Today's PICK UP

東京メトロ、デジタルチケット「東京デジタルパス」の技術検証を実施へ

東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)は今後推進する「my! 東京MaaS」の取組みの一環として、東京都交通局と、2020年10月27日(火)から10月30日(金)まで、新たなデジタルチケット「東京デジタルパス」の技術検証を実施すると発表した。
「東京デジタルパス」は、東京メトロ線と都営地下鉄線が利用できる磁気乗車券の「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」または「Tokyo Subway Ticket」の有効期限を専用のスマートフォンアプリにより読み取り、デジタルチケットを表示することにより、東京さくらトラム(都電荒川線)を利用できるもの。

今回、この「東京デジタルパス」を用いて、磁気乗車券とデジタルチケットを連動させることの操作性や使い勝手、乗務員の視認性等を検証する。

東京メトロ及び東京都交通局は、この技術検証を通じて、新たなマルチモーダルサービスの実現を目指すという。
出典元:プレスリリース

■「東京デジタルパス」技術検証 概要

1目的
新たに開発したアプリ「東京デジタルパス」を用いて、磁気乗車券とデジタルチケットを連動させることの操作性や使い勝手、乗務員へのデジタルチケットの視認性等を検証する。

2実施期間
2020年10月27日(火)~10月30日(金)の4日間

3実施場所
東京さくらトラム(都電荒川線)の一部区間

4参加するモニター
1都3県在住の20~69歳の男女個人 60名

5実験方法
アプリ「東京デジタルパス」を使って、「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」や「Tokyo Subway Ticket」の乗車券情報(裏面の有効期限)を読み取り、デジタルチケットを表示させる。そしてデジタルチケットを乗務員へ提示し、乗車する。

6検証内容
モニターへ、磁気乗車券とデジタルチケットを連動させることの操作性や使い勝手について確認するほか、乗務員にデジタルチケットの視認性等の聞き取り調査を行う。

人気の記事