Today's PICK UP

予約からチェックアウトまでオンライン完結できる非接触対応型・ホテル旅館向けアプリがリリース

株式会社タップは、生産性向上を目的とした次世代のホテル旅館オペレーションを推奨する観点から多言語対応した「スマートPMS」の開発を進めている。今回、第一弾リリースとして、非接触対応型・ホテル旅館向けアプリ(Web 及び、モバイル)サービスを発表した。
宿泊施設の利用者が予約からチェックアウトまで自身のモバイルで実現可能な非接触対応のソリューションを提供する。
第一弾として以下の機能をリリースする。
 1. モバイルチェックイン及び、QRコードによるカードキー発行
 2. モバイルチェックアウト精算及び電子レシート発行
 3. 客室ペーパーレス化の実現(宿泊約款などモバイルでの参照)
 4. カフェ・レストラン利用時のモバイルオーダー
 5. モバイル端末による飲食店舗や大浴場など、パブリックスペースの混雑状況把握

本アプリは、衛生管理対策として対面接触サービスの削減、三密回避、コロナ禍における感染症リスクの軽減を実現し、利用者と事業者の双方に安心と安全を届ける。来たる2021年に予定されている東京2020オリンピック・パラリンピック開催時において、諸外国からのホテル利用者に対しても非接触型ホテル旅館サービスを体験してほしいと考えているという。

更に、今後、以下の機能を順次、追加する。
・ホテル客室・電化製品の遠隔コントロール機能
・NFC(近距離無線通信)、生体認証情報などを活用した様々なスマートキー
・AI を用いた多言語対応のチャットボットやマップ機能を活用した観光情報との連携

将来的に企業アライアンスを広め周辺観光施設との相互連携やタクシー配車などの交通インフラとも繋がる「旅の統合アプリ」としてバージョンアップを進める。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。