Today's PICK UP

アートストリーミングプラットフォームが提供開始 自宅にいながら世界中の美術館の作品1500点以上を解説付きで鑑賞できる

アマトリウム株式会社は、新型コロナウイルスの影響で美術館に足を運べない状況が続いていることを鑑み、法人向けアートストリーミングサービス「VALL」(読み:ヴォール)を個人ユーザーにも提供すると発表した。
アマトリウム株式会社は、世界中の名画が楽しめるアートストリーミングプラットフォーム「VALL」(ヴォール)個人向けサービスの提供を、開始した。新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増え、自宅での個人利用をしたいという意見に応じ、2020年3月に法人向けサービスとしてローンチした本サービスを、個人にも利用できるようサービスを一新したという。それに伴い、大幅なアプリUIの改善と機能の追加を実装し、まるで美術館に訪れた時のような鑑賞体験を提供できるようになったとのことだ。

■VALLについて

出典元:プレスリリース
「VALL」(ヴォール)は、世界中の美術館に収蔵される名画の鑑賞を通じ、アートについて見識を深めることができるアプリ(iPhone向け)。シカゴ美術館やメトロポリタン美術館といった世界的な美術館が収蔵するパブリックドメイン作品1500点以上を解説付きで楽しむことができる。モネやゴッホから中世の宗教画まで、毎月300点程追加されるライブラリから、自分の「好き」な絵を発見することができる。
出典元:プレスリリース
【解説付きの名作プレイリスト】
アートについて詳しくない人でも、美術史専門家とともに作成された解説付きの作品プレイリストで、幅広い視点から作品と出会うことができる。毎週新しく公開されるプレイリストでは、自宅や職場にいながらも美術館の展示を観に行ったような体験を通じて、新しい学びや発見を得ることができる。
出典元:プレスリリース
【モニターで大画面での閲覧】(VALL Premiumユーザー)
「VALL Device」(別売り)を使えば、自宅のモニターやテレビにVALL Appで閲覧した作品を4K以上の高画質で投影することができる。アプリ上でホワイトバランス調整を行えば、室内の色温度に合わせ、本物の絵に限りなく近い鮮やかな色合いで画匠たちの作品を閲覧することができる。リモートワーク中、家族との時間、雨の日のおうち時間、様々な機会にあわせて自宅に絵画を飾ることで、変化がなく退屈になりがちな空間も日々移り変わる彩りをもった空間に変えることができる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。