Today's PICK UP

【インフォグラフィック】決済に関する調査で、シニア世代の67%がキャッシュレス派に!

三井住友カード株式会社の運営する自社メディア「Have a good Cashless.いいキャッシュレスが、いい毎日をつくる。」は、60代~70代までの男女500名にインターネットを利用したアンケート調査を行い、シニア世代のキャッシュレスに関するインフォグラフィックを制作・公開した。

■調査結果

1. シニアが最もよく利用する決済方法は、クレジットカードが49%でTOP
出典元:プレスリリース
今回は60~70代のシニア世代に決済方法についてのアンケートを実施。まず「ふだんの買物で一番多く利用する決済方法は?」という質問をすると、シニア世代が最も多く利用している決済方法は、意外にも現金ではなくクレジットカードで49%の人が「一番多く利用する」と答えている。現金以外のキャッシュレス決済と現金決済の割合で比べてみると現金派が32.6%、キャッシュレス派が67.4%で、キャッシュレス派の方が多いこともわかった。
出典元:プレスリリース
2. 交通系以外の電子マネーは半数以上のシニアが使いこなしている
出典元:プレスリリース
ふだんの買物で利用する決済方法を複数回答可で聞いてみると、クレジットカード以外では「交通系以外の電子マネー」を利用する人が約5割と多く、2人に1人以上の人が使っていると回答。また、電車やバスを利用する際に便利な「交通系電子マネー」を利用する人も4割ほどいて、「バーコード・QRコード決済」も34%、つまり3人に1人のシニアが利用していることが判明した。

一方Apple Pay、Google Payなどの「スマホ決済」は10%にとどまり、10人に1人が使っているという状態で、他のキャッシュレス決済に比べて少なめ。しかし全般的にシニア世代でもキャッシュレス決済を利用している人は多く、その裾野が広がっていることがわかった。この先は、現金以外のキャッシュレス決済を最も多く利用すると回答した人を「キャッシュレス派」として、現金派とキャッシュレス派のさまざまな違いを見ていく。

3. キャッシュレス派はオンラインショッピングの利用頻度が高い。
出典元:プレスリリース
まずはシニア世代がオンラインショッピングをどのくらい利用しているか調べてみると、現金派もキャッシュレス派も「月に2~3回程度」利用するという回答が最多に。一方「週に1回以上」利用すると答えた利用頻度が高めの人の中では、キャッシュレス派は18.1%だったのに対し、現金派は10.4%だった。つまりキャッシュレス派は、利便性に長けたオンラインショッピングを積極的に活用する傾向があるといえそうだ。
調査概要
調査タイトル:令和シニアのキャッシュレス事情についてのアンケート
調査方法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年9月28日
調査対象:60代~70代の一般男女(三井住友カード保有有無問わず)
有効回答:500サンプル
インフォグラフィックの公開ページはこちら

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。