しくなった」「家族の会話が増えた」「健康に親しみやすくなった」といったご好評の声もいただいています。

田中:まさに「あなたの未来を強くする」というブランドミッションを、Vitalityで実現しているわけですね。

リアルなスポーツイベントも。健康を体感できるスペースへ

高田:こちらのタブレットではVitalityのアプリを実際に体験していただけます。例えば、リワードを獲得すると表示される画面等を見ることで、Vitalityをどのように使えばいいのかを、お客さまが具体的にイメージできるようにしています。

田中:なるほど。ありがとうございます。

高田:店内にはお客さまとの商談スペースも設けています。それからフロア全体をイベントスペースとして使うこともできますので、まさに和光の時計台をバックにさまざまなイベントを実施していこうと思っております。

田中:そうなんですね。では最後に、せっかくなので日本一のベランダもご案内いただきましょう。すごいですね。左には和光の時計台が見え、右には銀座三越があります。

高田:この交差点は、日本一地価が高いことで有名です。そして銀座のシンボルともいえる和光と銀座三越ということで、まさに「ブランド」のメッカから、Vitalityに関するさまざまな情報を発信し、Vitalityのブランドを築いていこうと思っています。

田中:ちなみにこのベランダ、すごくリッチなスペースですが、どのようにお使いになられるのでしょうか?

高田:商談スペースにもなりますし、例えばヨガ教室などの、さまざまな運動イベントを開催する際のスペースの一部にもできます。そうすると通りを歩いている皆さまにもご注目いただけると思います。現在はコロナ禍ということで集客イベントは中止していますが、いずれはそういった形でも活用できればと考えています。

田中:そうですか。ぜひ私のビジネススクールの授業にもお貸しいただければ(笑)。

高田:ぜひ!先生の授業を、ここ銀座で行っていただければ、私としても幸いです。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。