DX戦略

IT人材50万人不足の衝撃。今こそ求められるDX・AI人材の育成戦略とは?

「Society5.0」の実現に向け、「企業は、働き方は、暮らしは、どう変わるのか?」をテーマに、デジタルホールディングスが開催したビジネスカンファレンス「Digital Shift Summit」。3日目のKeynote Sessionのテーマは、「我が国のデジタル化・DX化の核となるAI人材」「日本最大AI人材プラットフォームSIGNATEによる社会変革」。経済産業省の田辺 雄史課長、株式会社SIGNATE 代表取締役社長の齊藤 秀氏が登壇しました。「人材育成」をキーワードに展開された、Keynote Sessionの様子をレポートします。

Society5.0は「顧客」を「個客」に変える

齊藤:モデレーターを務めさせていただきます、株式会社SIGNATEの齊藤秀です。本日まずご登壇いただくのは、経済産業省 商務情報政策局 情報技術利⽤促進課 課⻑ 田辺 雄史様です。「Society5.0」の実現に向けて、国家戦略としてどのようにDX・AI人材の育成に向き合っているのか。そのあたりの貴重なお話が伺えると思います。
田辺:皆さん、こんにちは。本日は「我が国のデジタル化・DX化の核となるAI人材」をテーマにお話できればと思います。まずは「Society5.0」の実現によって、ビジネスシーンがどのように変化するのか、を整理することから始めたいと思います。

まず一つ目のポイントは、「人が介在せずに処理できる」ということです。ほとんどの処理を、コンピューターが裏側で担えるようになる。飲食店で考えると分かりやすいでしょう。チャットボットが予約を担い、決済はキャッシュレス。従業員はそれらの管理をタブレット一つで行う。そんなイメージです。

「専用機が不要になる」ということもポイントです。クラウド上の仮想化されたアーキテクチャを利用することで、通常のノートパソコンからでも実行できるようになるでしょう。つまり、あらゆるサービスがハードウェアに依存しなくなるということを意味し、「ソフトウェア・ファースト」とも呼ばれる考え方です。ものづくりにおいても、この考え方を前提としたビジネスモデルが必要になるでしょう。

「トレーサビリティ確保・可視化」も大切なポイントです。これはサービスがユーザーに届くまでの途中経過に介入できるようになる、ということを意味しています。究極的には、提供するサービスをユーザーごとにカスタマイズできるようになる。個別のユーザーが欲しいと思うサービスを、そのまま提供できるようになるイメージです。
ここまでを踏まえると、「Society5.0」時代のビジネスは「顧客価値の最大化」であると、まとめることができます。「顧客」は「個客」と言い換えてもいいでしょう。それくらい「それぞれのお客様に提供する価値を、いかに最大化するか」が、これからのビジネスの主戦場となるはずです。DXとは、そのための手段にほかなりません。DXにもさまざまな定義がありますが、私自身はDXを「データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、競争優位性を確立すること」と位置づけています。

さらにデジタル変革後の社会においては、大企業が牽引しながら、関連する中小企業が下支えするという多重下請構造が壊れていくだろうと考えてられています。今後は、さまざまな業界・企業が相互にそれぞれの強み同士を組み合わせて、新しい価値を提供していく形に変化していくだろうと考えられます。このような変革のためには、「事業変革パートナー」や「DX技術の提供」「プラットフォームの提供」および、新ビジネスの創造が必要になっていくと思われます。その上で必要な人材とは、「DXの加速化」を担う人材、および今後のデジタル社会を担うデジタルネイティブ人材だと考えています。

必要なのは「試行錯誤」が許される場

田辺:では、そういったDXを推進する人材がどこにいるのかというと、「今の世の中にはほとんどいない」と言わざるを得ないでしょう。だからこれから育てなければならない。そのためには実践が不可欠です。座学だけではDX人材は決して育ちません。AIの機械学習には果てしない試行錯誤が必要なことと似ているかもしれません。

だからまずは、各企業がいかに「試行のための場」を社内に設けるかが重要になるでしょう。能力のある人材が、裁量を持って、さまざまなビジネスを実践し、それがきちんと評価に結びつくような環境を整えることが重要です。

DX人材の学びの場を育むために、国としてもさまざまな施策を進めています。まずは「Reスキル講座」。これはデータサイエンティストやAIエンジニアを育てるための実践的な講座の受講料を、国が最大70%まで補助する事業です。独創的なアイデアや技術力を有した人材の発掘・育成をめざした「未踏事業」にも継続的に取り組んできました。同事業からはこれまでに約1,800人のクリエイター・起業家が輩出されています。

ほかにも中学、高校等のIT関連の部活動を後押しする「全国IT部活活性化プロジェクト」や、デジタルスキルを無料で学べるオンライン講座「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」など、さまざまな角度から人材育成に取り組んでいます。
さらに今年度から本格的にスタートしたのが「AI Quest」という取り組みです。これは企業の実例に基づいた課題解決型の実践的な学びの場をつくるための事業です。実際の企業課題と向きあって議論を重ねながら、同時に中小企業の課題解決を実現しようという、一挙両得の取り組みです。

さらに今後AI Questではオープンソースコミュニティを日本にいかに根付かせるか、AI人材が副業として新たなビジネスを創出する機会をいかに確保するか、AI人材の能力をどのように可視化するかといった課題についても探求していきたいと考えています。

齊藤:田辺課長、ありがとうございます。DXやAIといったテーマに対して、国がどのように向かい合っているのか、皆さま俯瞰的に理解することができたのではないかと思います。

最大50万人もの人材ギャップを埋めるために

齊藤:続いては田辺課長のお話を受けて、SIGNATE社としてはどのような活動を展開しているのかを「日本最大AI人材プラットフォームSIGNATEによる社会変革」と題してお話できればと思います。まず私たちはビジョンとして、AIなどのテクノロジーによって新しい時代へと移り変わり、人ができることが増える中で、より良い社会を作っていくお手伝いをしていきたいと思っています。具体的には人間中心の社会の実現を目指した「個のエンパワーメント」に取り組んでいきたいと考えています。
私たちが運営する「SIGNATE」は、約4万2,000人の会員を有する日本最大のAI人材プラットフォームです。このなかで実際にある企業課題の解決に会員の皆さまがチャレンジする「コンペティション」や、実践的な学びをオンライン上で得られる「SIGNATE Quest」、就職のマッチングサービスのほか、今後は副業のマッチングサービスも始めていきます。こういった学びや実践を繰り返す中で、就職や転職、また副業など新たな働き方のチャンスを掴んでいただきたいと思っています。

事業の背景にあるのは、将来的に見込まれる大規模な人材ギャップ(不足)です。ある試算では、2030年にはAIやクラウドを使いこなせる先端IT人材が最大で50万人も不足するとされています。このギャップを埋めることが、私たちのミッションの一つです。そのためにはIT人材と呼ばれる人たちを先端IT人材へとスキルアップさせるだけではなく、非IT人材であるオフィスワーカーのリテラシー向上が欠かせません。
この二つを同時に叶えるのが「SIGNATE Quest」です。まずはエンジニアをはじめとするIT人材には、AIのモデリングなどの最先端技術を、実際に手を動かしながらどんどん学んでもらいます。さらに腕を磨きたい人は「コンペティション」に参加することで、より実践的な課題対応力を身につけることができます。

通常のオフィスワーカーであれば、必ずしもプログラミングを学ぶ必要はありません。「AIって何?」というところから始めていただき、エクセルなどをベースにデータ分析のリテラシーを高められる教材を揃えています。こうした二方面からのアプローチで「先端AI人材の不足」という社会課題の解決に向き合っていきたいと考えています。

「競争+共創」のエコシステムを実現したい

齊藤:次に 「Society5.0」の実現に向けて、我々がどういった考えで事業に取り組んでいるのかを、より幅広い観点からご紹介させていただければと思います。

私たちもDXを支援する側にいて「企業のAI活用が上手くいっていないこと」を日々実感しています。やはり大きな要因は人材不足でしょう。高度なIT人材が事業会社ではなく、IT化を支援するベンダーなどに偏ってしまっているという日本特有の問題もあります。私たちはそれを、次のようなエコシステムを構築することで解決したいと思っています。
まずは企業の業務課題に向き合っていくこと。実際に私たちの「コンペティション」も、企業や行政の抱える具体的な課題をAI課題に落とし込み、そこに賞金を懸けて約4万人の会員さんに解いてもらうという形をとっています。つまり実際のデータを用いながら、オープンイノベーションで企業課題を解決していくわけです。

ここで生まれたノウハウは教材化して「SIGNATE Quest」などで展開し、「SIGNATE」というプラットフォーム全体を活性化していきます。さらに大学をはじめとした教育機関、学ぶ意欲のある個人とのノウハウ共有も視野に入れています。そうやってそれぞれの場所で技術を磨いた人材が次なるコンペティションに参加し、また新たな企業課題を解決する。そんな循環が生まれることを期待しています。

コンペティションへの参加は、自社の中で埋もれていた人材に企業が気づくきっかけにもなるでしょう。すでにコンペティションで挙げた成果をテコとして、データサイエンティストへのキャリアチェンジを果たした方も大勢います。そういった個人のキャリアデザインを支える場所としても機能するはずです。もちろん国や自治体とも積極的にコラボしながら、DXによる地域課題の解決にも取り組んでいきたいと考えています。

リアルな課題をゲームのように解く「ゲーミフィケーション」などの手法を活用しながら「競争」と「共創」をともに叶えるエコシステムを実現していくこと。そんなテーマについても、本日は皆さんとさらに議論を深めていければと思っています。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。