Today's PICK UP

損保協会・NEC、ブロックチェーン技術を活用したペーパーレス化の共同検証を実施へ

一般社団法人日本損害保険協会(以下、損保協会)と日本電気株式会社(以下、NEC)は、共同保険の事務効率化に向け、ブロックチェーン技術を活用した契約情報交換に関する共同検証を実施し、その有効性の評価や課題の洗い出しを行うと発表した。
技術革新のスピードが加速する現代において、損害保険業界においても新しいテクノロジーを積極的に導入し、業務効率化を進めていくことが重要となっているという。また、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、書面・押印・対面での手続きの見直しをはじめとするNew Normal(新しい生活様式)への対応が求められている。そこで、損保協会はNECと協力して、ブロックチェーン技術の活用による共同保険の事務効率化の効果を測るべく、共同検証を実施する。共同保険は、1つの保険契約を複数の保険会社で引き受けるもので、現在は年間数十万件に及ぶ契約情報を引受保険会社間で書面により交換し、各保険会社で契約計上業務を行っている。

本検証には損保協会の会員会社8社が参加し、ブロックチェーン技術を活用することにより、書面を使わずに契約情報の交換を行い、その迅速性、正確性、効率性を共同で検証する予定だという。これにより、年間数十万件に及んでいる契約情報の交換をペーパーレス化するとともに、データでの情報交換となることで各保険会社での契約計上業務も大幅に効率化されることが期待されるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。