Today's PICK UP

NTTドコモと群馬県富岡市、「ICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定」を締結

群馬県富岡市と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、まちづくりの連携協定を、2020年12月21日(月)に締結したと発表した。ドコモの持つICTや5Gの技術などを活用して、キャッシュレス決済の普及や災害復旧活動、行政手続きのデジタル化、富岡市役所職員の働き方改革などに取り組むという。
キャッシュレス決済普及の取り組みとして、2020年12月から富岡市役所1階に、スマートフォンの相談窓口(臨時)を設置し、スマートフォンやキャッシュレス決済などのデジタル分野に関する総合的なサポートを行う。加えて、富岡市内の事業者に向けて、キャッシュレス決済の環境整備を推進する。

また、群馬県内の自治体としては初めて、富岡市とドコモが災害復旧に関する連携協定を結び、地域の安心・安全に努めるという。地域の防災訓練への参加や、通信設備が被災した場合における災害対策機器の設置など相互に連携・協力し、早期の通信サービス復旧に取り組むとのことだ。

今後は、行政手続きのデジタル化や富岡市役所職員向けの働き方改革についても取り組む予定だ。AIや事務作業を自動化する「RPA」などを活用した行政事務手続きの効率化や、リモートワークの促進などについて検討する。加えて、5Gを活用した自動運転やMaaSへの取り組み、まちのICT化についても検討を行う。本連携協定を通じて、今後も富岡市とドコモは、富岡市の魅力向上とさらなる地域活性化をめざすという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。