Today's PICK UP

ヤプリ 、「Yappli Connect」構想を発表

アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を提供する株式会社ヤプリは、2020年9月30日(水)から三日間、オンラインイベント「Yappli Summit 2020」を開催し、最終日となる10月2日(金)に、「Yappli Connect」構想を発表した。

■アプリプラットフォームを中核として広がる多彩な外部連携

アプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォーム「Yappli」は、これまで様々な外部サービスとの連携を実現してきた。アプリとWebで統合的なマーケティングを推進するための、MA等との連携。また、「Tポイント」をはじめとする利用ユーザーの多いポイントソリューションをアプリ内で活用するための、ポイント会員基盤との連携。そして、コマース機能強化のための、既存のECサイトやその関連ソリューションとの連携。そして今回、アプリプラットフォームとしてのさらなる進化のために、Yappliを中核とした、様々なサービスとの連携を「Yappli Connect」として整理し、より一層のサービス拡充を目指すと発表した。

Yappli Connectに含まれる連携の一覧は以下の通り。

Yappli Marketing Connect
Saleforce Marketing Cloud 連携
KARTE for App 連携
b→dash 連携
Repro 連携

Yappli Point Connect
自社ポイントシステム連携
Tポイント連携

Yappli Commerce Connect
ECコネクト
スタッフスタート 連携

Yappli Login Connect
会員ログイン連携
OAuth認証
SAML認証

Yappli Geo Connect
Tangerine nearMe 連携

Yappli Data Connect
Google Analytics 連携
AppsFlyer 連携

Yappli Media Connect
J-Stream Equipmedia 連携

Yappli Bank Connect
残高照会連携

代表 庵原氏のコメント
「アプリプラットフォームとして、ユーザーの方の利便性を向上するためには、他のサービスとつながるエコシステムを形成することが重要になると考えています。そのため、これまでも様々なAPIやSDKとの連携を進めてきました。今回、既存パートナーとの連携強化はもちろん、新規パートナーとの新たな連携も模索したいと考え、各種の連携を「Yappli Connect」として打ち出すことにいたしました。同時に、私たち自身は、Yappliというプラットフォームのコアとなる部分への機能開発投資をより進めていきます」

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。