Today's PICK UP

ISID、JINSの新サービス「CLICK&GO」対応LINEミニアプリを構築

株式会社電通国際情報サービス(以下、ISID)は、株式会社ジンズ(以下、JINS)が10月より開始した新サービス「CLICK&GO」において提供開始されたLINEミニアプリを構築したと発表した。
LINEミニアプリは、ライフスタイルにおける様々なニーズに応えるサービスを、LINE上で提供するウェブアプリケーション。LINEアプリ内で利用できるため、端末への追加ダウンロードが不要で、会員登録や支払い手段登録が少ないタップ数で実現できる。このことで、ユーザーの利用ハードルを下げることができ、快適なサービス体験の提供を可能とするものだ。また、企業側もユーザーのLINEアカウントに紐づいた利用データを取得し、サービス改善やマーケティング施策に活用できるメリットがある。

今回ISIDが構築したLINEミニアプリは、JINSが10月より開始した、商品選びから決済までを事前に完了し、待ち時間なく店舗でメガネを受け取ることができる「CLICK&GO」のサービスをLINE上で提供できるウェブアプリケーションだ。ISIDは、これまでJINS LINE公式アカウントやセンシング・アイウエア「JINSMEME(ジンズ・ミーム)」、スマートフォンで購入できるコンタクトレンズの自動販売機「TOUCH & COLLECT(タッチ アンド コレクト)」など独自のデジタルサービスの開発支援に加え、これらのマーケティング施策実行を支援する認証基盤やCRMなどデジタルサービス基盤の構築・運用も手掛けている。今回のLINEミニアプリ構築においても、企画段階からJINSとの綿密な連携のもと、顧客体験(UX)設計からシステム構築までの全プロセスを支援。また、ネイティブアプリに近い操作性を実現するため、構築技術としてPWA(Progressive Web Apps)を採用している。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。