Today's PICK UP

マイナンバーカードと健康保険証をオンラインでセキュアに結びつける個人認証システムが提供開始

株式会社ネクイノは、医療業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し医療機関を利用する人のより安全な診察を実現させるため、マイナンバーカードと健康保険証をオンライン上でセキュアに結びつけることができる新システム、「メディコネクト」の提供を開始したと発表した。
医療機関は、「メディコネクト」を活用することで、医療機関を利用する人の検査履歴や服薬状況が把握できるため検査や服薬の重複を防ぐことができるようになるとともに、薬局では薬剤師が診療情報を見ながら服薬指導を実施できる。

「メディコネクト」を活用したサービス第一弾として、ネクイノが提供するオンライン診察のピル処方アプリ「smaluna」(以下、スマルナ)で、一部連携を開始した。累計39万ダウンロードを超えるスマルナアプリを利用するユーザーは、自分の健康状態に合わせて医療情報にいつでもどこでも安全にアクセスすることが可能となる。

日本政府は、医療のデジタル化を推進するために、2021年3月からマイナンバーカードを健康保険証としても使える取り組みの実現を目指している。しかしながら、医療機関やオンライン診察の現場などでは、システム導入にかかる費用や、患者への説明など負担も大きく、まだマイナンバーカードと健康保険証との連携が進んでいないという。「メディコネクト」により、内閣府にてシステム構築が進められている、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるシステムを補完するとのことだ。

「メディコネクト」は、オンライン上で、簡単かつ安全にマイナンバーカードの情報と健康保険証の情報を連携させることができるシステム。セキュリティをどう担保するか、情報をどう取得するかなど、医療機関や事業者にとってなにかと取り扱いの難しいマイナンバーについて、「メディコネクト」を利用することでセキュアなシステムで安全に管理できるようになるため、導入にかかる費用や負担を軽減することができる。さらに、診察や窓口での本人確認もよりスムーズに実施できる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。