Today's PICK UP

飲食店のPOSと連携した店員不要のテーブル会計ソリューションが提供開始 QRコードが会計伝票に印刷される

TakeMe株式会社が、同社提供の店舗様向け決済サービス「TakeMe Pay」の新機能として、飲食店のPOSシステムと連動しQRコードを会計伝票に印刷する新しい機能の提供開始を発表した。
全国100店舗以上の飲食店舗を展開する株式会社ファイブグループの店舗で、2020年5月23日より本機能の運用を開始。本件は、株式会社APPLILABのPOSレジ付き店舗管理ソフト「K1くん」と接続し実行した。 今後、TakeMe Payでは本機能を様々なPOSシステムと接続していく方針だという。

■概要

ユーザーが自身のスマートフォンから、QRコードを読み込むと、ブラウザが立ち上がり決済WEBページが表示される。この画面には、会計伝票に記載されている会計金額が反映されており、ユーザーは100種類以上の決済手段から好きなものを選び決済をする。 決済完了すると、POSに情報が反映される。会計の完・未完はPOS上で確認できる。

*本機能のポイント
・会計金額を反映したTakeMe Pay決済ページをユニーク発行→QRコードを生成
・QRコードを会計伝票に印字
・ユニーク発行された決済ページの決済情報をPOSに反映
出典元:プレスリリース
導入メリット
1)テーブル決済業務の簡素化
決済アクションがユーザー側での対応となるため、会計業務のオペレーション時間を削減。それによりユーザーを会計時に待たせない。

2)世界100カ国、約100ブランド以上の決済ブランドに対応
TakeMe Payの特徴である、グローバルマルチ決済に対応。世界100カ国、約100ブランド以上の決済が利用できる。各国の訪日客にもストレスをかけない。

3)テーブル決済の法令(改正割賦販売法)の遵守
2018年の割賦販売法の改正にてクレジットカード情報の取り扱い/保護について言及されており、ユーザーの見えない場所でカード決済を行う行為はこれに違反する恐れがある。本法令を遵守することで、ユーザーは不安を覚えることなくキャシュレス決済を行うことができる。

4)現金やカードの接触が無く衛生的
ユーザーが自身のスマートフォンで決済をするため、会計に際するユーザーと店員の接触がない。非接触オペレーションで店員もユーザーも衛生的で安心だ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。