Today's PICK UP

ノバセルとメディカルノート、テレビCMとデジタルマーケティングを活用した医療機関向けサービスを提供開始

ラクスル株式会社が運営する広告のプラットフォーム事業「ノバセル」は、医療情報メディア「Medical Note」を運営する株式会社メディカルノートと協業し、特に地方の医療機関に向けて「テレビCM」と「デジタルマーケティング」の活用を支援する医療機関向け「 初めてのテレビCMプラン」を提供すると発表した。
医療機関向け「初めてのテレビCMプラン」は医療機関に特化して、テレビCMやデジタル広告等を活用したマーケティングを総合的に支援するサービス。医療機関にとって有効なマーケティング施策になるよう、メディカルノートとノバセルが全体構成や訴求ポイントなどの企画を提案。また、メディカルノートのデジタルマーケティングサービスを併用することで、より多くの患者に情報を届けることが可能だ。さらに、安全面に配慮し非対面でCM制作が完結できる点も本プランの特徴の一つだ。

■サービス提供の背景

新型コロナウィルス感染症の感染拡大の影響によって、感染者数の増加が著しい地域では、医師や看護師、病床の不足など医療機関の逼迫した状況が昨年から続いている。しかしその一方で、感染を恐れて通院を控える患者が増加したことで経営状況が悪化し、医療提供の場を維持することが困難な状況に陥っている医療機関も少なくないという。患者との接点をオンライン上でどのように作っていけばよいのかが大きな課題となっている。このような状況に対し、コロナ禍においても医療を必要とする人が安心して通院できるようにするために、「人々が医療において迷わない」環境作りを進めてきたメディカルノートと、「マーケティングの民主化」をビジョンに掲げ地方の中小企業をテレビCMの力で活性化してきたノバセルが協業することに至ったとのことだ。特にデジタル広告やテレビCMなどのマーケティング活動に対してハードルを感じている地方の医療機関に対し、初めてのテレビCMにも安心して挑戦できるようなプランを提供していく。両社の強みを活かし、コロナ禍においてもマーケティング支援や持続可能な医療提供体制の構築を支援するという。

■サービス詳細と利用の流れ

提供内容
・CMの企画、放映プランの作成、LPの制作プランを無料で提供
・CMの制作/放映
・LPの公開
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。