Today's PICK UP

LINE、オンライン上でアーティストやアイドルと1対1で直接話すことができるチケット制ライブサービスを提供開始へ

LINE株式会社は、オンライン上で好きなアーティストやアイドルと1対1で直接話すことができるチケット制ライブ『LINE Face2Face powered by LINE LIVE(以下、LINE Face2Face)』を8月より提供すると発表した。
昨今、新型コロナウイルスの流行に伴い、コンサートやライブなどの大型イベントをはじめ、握手会、ファンミーティングなど、アーティストと出会える様々なイベントの中止・延期が決定している。それに伴い、オンライン開催に切り替えるイベントも多く、「LINE LIVE」でも大型ファッションショーやアーティストライブなど、様々なイベントのオンライン化をサポートしている。

しかし、オンライン化の増加に伴い、握手会や撮影会など実際に会うことが必要とされるイベントの実施が難しくなり、「これまで話すことができたのに、会えないので寂しい」、「自分の推しをもっと身近で応援したい」など、コミュニケーションできる機会が減ってしまったと嘆くファンも少なくない。また、外出自粛の中長期によってエンターテイメント業界における収益面での課題なども浮上しており、オンラインで収益化ができる新たなビジネスモデルの構築が早急に求められている。

8月より提供するチケット制ライブ『LINE Face2Face』では、「LINE LIVE」の機能を活用し、握手会やトークイベントのプレミア感をそのままオンライン上で体験することができる、1対1モデルのライブ配信。これまでアーティストやアイドル、人気クリエイターといった有名人がライブ配信をする際、視聴している大勢のファンに対して配信することが多く、ひとりのファンが有名人の時間を独占することは難しかったが、『LINE Face2Face』を活用することで、何気ない会話から、応援する熱い想いまで、直接本人に届けることができる。

また、ライブ配信だからこそ楽しめることも多く、フェイスフィルターを付けた一緒に遊んだり、応援アイテムを送ったりすることも可能で、リアルで開催されてきた握手会や撮影会、トークライブと同様の“距離感”を持ちながら、それ以上の“ワクワク感”を体感することができる。さらに、楽曲ダウンロード・CD購入者や特定のイベント参加者だけが1対1で会話を楽しめるような、プレミアムなキャンペーンやイベントも開催可能だ。

今後は、より多くの人に活用されるよう、オープン化による『LINE Face2Face』の開放を予定しているという。販売機能、本人認証、配信者の背景画像の設定、コミュニケーションスタンプの導入、LIVEコマースとの連動など、より充実したコミュニケーションを体験してもらえるよう、機能拡充を実施するとのことだ。

■チケット制ライブ「LINE Face2Face」について

・オンライン上でアーティスト・アイドルの時間を独占できるチケット制ライブ
リアルで開催される握手会やトークイベントのプレミア感を、そのままオンライン化。有名人の時間を独占して、1対1で会話を楽しむことが可能だ。何気ない会話から、応援する熱い想いまで、直接本人に届けることができる。

・リアルイベントでは味わえない、ライブ配信だからこそのコミュニケーションも可能
配信中に揃いのフェイスフィルターを活用して記念撮影したり、「花束」や「手紙」などのオリジナルの応援アイテムを送ったりすることもできるので、リアルで開催されてきた握手会や撮影会と同様の“距離感”や“ワクワク感”を体感することができる。

・安心・安全なモニタリング機能(配信側)
配信中は、配信側の第三者による画面モニタリングが可能だ。不審な動きがあった場合は、一時的に中断、視聴者のアカウントを停止することができる。これにより、オンライン上でのコミュニケーションも安心して利用することができる。

人気の記事