Today's PICK UP

誰でもスマホ注文サイトを自作できるオンラインツールが提供開始 テイクアウト、デリバリー、店内飲食で活用へ

CM.com Japan株式会社(以下CM.com)は、IT知識がなくても簡単にスマホ注文サイトを作成できる決済サービス付きのオンラインツール「CMモバイルオーダー」の提供を開始したと発表した。テイクアウトやデリバリーの注文だけではなく、店内飲食の注文にも活用できる。
CM.com Japan株式会社の「CMモバイルオーダー」は、自社で簡単にスマホ注文サイトを作成できるオンラインツール。決済機能や注文管理機能も付いているので、「CMモバイルオーダー」だけで注文受付、決済、管理まで対応できる。

人との接触を減らしたオペレーションを求められている今、デリバリーやテイクアウト以外でも注文サイト制作やシステム導入を進める飲食店が増えている。「CMモバイルオーダー」では、管理画面に商品情報を登録するだけで注文サイトを作成できるため、導入から運用までの工程がスムーズな点が特徴だ。注文サイトはスマホやタブレット、パソコンで動作し、エンドユーザーは好きなデバイスから注文できる。また、要望に応じてUIのカスタマイズ、注文後の通知のSMS配信を追加できる。

■CMモバイルオーダーの特徴

<利用用途>
・デリバリーやテイクアウトの注文
・レストランやカフェの卓上注文
・イベントの飲食店ブースの注文
・スポーツスタジアムでの注文
・学食や食券制の飲食店の注文

<注文フロー>
出典元:プレスリリース
1.ウェブサイトのリンクやQRコードからモバイル端末で注文サイトへアクセス。
2.購入したい商品を選択し、数量を決めてカートに入れる。
3.注文内容を確認し、イートイン、テイクアウト、デリバリーを選択。その他要望等を記載。
4.店側が設定した決済方法(クレジットカードや電子マネー)で決済を済ませる。
5.管理画面に注文(購入)内容が反映され、店舗は商品を用意し提供する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。