Today's PICK UP

NEC、静岡県藤枝市にコミュニケーション・ロボットを活用した見守りサービスを提供

NECは、静岡県藤枝市へコミュニケーション・ロボット「PaPeRo i(パペロアイ)」を活用した高齢者の見守りと楽しい生活をサポートするサービス「みまもり パペロ」を提供すると発表した。藤枝市は2020年10月1日から希望する市民へサービスを提供し、2020年度末までに30台の設置を予定しているという。
藤枝市は2020年7月1日から3か月間、14名の高齢者を対象に「みまもり パペロ」の実証実験を行った。利用した高齢者からは、家族と自然に写真やメッセージのやり取りができるなどの具体的なメリットのほか、家の雰囲気が明るくなった、家族の安心につながった、などの声が寄せられ、「みまもり パペロ」に対する好意的な評価が得られたという。藤枝市では高齢者の見守りや、高齢者の孤独感や不安の解消に有効と判断し、今回、本サービスの開始に到ったとのことだ。

「みまもり パペロ」は、顔検知機能や音声認識AI技術、さらにクラウドサービスを融合している。高齢者を見守るだけでなく、ロボットとの会話や、家族とのメッセージ・写真などのやりとりを通じて一人暮らしの高齢者の孤独感を癒し、楽しい生活をサポートする。

今回藤枝市が提供するサービスには以下のような特長がある。

・藤枝市が警備会社と契約し、「みまもり パペロ」を連絡窓口として利用することで、自治体と警備会社、家族の連携による見守りを実現する。
・高齢者へ災害情報を確実に伝達するため、藤枝市が発信する災害情報メールを「PaPeRo i」が読み上げ、ディスプレイにも表示する。
・藤枝市がサービス費用の一部を負担することで、利用者の負担を軽減する。

NECでは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により「みまもり パペロ」を活用した非対面での見守りの需要が高いと考え、希望する自治体へは、導入検討用に「PaPeRo i」の無料貸出しを行い、さらなるサービス普及を図るという。

人気の記事