Today's PICK UP

東芝、オンライン授業向けのリアルタイム音声自動字幕システムを開発 高精度な字幕化で聞き逃しの防止・授業の振り返りを実現

株式会社東芝は、オンライン授業の教師の音声を字幕化し、学生に配信する音声自動字幕システムToScLiveを開発したと発表した。
ToScLiveは簡単な操作で使用することができ、手軽に授業に導入することができる。また、現在オンライン授業で利用されている様々なオンライン会議システムとの併用が可能。ToScLiveにより、聞き逃した部分の確認や授業内容の振り返りが容易となり、オンライン授業の質が高まることが期待できるという。同社は、慶應義塾大学、法政大学の講義でToScLiveの有効性を検証する実証実験を6月中に開始する予定だ。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、学校の授業のオンライン化が急速に進行しており、特に半数近くの大学でオンライン授業が行われている。準備期間が少ないままオンライン授業に移行したため、教育現場では授業の質の維持が課題となっている。授業の質の維持・向上には、聞き逃した音声の再確認や授業内容の振り返りを素早く効率的にできることが重要だ。ビデオでも振り返りは可能だが、早送り・早戻しで聞き逃した部分を探す時間がかかってしまう。教師の音声を認識し、字幕をリアルタイムで表示すれば、聞き逃した部分をその場で確認することが可能だ。また字幕化により授業全体をテキストデータ化することができ、授業後の復習も容易になる。

そこで同社では、オンライン授業向けの音声自動字幕システムToScLiveを開発。本システムにより、教師の発話内容を字幕化し、学生はPCやタブレット・スマートフォンで見ることができる。現在オンライン授業で使われている会議システムとは独立したシステムのため、どの会議システムとも併用することが可能だという。

ToScLiveの特徴は、簡単に利用できる使い勝手の良さにあるという。精度の高い音声認識にはマイクなど音響設備の細かい設定が必要だが、正しい設定には専門知識が不可欠だ。このため、授業開始前に声を吹き込むだけでマイクの動作状況を確認できるガイド機能を用意した。このガイド機能には、マイクの音量と周囲の雑音の大きさを測定し、正しく音声を認識できるようにサポートする機能も備えている。

また、オンライン授業の音声認識は、専門用語をシステムに登録することで精度が向上する。個別に登録するには多くの時間がかかり授業実施までの準備時間が長くなるため、講義資料などのテキストデータから専門用語を自動抽出する機能を開発した。これらの機能により、専門知識のない人でも容易にシステムを使用することができ、高精度な字幕化によりオンライン授業の質の維持・向上に貢献できるとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。