Today's PICK UP

Sansan、オンライン会議向け「QRコード付きバーチャル背景」を提供開始

Sansan株式会社は、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、オンライン会議で名刺交換をスムーズに行うことができるQRコード付きバーチャル背景の提供を開始したと発表した。
Sansan上で、自分の名刺情報へアクセスできるQRコードを組み込んだ、オンライン会議用のバーチャル背景を自動作成する機能を追加した。これによりユーザー企業は、新しい働き方として広がりを見せているリモートワークや在宅勤務時における、オンライン名刺活用のビジネスシーンが拡大する。

■「QRコード付きバーチャル背景」の提供背景

新型コロナウイルスの感染拡大防止措置として、企業はリモートワーク導入をはじめとした働き方改革や、イベントやセミナーのオンライン開催への移行を迫られている。このような中、Sansanは、オンライン上でもこれまでと変わらず名刺交換ができる「オンライン名刺」機能を6月に発表し、すでに3000社を超える企業が利用を開始している。Sansanのオンライン名刺機能の利用により、オフラインでの名刺交換と同様に、オンライン商談やミーティングの場においても、相手の氏名・肩書きなどを正確な顧客データとして取得・蓄積が可能になる。

一方で、同社が提供する名刺アプリ「Eight」では、オンライン名刺交換ができる「QRコード付きバーチャル背景」を自動作成する機能を、Sansanに先立ち提供を開始。提供開始後約3週間で、1万人を超えるユーザーがダウンロードを行うなど大きな反響があったという。これらの反響を踏まえ、Sansanにおいても、より多くのオンライン名刺活用のビジネスシーンを提供するために、機能提供開始に至ったとのことだ。

オンライン名刺の送付方法が、デジタルシフトするビジネスシーンに、より柔軟に対応可能になったことで、デジタルシフトによって生じた、名刺交換の減少による顧客データの情報源の縮小と企業業績への悪影響という新たな課題「顧客データ危機」を解決し、企業の営業⼒や受注率の向上に貢献するという。

■「QRコード付きバーチャル背景」を設定するメリット

・企業ブランドイメージの統一
オンライン上でも、特に商談の場面では対面と同様に印象が重要になり、印象を決める要素に背景の演出もある。QRコードには、会社が指定した会社ロゴの表示も可能であるため、社員が統一した背景を設定することで、リモートワークや在宅勤務といった業務環境に左右されることなく、対顧客に対するブランドイメージに、一貫性を持たせるよう整えることが可能だ。

・コミュニケーションの円滑化
オンライン商談では、「アイスブレイクしづらい時がある」など、コミュニケーションに課題を抱えるビジネスパーソンが増えている。常時背景にQRコードを表示させることで、名刺交換をきっかけとした話題提供がしやすくなり、ビジネスの始まりの円滑なコミュニケーションを後押しする。

・オンライン名刺の受け手からの返送の促進
バーチャル背景は、ずっとオンライン画面で相手に表示されているため、最初だけでなく、途中参加者や後のタイミングなど、受け手側の都合に合わせて、名刺情報の登録と返送が可能だ。生活に密着したQRコードを用いることで、受け手側も低いハードルで操作が可能となり、これまで以上にオンライン名刺交換が成立するようになる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。