AI活用

コロナ禍で見直されたデータの有効性。データ活用の専門家が分析・予測する、これからの時代のデータ×AIのあり方とは

新型コロナウイルス感染症の流行を食い止めるため、各国の政府も国民もさまざまな対策を講じてきました。その判断のもとになったのは、感染者数の動向や感染経路といったデータです。とくに日本においてはプライバシーの問題で進まなかったデータ活用ですが、今改めてその有効性が見直されつつあります。

2020年7月14日、ボストンに本社を構えるDataRobotは、様々な分野のイノベーターやオピニオンリーダーによるAIの実践的なノウハウや先進事例が体験できるプライベートカンファレンス『DataRobot AI Experience Virtual Conference』を開催しました。そこで「With コロナはデータ×AIでどう変わるのか?」をテーマにパネルディスカッションを実施。

パネラーは、株式会社SIGNATE代表取締役社長の齊藤 秀と株式会社Agoopにて取締役兼CTOを務める加藤 有祐氏で、司会進行はDataRobotでチーフデータサイエンティストを務めるシバタ アキラ氏。コロナは社会にどのような影響を与え、データ×AI領域はこれからどうなるのか。3人で語り合いました。

ざっくりまとめ

-コロナをきっかけにデータが表に出ることが多くなり、データを活用して意思決定する人が増えた。
-創薬などの領域をはじめ、AIやデータ活用は世界規模で加速しており、人類は新しい技術をリアルタイムで試しながら構築している。
-データの有効性が見直され、データ活用のハードルが下がってきている。
-今後、データ×AIは災害対策をはじめ、さまざまな場面での意思決定をサポートする役割として重要になる可能性がある。

表に出るデータが多くなり、それを元に意思決定する人が増えた

シバタ:まずはゲストの方々、自己紹介からお願いします。

加藤:株式会社AgoopでCTOを務めております加藤と申します。Agoop社は、同意を得られているスマートフォンのGPSを活用して人の増減や旅行者の動きなどのデータを集め、リアルタイムな人流データを作成しています。位置情報以外の個人情報は収集しない、セキュリティ対策を徹底するなど、安全第一でサービス運営を行っています。
例えば最近は、政府が発表している駅や観光地の人の増減について、その元データの提供を行っています。他にも我々のデータを注目いただく機会は非常に増えていて、テレビを中心に268を超えるメディアで活用されています。人流データはこれまで、なかなか表に出るものではなかっただけに、この数には私も驚いています。

我々が提供する人流データはコロナ禍で大きく2つの価値に貢献していると考えています。まず一つは国や自治体が実施した施策や意思決定の効果を測れるようにしたこと。もう一つは国民が「自粛しているのが自分だけではない」と感じられるようになったことです。実際に数字で「80%以上人が減りました」などと示すことで、共通のゴールに向かってみんなで頑張っているのだという一体感が生まれたのではと思っています。

シバタ:今回のコロナではデータが表に出ることが多くなっているように思います。たくさんの人が毎日のように数字を見ながら社会の動向を推し量っています。データ活用をそれぞれの人がしていたのかなと思います。

人類は新しい技術を、リアルタイムで試しながら生み出している

シバタ:次は齊藤さん、自己紹介をお願いします。

齊藤:株式会社SIGNATE代表取締役社長の齊藤と申します。現在はAIを扱うスタートアップ企業の経営をしていますが、研究者としてライフサイエンス系の研究に携わっていた経験もあり、現在も国立がん研究センターに客員研究員として所属しています。
齊藤:SIGNATEではAIの精度を競い合う、コンペティションプラットフォームを運営しており、民間企業がビッグデータやAIに関する課題を解決するサポートをしています。アメリカでは「Kaggle」というサービスが非常に有名ですが、その日本版のような形です。現在は3万人以上の機械学習の専門家にご登録いただいています。データサイエンティストなどのネットワークを活用し、人材不足に悩む企業の採用や育成の支援も行っています。
齊藤:最近は、コロナに対してITやデータサイエンスの技術を用いて何かできないかと思い「SIGNATE COVID19 challenge」というプロジェクトを始めました。

データの収集・分析を通じて、コロナの実態把握を行なったり、今後の感染者数の推移がどうなるか予測を行うことで、コロナに関する理解を深め、自身の安全に気をつけることにつなげることが目的です。

SIGNATE COVID19 challengeは大きくは3つのフェーズに分かれていて、まず最初にデータを収集するフェーズがあります。実際にやってみて、改めて国内のデータの手に入りづらさを感じました。各自治体によって配信のフォーマットが違い、FAXなどの書類を画像として掲載していたり、pdf等のデータ化しにくい形式のデータも多かったのです。そこでまずは有志で手分けし、人海戦術でデータを片っ端から集めました。
ある程度データがたまってからはフェーズ2の分析に入りました。クラスターの状況、性別や年代によるリスクや症状の違いなど、実感しづらいコロナの特性を分析しました。さらにフェーズ3では、AIを活用して2週間単位で先の感染者数の見通しを予測するチャレンジを実施しています。

現時点では、データの収集により日本最大規模のデータセットの構築ができている状況です。今後はただデータをまとめるだけでなく、分析しやすい形への整理を進めたいと考えています。

これまでの分析結果から、男性の方が、リスクが高かったり、高齢になるほど重症化のリスクが上がることが統計学的に分かってきています。また、クラスター発生の推移や職業による感染リスクの違いなども明らかになってきています。

予測に関してはチャレンジングなテーマではありますが、それなりに精度の高いものが出せることが分かってきています。緊急事態宣言の解除のタイミングもAIによる先読みで的中させることができました。

AIやデータ活用については、世界規模で加速していると思っています。創薬やサイエンスの領域ではスーパーコンピューターを使って異例のスピードで研究が進んでいます。また、感染ルートを割り出すための人々の渡航状況の分析も最新テクノロジーによりスピーディーな分析が行われています。人類はコロナにやられっぱなしではなく、新しい技術をリアルタイムで試しながら構築している状況です。

シバタ:ありがとうございます。私も自己紹介をさせていただきます。実は私も研究者で主に物理分野を専門にしていました。その後ビジネスの世界に飛び込み、コンサルティング職や起業を経験しました。当時はAIが流行しだした時期でしたので、情報収集の分野にAIの技術を活用できないかと考え、アプリの開発も行っていました。現在は、DataRobot社でチーフサイエンティストを務め、機械学習を普及させる活動をしています。

パンデミックを逆手にとり、社会をよくするきっかけに

シバタ:お2人とも今の時代を切り取る、非常にタイムリーな活動に取り組まれています。それぞれの活動の中での学びや気づきを教えてください。

齊藤:データの重要性が、ここにきて認知されるようになってきていると感じています。感染症の対策には治療薬やワクチンも大事ですが、それ以上にコロナについてよく知って、自分の行動を変えることが求められるようになり、データに基づく意思決定の重要性に関して、人々の意識が変わっているからです。

日本は、アメリカや中国に比べてプライバシーを重視し、データ活用に保守的なスタンスをとっています。確かにプライバシーを守ることも重要ですが、有事の際のデータ活用については議論すべきです。三密に気をつけましょうと言われるだけでは、実際のところ何を避けるべきなのかわかりません。データを活用し、俯瞰して何が起きているのかを見ることで具体的な行動が分かります。

これからもパンデミックや天災など、地球や社会全体を巻き込む出来事は起こりえます。人類からすると脅威ですがそれを逆手にとって前向きに捉え、社会をより良くするきっかけにするのが大事だと思います。

シバタ:SIGNATE COVID19 challengeで、フェーズ1としてデータ収集に力を入れていたのも、社会をよくしたいという課題意識からなのでしょうか?

齊藤:そうですね。実は私自身は、このプロジェクトですぐに有効な対策手段が見つかるとは考えていませんでした。プロジェクトを進める過程で課題や気付きがあること、後から振り返ったときに、どうのようなデータ活用が有効であるかの議論につながればと思っていました。

シバタ:なるほど。答えがわからないからこそチャレンジする。とくにデータは見ただけでは、その価値はわかりません。使う用途や、使う人によって、その価値は変わるからです。チャレンジすることへのハードルを下げることはデータから価値を生むために大事だと思います。加藤さんから見て、このポイントに関してはいかがでしょうか?

加藤:大きく2点あります。まず1点目はプライバシーの問題です。コロナ前はデータ活用に対して「プライバシー的には大丈夫?」と否定的な意見が出ることが多かったです。それが現在は、プライバシーと価値のバランスが見直されるようになっています。この変化はビックデータ活用においては大きなポイントになると思っていて、この風潮を広めるためにはまだ解決すべき課題がありそうだと思っています。

2点目はデータ提供体制です。今のところ突然明日からビッグデータを活用してくださいと言われてもできる会社は少ないと思います。我々はデータ処理をほぼ自動化しているため、データ抽出条件等の調整等は必要なものの、今回のコロナ対応にも迅速に対応することができました。普段からの準備がビッグデータ活用には重要だと感じています。

データ活用はますます加速し、多くの人にとって身近な存在になる

シバタ:おっしゃる通り、コロナがあったからこそ変わったこと、できるようになったことも多いのだと思います。齊藤さんはどのように感じますか?

齊藤:加藤さんがおっしゃたように、みんな共通の脅威ができたことによって、データを使おうというマインドセットが生まれたと思います。これまでは「価値が生まれるかどうかわからないのにデータを取られるのは気持ち悪い」というのが人間的な心理でした。しかし今、データ活用の意義はみんなわかってきています。

そうなるとデータによってどう価値を生むのかをデザインすることが大事になってくるのだと思います。そのデザインに納得感があればプライバシーの問題もクリアできるはずです。

また、データ活用に誰しもがチャレンジできる環境作りも加速するのではと考えています。我々は運営するプラットフォームの会員3万人で課題に対してアプローチしました。その結果、専門家でなくても社会を変えられると分かりましたので、それをぜひ多くの人達に分かってもらいたいなと思っています。

さらに、AIがスムーズに学習でき、新しい技術をドライブするためには、データの整備は今後キーになるのではとも思います。

シバタ:今回の社会変化を受け、Agoop社で方針転換などはありましたか?

加藤:データをいかに意味のある形で見せるのかを改めて大事にするようになりました。元となるデータは同じでも可視化の仕方や意味づけの方法を工夫することでその価値が何倍にもなるからです。

「テクノロジーはあるが価値が出せない」というジレンマがなくなる

シバタ:今後も働き方や生活習慣など様々な変化が起こると考えられます。先の見通しが立ちづらいなかではありますが、データやAIの活用は今後どうなっていくとお考えでしょうか?

齊藤:これまでも政府を含め多くの有識者が、サイバーとフィジカルが融合する社会が訪れると言っていました。しかし実感が持てない人も多かったのだと思います。それが、強制的にオンライン上の活動に切り替わったことで、たくさんの人がこれから訪れる新しい社会の片鱗を感じられたのだと思います。

そうなるとAIの利用が加速するのは間違いないと思います。とくにこれから先、人口が減少する日本では効率化のためのテクノロジーは必須です。

個人的には、ようやく我々が実現したいことに取り組める環境が揃ってきたと思っています。これまでの「テクノロジーがあっても価値を出し切れない」という状態が解消されていくのではと思います。

加藤:私も同意見です。歴史を振り返ってもパンデミック後は大きな社会変化が起こっています。ペストが流行した後は中世の終わりと称されるほど社会は大きく変化しました。

コロナで言うと、例えば災害対策のあり方一つとっても、過去の経験や勘を元にしたハザードマップは使えなくなってきています。そんな状況を踏まえ、我々は人流データを活用し異常が検知された場所がリアルタイムで分かるシステム作りに取り組んでいます。このシステムを自治体の方々に使ってもらえば、初動までの時間はぐっと短くなると思います。また、より少ない人数でも災害に対応できるようになるでしょう。データ×AIは意思決定のサポートにおいては確実に必要になってくると確信しています。

シバタ:ありがとうございます。私自身も、解決が難しかった世の中の問題へチャレンジする、という姿勢が強まっていると感じています。そんな環境を活かし、新しい技術の開発に世の中全体で取り組んで行ければいいなと、お2人のお話をうかがいながら感じました。最後にお2人から何か一言あればお願いします。

齊藤:今は社会にどのように価値を出すのかに向き合う時期だと思います。セッションをご覧いただいた、データをお持ちだったり、さまざまなプロジェクトに関わっている方と一緒に、何か新しい価値を生み出していけるとうれしいですね。

加藤:そうですね。データは大切なものですので、お預かりしている以上その価値を何倍にもして返していきたいと思っています。セッションをご覧いただいた方々も人々の変化について気になることがあれば是非一度お話しさせていただき、少しでも貢献できればと思います。

シバタ:改めまして本日はお2人ともありがとうございました。

齊藤加藤:ありがとうございました。

人気記事

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

2020年7月、日本企業および日本社会におけるデジタルシフトの重要性と緊急性をいち早く捉え、社名変更によって「まずは自らが変わる」という大きな決断と意思を示したデジタルホールディングス。コロナ禍によりDXという言葉が世の中に浸透し、各企業がこぞって取り組みを進める中、彼らは企業単体のDXだけではなく、産業変革=IX(Industrial Transformation)を起こしていくという新たな構想を打ち出している。IXとは何を意味するのか。IXによって社会はどのように変わっていくのか。本来の意味でのDXが日本で進んでいない要因とIXへの想いについて、グループCEO野内 敦氏にお話を伺いました。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。