Today's PICK UP

宿泊特化の先払いチケットサービスが送客手数料無し開始、加盟店募集へ

株式会社ガイアックスの出資先である、株式会社咲弥は、購入後に宿泊日を決められる先払いチケットサービス「ひとときパス」を提供開始し、あわせて加盟店の募集をおこなうと発表した。「ひとときパス」は、新型コロナウィルス対策の外出自粛要請や緊急事態宣言により、旅行の機会が減っている人々に対し、宿泊日を後で自由に決められるチケットのオンライン販売サービス。「ひとときパス」は、利用者が減っている旅館・ホテル業界のキャッシュフロー改善を支える。
出典元:プレスリリース

■宿泊チケット販売サービス『ひとときパス』とは

宿泊日を後で自由に決められるチケットが特別価格で購入できるサービス。観光業を展開する多くの企業では新型コロナウイルス感染症拡大による観光客減少に伴い、倒産や休業を余儀なくされる観光施設が後を絶たない。特に旅館・ホテル業界では予約キャンセルが相次ぎ、施設の運営の維持が難しい状況となっている。

・利用の流れ
1. 行きたい宿のチケットを購入
2. チケットの有効期限内に宿泊予約
3. チケットを宿泊当日フロントで提示

・お金の流れ
例:利用者が1万円のチケットを購入した場合、施設事業者には実費のみを除いた9,640円が支払われる。
出典元:プレスリリース
・ひとときパスの特徴
<特徴1>いつでも使えるチケットを特別割引で
有効期限内であれば、原則いつでも利用可能。また、施設事業者にはひとときパス限定の特別割引での提供を依頼しているという。

<特徴2>前売り制によるキャッシュフロー改善
宿泊チケットの前売りで、施設事業者のキャッシュフローの改善に努める。売上金は、翌月末に施設事業者へ振込む。

<特徴3>送客手数料無料
新型コロナウィルス感染症拡大による利用者減少の解決策として考案したサービス。送客手数料をはじめ、初期導入費用や固定費はない。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。