Today's PICK UP

行列に並ばず順番待ちができる「web整理券サービス」、東京駅八重洲口「グランルーフ」で実証実験を開始

株式会社バカンとJR東日本グループの株式会社鉄道会館は、2020年6月23日より東京駅八重洲口商業施設「グランルーフ」で、行列に並ばず順番待ちができるweb整理券サービス「VACAN Noline(バカン ノーライン)」(以下、Noline)の実証実験を開始すると発表した。利用者はwebまたは店頭で整理券をとって順番待ちをしている間、店頭で並ばずに施設内での時間を楽しむことができ、順番が近づくとスマホに知らせる。多言語表示するため、インバウンド対応も可能。本取り組みは、2020年7月頃までの実証実験として実施し、一般の人でも利用できる。
本取り組みでは、グランルーフのB1F飲食店において、店頭に行かなくてもwebからデジタル整理券を取得し、店舗の順番待ちができるようになる。店頭のタブレットから整理券を発券し順番待ちをすることもできる。メールアドレス等を登録することで、順番が近づいたらスマホへ知らせる。順番待ちをしている間、館内を自由に過ごせるため、店頭で並ぶことへのストレスの解消、新たな消費につながる可能性が生まれるという。また順番待ちをしている状況は、グランルーフ入口2箇所に設置する電子看板(デジタルサイネージ)にも表示。電子看板に表示することで、利用者は施設入口で、施設内にある飲食店や店舗の空き状況を確認することができ、利用店舗の選択が可能となる。
出典元:プレスリリース
バカンは、IoTとAIの力で、飲食店や商業施設などあらゆる場所の空き情報を活用したサービスを提供しているが、かねてより、順番待ちをしている間も買い物を楽しみたい、店舗に向かう前・途中に事前に順番待ちをしたいという要望があったとのことだ。行列ができる人気の飲食店ほど、行列の整理のためにスタッフが手を取られてしまい、昨今人の密集が好ましくないケースも増えてきている。今回の取り組みでは、利用者は店頭のタブレットまたはwebで整理券を取得し順番待ちをすることができ、また飲食店もNolineで行列管理をすることができるようになる。利用者の利便性向上と、飲食店の行列管理の工数削減を図る。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。