Today's PICK UP

「妊活サービスカオスマップ2020」が公開 多様なライフスタイルを背景に妊活系サービスが増加

natural tech(ナチュラルテック)株式会社は「妊活サービスカオスマップ2020」を公開した。

■妊活サービスカオスマップ2020

出典元:プレスリリース
人々の妊活・出産・子育てなどのライフイベントに対する意識の変化や、新型コロナウィルスの影響による生活様式の変化を背景に、多様なライフスタイルに対応した様々な妊活系サービスが登場している。妊活系サービス市場の状況について、特に以下の変化が見て取れるという。

・妊活サービスの増加
妊活市場は、近年の女性の社会進出による晩婚化や高齢出産の増加により、急速に拡大している。それに伴い、妊娠を望む男女のための妊活サービスが増加しており、サービス数だけでなく、男女問わず多種多様なニーズに対応するサービスが登場している。

・男性向けサービスの増加
WHO(世界保健機構)によると、不妊の約半分が男性にも原因があるとされ、男性の不妊検査や治療への第一歩として、自宅で手軽にセルフチェックできる精子検査キットが増えている。また、カップルで生理日や排卵日を共有できるアプリもリリースされており、男性が、女性の体について知る機会も増えている。

・カウンセリングサービスの増加
スマホやタブレットの普及や、コロナウイルスの感染対策により、オンライン診療が浸透してきている。同様に、妊活に関するオンライン診療やカウンセリングを導入する病院やクリニックも増加しており、患者と病院のマッチングを行うサービスが拡充し始めている。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。