Today's PICK UP

「ドローン操縦士技能検定」がスタート スキルの可視化でドローンのビジネス活用を促進へ

スカイエステート株式会社は、国内ドローンパイロットの操縦スキル向上、各ジャンルでの人材育成や人材の有効活用を実現するために「ドローン操縦士技能検定(初級・上級)」を2020年7月1日よりスタートしたと発表した。
同社では運営するドローンスクールにおいて、「卒業生の進路につながる技術指導」をコンセプトに、これまで大手電力会社、鉄道会社、建設会社、リニューアル工事会社等の法人社員や、起業を目指す個人を支援してきた。ドローン操縦のホビー需要から、起業時のビジネスコンサルティング等、プロフェッショナルな人材育成まで幅広く対応したカリキュラムを展開する中で、ドローン操縦士のスキル可視化は優先度の高い課題と認識していたという。本検定では、操縦スキルを可視化することにより、パイロットの安全飛行をサポートするとともに発注者がパイロットに仕事の依頼ができる技術指標となる検定を目指すとのことだ。

■ドローンパイロットの現状と課題

ドローン操縦士に関する課題は山積みと言われている。実際に、同社で展開する建物外壁調査において、ドローン操縦中にGPS装置がロストするアクシデントなど、ビジネスの現場では気象や風速を捉えながら操縦するスキルが求められおり、スキル可視化はドローンのビジネス活用において必須の課題と感じているという。

■ドローン操縦士技能検定(Drone Pilot Skill Evaluation Test)について

ドローン操縦士技能検定は、株式会社トプコン社製のトータルステーション(以下、TS)を活用し、飛行軌跡を分析評価し操縦スキルを検定する。本検定試験は、同社が展開するスクールのオープンコース、アドバンスコース、インストラクターコースのカリキュラムに組み込まれている。また、既に操縦士免許を保有する人は誰でも全国から受験(有料)できる体制を整えている。年4回まで受験でき、測定結果は受験生にデータで発行される。
出典元:プレスリリース
1.飛行したドローンの軌跡をTSで追尾し、飛行軌跡を測定
2.飛行軌跡の測定結果を特定のアルゴリズムで計算し、操縦スキルを5段階で判定(飛行ルートの正確性、鉛直方向、水平方向、速度、ふらつきの5段階評価)
3.評価の低い項目は同社スクールのインストラクターより指導を受けることが可能
※将来的には、同社が運営するドローンパイロットマッチングアプリ(「SORAeMON」商標登録済)と連動し、パイロットのスキル評価の一部として表示させる予定だ。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。