Today's PICK UP

ファッションレンタルサービス「airCloset」、AIを活用した宅配サービスと連携開始

ソフトバンク株式会社のグループ会社であるMagicalMove株式会社が提供するAI(人工知能)を活用した宅配サービス「Scatch!(スキャッチ)」は、株式会社エアークローゼットが運営する月額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」と連携し、2020年9月16日から「airCloset」の顧客への洋服の宅配に対応を開始すると発表した。
「Scatch!」は、AIを活用した効率的な配送により早朝・夜間に対応する宅配サービスで、2017年から玄関扉の前やガレージなど事前に指定された場所へ荷物を配達する置き配にも対応している。「airCloset」は、プロのスタイリストがコーディネートした洋服を顧客に届ける月額制ファッションレンタルサービス。

「airCloset」は、これまで午前8時から午後9時の時間帯に宅配を行っていたが、「Scatch!」の導入により、新たに早朝・夜間の宅配および置き配に対応する。対象地域の顧客は、早朝・夜間を含む午前6時から午前0時の時間帯で受け取り時間を指定できる他、非対面での受け取りを希望する場合には置き配を依頼することも可能だ。これにより、仕事などで日中自宅を留守にすることが多い単身世帯の人や、在宅でもテレワークや育児で忙しく非対面での受け取りを希望する人が、ライフスタイルに合わせてスムーズに洋服を受け取ることができる。

「Scatch!」では、配送が始まると「Scatch!」のスマートフォン(スマホ)アプリで、AIが予測した到着までの残り時間や、配送車両の位置情報を確認できるため、顧客はより確実に洋服を受け取ることが可能だ。また、「Scatch!」の置き配は、「Scatch!」のマイページから依頼でき、配達日当日の急な予定変更にも対応する。指定場所への宅配が完了すると、顧客はドライバーが撮影した配達場所の写真をマイページで確認できるため、安心して置き配を利用できる。

<「Scatch!」のマイページの画面イメージ>
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。