Today's PICK UP

オンライン面接に関する調査結果が発表 緊急事態宣言の発動以降、通常の約3倍の求職者がオンライン面接を希望

株式会社アトラエが運営するIT業界に強い求人メディア「Green(グリーン)」では、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言発動を受け、転職活動におけるオンライン面接の実施率を調査し、結果を発表した。

■背景

2020年4月7日、新型コロナウイルス(covid-19)の全国的かつ急速な蔓延により国民生活(経済)に甚大な影響を及ぼすおそれがあるとの判断により緊急事態宣言が発令された。これにより東京都など7都府県では『密閉』『密集』『密接』の3つの密を防ぐことなどで、感染拡大防止を図るとの対応方針が示され、外出自粛要請がさらに強調されている。

「Green」は自宅にいながら求人閲覧や企業への応募が可能なWeb完結型の転職サービスであり、企業とのマッチング後も外部ツールを活用することでオンライン面接も可能。そんなWeb完結型のサービスならではの強みを活かし、オンラインでの転職活動の実態を調査したとのことだ。

【調査概要】
期間:2020年1月1日(水)~2020年4月10日(金)
対象者数:上記期間中のアクティブユーザー※:77,323人
対象地域:関東地域
方法 :求人への応募する際の回答項目(必須)
※アクティブユーザー:Greenに登録する求職者のうち1ヶ月に1回以上ログインを行なっている求職者の数

■調査結果

1.求職者側の「オンラインでの面接」希望数の変化
東京都の小池知事が、ロックダウンに言及した2020年3月23日以降にオンラインでの面接を希望する比率が徐々に高まり、その後、2020年4月6日の緊急事態宣言の決定、2020年4月7日の緊急事態宣言の発動以降は、通常水準の約3倍の求職者がオンライン面接を希望していることが分かった。この増加傾向は、今後も更に加速するものと考えているという。
出典元:プレスリリース
※緊急事態宣言前である2020年1月の数値を基準(100%)とし、その後の変化を%表記。
上記の主要イベントの日付だけ強調表示している。

2.企業側の対応状況
上記のような求職者側の希望増加に伴い、2020年4月10日時点でオンライン面接の希望を受けた企業の90%以上がオンラインでの面接対応を行なっていることが分かった。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。