Today's PICK UP

東京メトロ、車いす等の利用客向けWebサービスを開始 駅構内のバリアフリー通路などを案内し、円滑な移動を目指す

東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)は、2020年7月8日(水)から、車いす等を利用の人をはじめ身体の不自由な人や高齢者の駅構内における円滑な移動を目的として、駅構内のバリアフリー移動経路、ホームと車両床面の段差・隙間及び車いす対応トイレ等に関する情報を分かりやすく届けるWebサービス「スムーズメトロ」の提供を開始すると発表した。
東京メトロでは、これまでエレベーター等の設置を進めるとともに、ホームと車両床面の段差・隙間の縮小等のバリアフリー設備整備を進めている。また、駅構内のバリアフリー移動経路やホームベンチの有無等について駅単位で検索できるWebサービス「ベビーメトロ」を提供するほか、2019年8月に国土交通省より車いす等の利用者が乗降しやすいホームと車両の段差と隙間の目安値(以下「目安値」)が示されたことを踏まえ、目安値を満たす乗降口についてホームページ上で公表するなどバリアフリー情報の提供強化に努めている。

今回「ベビーメトロ」の姉妹版として新たにサービスを開始する「スムーズメトロ」は、駅構内のバリアフリー移動経路に加え、目安値を満たす乗降口や車いす対応トイレに関する情報等をまとめており、駅構内における円滑な移動のための情報を分かりやすく確認できる。
出典元:プレスリリース

■Webサービス「スムーズメトロ」概要

1. Webサービス名称
スムーズメトロ
2. サービス利用対象者
本サービスは、車いす等を利用の人のみならず、身体の不自由な人や高齢者をはじめ、すべての人が利用できる。

3. サービス開始日
2020年7月8日(水)

4. 機能詳細
本サービスでは、以下情報を駅単位で検索できる。

(1)駅情報
①バリアフリー移動経路
本サービスでは、車いす等を利用の人が移動できるルートのことを「バリアフリー移動経路」と表現し、検索した駅の「バリアフリー移動経路」の状況を「◎」、「〇」、「△」、「×」で表示する。「地上・ホーム間」及び「のりかえ」が対象。

〈凡例〉
「◎」=エレベーターのみ(スロープを含む)で移動できることを意味する。
「〇」=駅係員の対応で移動できることを意味する。
「△」=同一駅において、路線やホームによって状況が異なることを意味しする。
「△」の場合や注意事項がある場合は、「ホーム別情報」というボタンが表示され、タップすると詳細情報を確認できる。
「×」=移動できないことを意味する。

〈例〉大手町駅
〇 丸ノ内線(荻窪方面行き)⇔東西線
◎ 丸ノ内線(池袋方面行き)⇔千代田線
出典元:プレスリリース
②ホームと車両床面の段差・隙間
対象箇所におけるホームと車両床面の段差・隙間が目安値を満たしているかについて「◎」、「△」、「×」 で表示する。
〈凡例〉
「◎」=すべての対象箇所において目安値を満たしていることを意味する。
「△」=対象箇所において、目安値を満たしている箇所があることを意味する。
「×」=対象箇所において目安値を満たしていないことを意味する。

③車いす対応トイレへのバリアフリー移動経路
車いす対応トイレまでの車いす等を利用の人のバリアフリー移動経路を「◎」、「〇」、「△」、「×」で表示する。
〈凡例〉
「◎」=車いす対応トイレまでエレベーターのみ(スロープを含む)で移動できることを意味する。
「〇」=駅係員の対応で車いす対応トイレまで移動できることを意味する。
「△」=ホームによりルートが異なることを意味する。詳しいルートは駅構内図で確認できる。
「×」=車いす対応トイレへ移動できないことを意味する。詳細は「地図・構内図」で確認できる。

(2)乗車位置案内表示
①乗車位置案内
エレベーターの利用や乗換に最適な乗車位置が分かる「乗車位置案内」を、駅ごとに表示する。
出典元:プレスリリース
②ホームと車両床面の段差・隙間について
車いすスペースがある車両について、ホームと車両床面の段差・隙間が目安値を満たしている箇所を矢印で表示する。

(3)地図・構内図表示
①周辺地図
ドロップピンでエレベーターの位置を示した周辺地図を表示する。ドロップピンをタップするとエレベーター最寄りの出口番号を表示。また、バリアフリー移動経路が整備されていない駅は、駅係員の対応で移動できるルートを表示する。

②駅構内図
駅全体の構造が分かる構内図にバリアフリー移動経路、駅係員の対応で移動できるルート及び車いす対応トイレ
を表示する。
出典元:プレスリリース
5. 利用方法
出典元:プレスリリース
6. 利用料金
無料

7. 対応OS
•iOS 12,13以上
•Android 7,8,9,10以上

人気の記事

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

株式会社JX通信社は、同社が運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で、全国と都道府県ごとのK値(週あたりの感染者増加率)を表示する機能の提供を開始した。「K値」は、警戒される第二波の兆候をいち早く掴むために有効な指標として行政の状況把握にも活用されている。