DX戦略

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

倉庫会社の中では異例とも言えるスタイリッシュなコーポレートサイトを持つ寺田倉庫株式会社。アートやワイン、建築模型など、取り扱うサービスも従来の倉庫事業の枠を超えるものだ。なかでも、誰でも自分の倉庫が持て、いつでも引き出し可能なwebサービス「minikura(ミニクラ)」はいまや寺田倉庫を代表するサービスの一つになっている。ほんの数年前まで従来のトランクルームや物流サービスを主軸としていた寺田倉庫が、デジタル変革を遂げ、リブランディングを成し遂げた経緯について、変革の一翼を担った専務執行役員の月森正憲氏に話を伺った。

倉庫事業をデジタルシフト「minikura」誕生の理由

ーーはじめに、現在の事業内容を教えて下さい。

現在は「モノを最適な空間で最適なお取扱いをする」を軸に、多岐にわたるサービスを展開しています。

toCではワインやアートなど、繊細ゆえに品質維持に専門技術が必要な商材を管理するサービスや、ダンボール単位で個人の持ち物を預けることができ、Web上のマイページでいつでも確認、出し入れできる「minikura」の運営を主に行っています。minikuraは2012年のリリース以来、売上もユーザー数も毎年20%ずつ伸びており、事業の柱の一つとして成長してきています。

また、toBではこれまで蓄積した、最適な保管環境を構築するノウハウを活かし、情報資産である映像・音声メディアや文書などのマテリアル保管のほか、メディアデータ管理システムの運営などをしています。

おそらく倉庫会社と聞いて一般の方がイメージされるような事業内容ではないと思います。ただ、寺田倉庫も元々は物流倉庫の運営など代表的な倉庫事業の提供をメインで行っていました。そんな方針から大きくシフトしたのはここ8年ほどのことでした。
ーーデジタルを活用した事業を展開するに至ったのはどのような経緯からでしょうか。

1950年創業の当社は、お米の保管を行う事業からスタートしました。そこから物流やトランクルーム事業を展開し、トランクルームといえば寺田倉庫と言われるまでになり、順調に売上を築いていました。当時は会社としても既存のトランクルーム事業の拡大路線で売上を拡大していくつもりでした。

その方向性に危機感を覚え出したのが2010年頃で、きっかけになったのは不動産業界がトランクルーム事業に参入しはじめたことでした。優良な場所や土地など物件開発の面では勝負できず、このままではどんどんシェアを奪われてしまう。かといって営業に力を入れても価格競争になるだけ。このまま同じ畑で勝負し続けることに限界を感じ、一旦事業の見直しをすることにしたんです。

不動産会社にはない自社の強みは何なのか考えた末、モノを預かり「管理」することだと思い至りました。場所の提供や契約はできても、預かった物品を正確に、適切に取り扱い、管理することは倉庫業しかできません。そこで次世代のトランクルームを目指し、デジタル技術を活用しつつ個人向けの新しい物品管理サービスを提供できないかと始まったのがminikuraでした。

デジタル化とリブランディングの変革期はそこからです。minikuraは順調に成長し、現在では法人向けにminikuraのAPIを活用した物流プラットフォームの開発・提供まで幅が広がっています。

事業部の半数がIT人材に

ーー新規サービスminikuraの開発プロジェクトはどのようにして立ち上がったのですか。

これしかないと思い、提案したのがきっかけでした。私はもともと物流関連の部署にいて、法人向け物流サービスで培ったノウハウが自社に蓄積されていることを肌で感じていました。そんな中で、利用者を法人から個人に変えることができれば新たな市場の開拓にもなるし、自社の強みも活かせるのではと思いました。

ーー新規事業を軌道に乗せるため、具体的にどのような行動を起こされたのでしょうか。

大きく三つのことを行いました。まず一つ目はプレスリリースを定期的に打ち続けること。具体的には、minikuraのローンチを皮切りに毎月何らかのプレスリリースを常に発信し続けました。

実は、日本の倉庫会社のオペレーションは世界一ともいえるレベルです。紛失や盗難も少なく、丁寧で安全性が非常に高い。しかしそのレベルの高さに対して業界では「できて当たり前のこと」であるため、あえて外に向けてアピールするものではないというのが従前の認識でした。保守的な業界ですし、自社オペレーションの良さを公表することに抵抗感を持つ社員も多かったです。

最初のプレスリリース内容を考える際には私も、わざわざこんなこと書く必要があるのかと懸念していましたね。しかしふたを開けてみると、「預けられた箱は中身を一点一点確認し安全に管理する」など我々にとって当たり前のことがものすごく評価されたんです。これにはとても驚かされました。今まで普通にやっていたオペレーションの内容を改めて解説することが、消費者に響く結果に繋がったんです。対外的に評価されたことで社内の空気も一気に変わり、改革の自信へと繋がりましたね。
世間へ発信する大切さに気付かされ、その後は必ず定期的にプレスリリースを打つようになりました。共感され評価される部分とそうではない部分を、客観的に知ることができるのもメリットに感じています。

二つ目はIT人材の拡充です。プロジェクト開始当初は担当が数名しかおらず、IT人材もいませんでした。商品設計書や業務フローをひたすらまとめて、その内容を外部の開発会社に協力してもらいながら進めていくという状態でした。

しかし、それではどうしてもスピード感を出すことができないんです。ユーザーの意見や情報を基にフロントエンドの細かい調整をしたり、トライ&エラーで新しい施策にチャレンジしたりするためには、内製化の必要性を強く感じました。

最適な人材を採用するため、プレスリリースやイベントで認知を広げ、テックキャンプやプログラミングスクールなどに登壇し、事業内容のアピールを積極的に行いました。ポテンシャルが高く、比較的若い層を集める一方で、プロフェッショナル採用枠を設け、技術力の確かなベテラン層も受け入れられる体勢を整えました。一気に採用できたわけではありませんでしたが、徐々に人材の数を増やし、その結果、現在はminikura事業部に所属する社員の半数がここ数年に新規入社したIT人材になっています。

当社に新しくジョインした社員たちのほとんどは、倉庫会社で働いているというイメージは持っておらず、アートやワイン、minikuraなど、寺田倉庫の新しい側面に惹かれたケースも多いのではと思います。

三つ目はスピーディーな意思決定とアクションです。近年、テクノロジーの進化に伴って世の中がめまぐるしいスピードで変化しています。そのため、こちらも機敏に変化していかなければユーザーの求めるサービスの提供ができないと思っています。

時間をかけて大規模な開発を行うよりも、小さくても良いのでとにかく早くサービスを始め、その上でアップデートを重ねることを心がけました。その結果、minikuraは構想から1年でサービス提供を開始し、その1年後には倉庫システムのAPI化を実現しました。さらにスタートアップ企業を含む様々な企業と協力し、新規事業の創出をいくつも行いました。同時に、コーポレートブランディングの見直しにも取り組み、前述の通り募集人材の抜本的な改革も実現しました。

minikura事業を通じてIT界隈のベンチャー企業の方々と交流するようになり、彼らの意思決定のスピードを間近で見てからは、より一層スピード感をあげないと、と意識しています。
▲あずけられた品を一点一点写真で撮影し、管理している

▲あずけられた品を一点一点写真で撮影し、管理している

デジタルシフトで裏舞台から表舞台に

ーー最後に、今後の展望を教えて下さい。

minikuraとしては、感動No.1のサービスに成長させることが最優先ですが、思い立ったらすぐにモノを預けられる世界の実現はできつつあるので、その先のフェーズに挑戦したいと考えています。具体的にはモノを預かった「後」に着目し、ユーザーにより価値を感じてもらえる機能を拡充していきたいと思っています。

例えば長期間預かっている物をレンタルできるようにしたり、不要品をそのままフリマで売れるような仕組みにしたり。また、24時間好きな時に出し入れができるサービスにすれば、よりローカライズされたロジスティクスが構築できるようになるかもしれません。

会社全体としては、今後も倉庫事業の枠に留まらずスタートアップやベンチャー企業と手を組んで様々な事業を展開していきたいです。彼らは組織として小回りがきくため、大手よりスピーディーに事を進められ、その意思決定の速さには刺激がもらえます。また、ユーザー目線に寄り添った新しいサービス開発の姿勢には多くのことが学べます。

APIの提供とほんの少し背中を押してあげるぐらいの出資ですが、これまで7社ほど支援させていただきました。単なる送客ではなく、一緒にビジネスを作っていく関係性が理想ですね。

また、寺田倉庫として展開しているカルチャー事業についても、国内にとどまらずグローバルな展開をしていきたいです。当社には、時代を超えて価値あるものを受け継いでいくといった理念があります。それに基づいて、近年は希少な伝統画材を取り扱うショップや、建築模型専門のミュージアムなど、継承が難しい技術や素材を途絶えさせずに守り伝えていく事業を展開しています。そういった取り組みを今後は海外でも発信していきたいと考えています。

今後もモノをお預かりする技術にテクノロジーを組み合わせることで生活を改新させ、ユーザーの価値となるサービスを生み出し続けていければと考えています。

自社では当たり前だと思っている技術も実は当たり前でなく、活かし方やアピールの仕方次第では、世の中を変える可能性は大いにあると思っています。その手段の一つとしてデジタルシフトは有効です。我々のように普通は表舞台に出ない、陰ながら企業やユーザーを支えてきた業界でも、やり方次第では表舞台で輝けるチャンスです。既存の枠にとらわれず、これからも新しい世界を作っていければと思います。

プロフィール

月森 正憲(Masanori Tsukimori)
寺田倉庫株式会社 専務執行役員 minikura担当
1998年寺田倉庫入社。倉庫現場にて実際にフォークリフトを運転したりと倉庫内の管理・運営業務に10年間従事。その後、営業として4年間勤め、新規事業開発の担当へ。2012年に、預けた荷物をWeb上で管理できる収納サービス「minikura」を個人ユーザー向けにリリース。その翌年には、収納・管理システムをAPI化し様々な企業と共同で新規事業の立ち上げを行なっている。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝の考える顧客中心主義とは? 東芝の技術はカーボンニュートラルにどう寄与するのか? 島田社長が抱くビジョンに迫ります。 後編は東芝の「人と、地球の、明日のために。」という企業理念に込められた思い、島田社長の考えるリスキリングのあり方、量子コンピュータの持つ可能性などについてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。